2020年01月30日

衝撃!日本人は口が臭い!?

※当ブログをご覧いただきありがとうございます。初めてご覧いただく方は、過去記事「ブログの取説」をまずお読みいただくと、スムーズに閲覧いただけます。

林もとひとです。今回のタイトルに「えっ?ウソでしょ?」と思った方も多いでしょう。日本人は「清潔できれい好き」というイメージがあるかもしれません。

しかし、多くの外国人が「日本人は口が臭い」と感じているという衝撃的なデータがあります。オーラルプロテクトコンソーシアムによる調査では、在日外国人の72%が「日本人の口臭にがっかりした経験がある」と解答しているのです。

別の調査では外国人の印象だけでなく、日本人同士でも72%のビジネスパーソンが「他人の口臭が気になったことがある」と回答しています(2017年パナソニック株式会社調べ)。同調査では、29%が「他人に自分の口臭を指摘されたことがある」と証言しました。

口臭の原因は歯周病で、日本人の成人約8割が該当すると言われています。ではなぜ日本人は歯周病が多いのか。それはオーラル(口腔)ケアに対する意識が低いためだと考えられています。

ハグやボディタッチが日常的に交わされる欧米諸国に対し、日本はよほど親しい仲にならない限り顔を極端に近づけることがないため、その意識が高まりにくかったというのです。

更に日本のように安価に歯科を受診できる「国民皆保険制度」を持たないアメリカなどは、歯科にかかると高額な請求を受けるので、虫歯予防に対して非常にシビアに考えていることも指摘されています。

「でも1日3回ちゃんと歯磨きしてるよ!」という反論が聞こえてきそうですが、磨き方が間違っている(あるいは不十分)のでは何回磨いてもダメです。

虫歯菌が歯垢と反応して歯を溶かすには24時間ほどかかるため、しっかりとした歯磨きで歯垢を取り除くことができれば1日1回でも問題はないのです。

理想は「ブラッシング前の液体ハミガキ」「デンタルフロス(歯間ブラシ)」「ブラッシング」の3ステップを丁寧に行うことです。

特にデンタルフロスを使っている人は少ないようで、スウェーデンのデンタルフロス使用率が51.6%なのに対し、日本では20.5%という水準(2013年、ライオン株式会社の調査)です。

「歯磨き粉をたっぷりつけてゴシゴシこすって終わり」みたいなケアをしている人は要注意です。すぐに見直して、素敵な息を手に入れましょう。
林幹人


motohito884 at 23:30│Comments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 雑学・豆知識 | 健康法

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ