2019年11月21日

サウナで汗をかきましょう!

※当ブログをご覧いただきありがとうございます。初めてご覧いただく方は、過去記事「ブログの取説」をまずお読みいただくと、スムーズに閲覧いただけます。

林もとひとです。いよいよ寒さも本格的になってきて、体調を崩している方も増えている気がします。寒くなると汗をかくことが少なくなりますが、健康を保つ上で汗をかくことはとても重要です。

理由は過去記事で詳しく書いた「デトックス効果」です。汗でしか排出できない毒素もあるので、なるべく冬でも強制的に汗をかくようにしたいものです。

そこで今回は「サウナ」をおすすめします。もちろん運動で汗をかくのが一番ですが、サウナにも発汗以外に多くのメリットがあるので、是非取り入れてみてください。

サウナの温熱効果によって、血管が広がり心拍数が上がります。血流量は平常時の2倍近くにもなると言われ、肩こりやむくみ、冷え性などが改善されるのです。さらにリラックス効果や免疫力の向上も見込めます。

そしてセットで入ってほしいのが「水風呂」です。低温に交感神経が刺激されて血管が締まり、血圧が上がります。しかし少したつと水に慣れて、副交感神経の働きで爽やかな気持ちよさを感じます。そして、水風呂を出て休憩をするとさらに副交感神経が優位になって、血管が緩み、血流が最大になって体がポカポカと温まります。

私の場合はこれを3セット繰り返しますが、1セットでも十分効果を実感できると思いますので、試してみてください。

ただし注意事項もあります。サウナと聞くと、おじさんがウンウンうめきながら耐える場所というイメージを持っている人がいるかもしれませんが、せいぜい5分から10分でちゃんと効果が得られますので、誰かと張り合ってやせ我慢大会だけはやめましょう。

水風呂も、いきなりドボンと入るのはマナー違反ですし、心臓にも大きな負担がかかり危険です。まずはシャワーなどで汗を流し、手足からゆっくり水風呂に入るようにして、1分ほどで出ましょう。

正しく利用すればチョー気持ちいいサウナ。ゴルフ場や銭湯でみかけたら、是非入ってみてください。
林幹人


motohito884 at 23:30│Comments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 健康法 | 雑学・豆知識

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ