2020年02月03日

 会話を弾ませるコツ

※当ブログをご覧いただきありがとうございます。初めてご覧いただく方は、過去記事「ブログの取説」をまずお読みいただくと、スムーズに閲覧いただけます。

林もとひとです。どんな仕事も人間関係が大切です。その人間関係を築く上で必要不可欠なものが会話です。会話が円滑に進み、言葉のキャッチボールがテンポよく交わされれば、どんどん良好な関係になることができるでしょう。
会話の基本は質問と返答の繰り返しですから、「良い質問」「良い返答」をすれば必然的に会話は弾みます。例えば「お住まいはどちらですか?」と聞かれたとき、皆さんはどのように返答していますか。

ここで「千葉県です」とだけ答えるのは最悪です。質問者は次に「千葉県のどちらですか?」と聞く必要が出てしまうからです。何も詳しく番地まで答えることはありませんが、せめて「千葉県の成田市です。京成電鉄の公津の杜駅が最寄りです」くらいの返答をすれば、質問者の「知りたかったこと」を満たすでしょう。

さらに加えるなら「今は千葉県の成田市に住んでいます。京成電鉄の公津の杜駅が最寄りです。出身は千葉県の銚子市で、高校まで住んでいました」と「現住所」と「出身地」の2項目を含めることで、質問者の知りたいこと以上の情報を提供できます。

すると質問者は「成田市」「公津の杜駅」「銚子市」「高校」といったキーワードから次の質問を選ぶことができます。つまり質問の幅が広がり、話題が増えることで会話が弾みやすくなるのです。

ここで最初の「千葉県です」とだけで終わらせてしまうと「千葉県のどちらですか?」と聞き、そこでまた「成田市です」とだけ返答すると質問者は「この人はあまり住んでいるところを聞かれたくないのかな?」と勘ぐる可能性があります。

そうなるとこの「住んでいる場所」の話題は終了です。別のテーマで話を進めることになり、そこでも「つれない返答」をしてしまうと、あっという間に話題に詰まってしまいます。

普段何気なく交わされている「会話」ですが、実はそこには「ちょっとしたノウハウ」が存在し、それを実践しているかどうかで成果が大きく変わってくるのです。

とはいえ、難しく考えることはありません。要は「相手が聞いてほしい質問」を投げかけ「相手が知りたいことプラスアルファ」で返答すると、会話はどんどん弾みます。

是非実践してみてください。

また、以下のリンクに関連した過去記事を貼っておきますので、お時間のある方は御覧ください。

過去記事「名刺交換で相手の印象に残る方法
過去記事「アクティブな人の共通点
林幹人


motohito884 at 23:30│Comments(2)このエントリーをはてなブックマークに追加 仕事術 | 意見・思い

この記事へのコメント

1. Posted by やまくら のぶお   2020年02月18日 15:12
4 山倉と申します。とても結構な会話対応策と思います。外にも「相手方の発した言葉を用いて返す」というのも良いかと思います。 例えば「私は成田に住んでいますが○○のある、とても良いところですが、お宅様の住まいの近くには○○のような物はございますか?」 というような 返答方法は如何でしょうか!
2. Posted by 林もとひと   2020年02月18日 17:16
コメントありがとうございます。はい。「相手の発した言葉を用いて返す」もいいですね!相手との共通点を話題とするのは鉄板ですよね。一応過去記事でその点にも少し触れているのでお時間があればご参照ください。
http://blog.livedoor.jp/motohito884/archives/8761475.html

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ