おすすめアプリ

2019年04月04日

本は耳で読め!?

※当ブログをご覧いただきありがとうございます。初めてご覧いただく方は、過去記事「ブログの取説」をまずお読みいただくと、スムーズに閲覧いただけます。

林もとひとです。過去記事で「オーディオブック」をオススメしましたが、皆さんすでに試されましたでしょうか。音声で収録された本を「聴く」ので、目を使うことなく車の運転中や満員電車の中でも快適に読書できてしまう素晴らしい媒体です。

しかしすでに「紙」や「電子書籍」で購入済みの本はやはり目を使って読むしかありません。・・・でしたが、iPhoneには「画面の読み上げ機能」というものがあり、これを使うと画面に表示された文章を音声で聴くことができます。

つまりわざわざオーディオブックとして購入しなくても、普通に電子書籍を購入してiPhoneにダウンロードしておけば、なんちゃってオーディオブックとしても利用できるのです。

ですから普段は電子書籍として普通に読み、必要に応じて読み上げ機能を使って耳で読むといった使い分けが可能になります。

やり方は簡単です。まずは設定です。

WS0474
「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」→「スピーチ」と進み「画面の読み上げ」をオンにします。

あとは読み上げたい画面を表示させて、指二本で画面上端から下へスワイプ(スライドさせること)すると、即座に読み上げを開始してくれます。

読み上げ時に表示されるパネルで再生の一時停止や読み上げのスピード変更が可能です。

少し発音がぎこちなかったり、アルファベットや数字などは聞き取りにくいという難点はありますが、慣れれば十分実用範囲だと思います。電子書籍などの「本」に限らず、メールやブラウザなども読み上げてくれますので、積極的に活用しましょう。

私はこの機能を使って毎日の日課である「犬の散歩」を、自分のエクササイズと読書の時間として有効活用しています。

iPhoneユーザーなら試さない手はないでしょう。皆さんもやってみてください。
林幹人


motohito884 at 23:30|PermalinkComments(2)このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年07月30日

回転寿司アプリで待ち時間短縮!

林もとひとです。「特別な時に食べる贅沢品」というイメージだったお寿司に、新しい風を吹き込んだ回転寿司。もはや「回ってないお寿司」と「回転寿司」は全くの別物と考えるべきかもしれません。コスパに優れ便利な回転寿司には、我が家もよく行きます。

ランチでも夕食でも、お腹が空いたときでも、イマイチお腹が空かないときも、あらゆるニーズに応えてくれるので助かります。麺類やデザートも豊富なので4歳になる娘も大満足です。

WS0422WS0423
家の近くにある「はま寿司」は最も多く足を運んでいます。次いでお皿を入れるとゲームができる「くら寿司」です。


WS0424WS0425

一皿100円の回転寿司では人気ナンバー1の「スシロー」は、我が家では3番目の利用頻度です。「かっぱ寿司」は成田にないので、あまり利用したことがありません。

さて、大人気の回転寿司ですが、それだけに週末ともなると1時間待ちなどザラというほど混雑しています。お店に入って整理券を取ると、番号が印刷されていて、自分の番号が呼ばれたら席につけるという感じです。

皆さんお喋りをしたりスマホをいじったりして待っていますが、ネットや専用アプリで「予約」できるのをご存知ですか。

はま寿司はHPからネット予約、くら寿司、スシロー、かっぱ寿司はそれぞれ専用アプリをリリースしていますので、スマホにインストールしておきましょう。

「面倒くさい」と思うのは最初だけです。以降はサクッと予約して待ち時間を大幅に短縮できますので、まだやったことのない人は次回試してみてください。
林幹人


motohito884 at 23:30|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年07月19日

防災アプリを見直しましょう

林もとひとです。広島県や岡山県を中心に甚大な被害をもたらした西日本豪雨災害。被災地では復旧作業が進められていますが、あまりにも大きな被害とこの暑さで、思うように進展していないようです。一日も早い復旧・復興を願うばかりです。

地震や津波、豪雨や洪水など、もはやいつどこで災害に見舞われるか分かりません。常日頃から準備と対策を心がけることは、老若男女問わず徹底しておかねばなりません。

そこで今回のブログでは、災害時等に役立つであろうアプリをいくつか紹介しようと思います。テレビやラジオ以外にも、スマホを使えばピンポイントで自分の現在地周辺の情報を得られますので、必ずインストールしておきましょう。

WS0412WS0413
左:「Yahoo!防災速報」です。地震やゲリラ豪雨など、様々な情報をプッシュ通知してくれるので、いざという時に頼りになります。右:「NHK ニュース・防災」です。ヤフーアプリと似たような使い方が出来ますが、情報ソースがNHKということで、信頼性が高いと感じる人も多いと思います。

WS0414
防災情報 全国避難所ガイド」です。自分の現在地から近い順に避難所を表示し、そこまでの道順を教えてくれます。旅行などの外出中に災害発生した場合などに役立ちます。また、家族同士の安否確認もスムーズに行える機能があります。


WS0415WS0416
左:「radiko(ラジコ)」です。今いるエリアで放送しているラジオ局の番組を聴くことができます。右:「NHKラジオ らじるらじる」です。その名の通りNHKのラジオをスマホで聞けます。

他にもFacebookやLINE、TwitterなどのSNSは、電話が繋がりにくい状況でも文字でコミュニケーションがとれるので、災害時にも非常に頼りになるアプリです。

いかがですか。災害が発生してからではダウンロードもスムーズにできなくなる恐れがあります。今のうちにインストールしておきましょう。
林幹人


motohito884 at 23:30|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年06月04日

ポイントアプリで財布をスリムに!

林もとひとです。過去記事でお財布をスリム化するために最適な「スィンリー」を紹介しましたが、これが非常に反響が大きく、いまだに私のブログの閲覧トップ記事に名を連ねています。

それほど「財布をスリム化したい」というニーズは大きいわけで、皆さんの関心が高いのも頷けます。財布がメタボ化してしまう大きな要因は各種「ポイントカード」です。普段利用しているお店で発行されるポイントカードは、その店独自のものが多く、財布にしまっているとあっという間にパンパンになってしまいます。

その点で非常に有り難いのが「共通ポイントカード」です。代表的なのが「Tカード」「Pontaカード」「楽天ポイントカード」です。

店舗ごとにバラバラだったポイントカードを、共通化することでA店で貯めたポイントをB店で使うといった柔軟な利用も可能になり、何よりも何枚ものカードを持たなくて済むのが助かります。

更に最近では物理的にカードを持たずとも、スマホにアプリを入れておくだけでポイントを貯めたり使ったりできるようになりました。

WS0400WS0401
左:Tポイントアプリ   右:Pontaアプリ


WS0402
楽天ポイントアプリ

他にもNTTドコモのdポイントカードやJRのSuicaなどもアプリが用意されています。スマホを持っていればこれらアプリをインストールすることで、どんどん財布をスリム化することが可能です。

もちろん全て無料で利用できますので、皆さんもすぐに始めてみてください。
林幹人


motohito884 at 23:30|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年05月24日

昔の写真をキレイにデジタル化!フォトスキャン

林もとひとです。昔の写真をデジタル化しようとしたことはありますか。最近でも、イベントなどで写真を撮ってくれた人が、気を利かせて「紙」に写真をプリントしてくれることってありますよね。今回はそんな時に便利なアプリを紹介します。

デジタルカメラが浸透し、写真は「紙」ではなく「データ」で管理することも一般的になりました。データならば劣化しないし、かさばらないため、管理が非常に楽で効率的だからです。

デジタル写真の管理は、もう3年近く前にこのブログで紹介した「グーグルフォト」が最強ですから、もしまだ使っていない人は即、ダウンロードしましょう。使わない意味がわからないほどの神アプリです。

そして今回は「紙」の写真をキレイに手軽に「デジタル化」するアプリを紹介します。フォトスキャンです。

WS0397
iPhoneユーザーはコチラ。Androidユーザーはコチラ

これまでは小型のコピー機のような「フラッドヘッドスキャナ」でデータ化するのが一般的でしたが、スマホのカメラがどんどん進化し、今回紹介するアプリを使うことで、これまで以上に簡単に、キレイにデータ化することが可能となりました。

紙の写真をデータ化する際の最大の障害は「光の反射」です。部屋のライトや明かりが写真に写り込んでしまったり、スマホ自体の影が邪魔になったりで、いろいろ角度を変えたり四苦八苦するのが常でした。

しかしフォトスキャンを使えばこれらがすべて解消でき、写真の四隅も自動的に感知して、ピッタリの大きさに仕上げてくれます。

写真 2018-06-01 20 56 36写真 2018-06-01 21 33 35
フォトスキャンで取り込んだ42年前の写真です。故中川一郎先生が当時3歳の私を抱っこしてくれています。右の写真はフォトスキャンを使わずに撮影したもの。ひどい有様です。

写真 2018-05-18 21 00 31
こんな写真も出てきました。私が13か14歳の時、父のイベントに芸人さん達が来てくれたときの写真です。真ん中の女の子は4歳下の妹です。

本当に簡単に手軽に、キレイにデジタル化できるので、みなさんも是非試してみてください。
林幹人


motohito884 at 23:30|PermalinkComments(2)このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年03月29日

スマホでロケ地紹介

林もとひとです。1995年公開の映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(岩井俊二監督)」のロケ地となった旭市は、スマホのアプリと連携して撮影スポットを紹介する取り組みを始めています。

WS0381WS0382
テレビドラマをもとに制作された原作映画が、昨年アニメ化され(写真右)再び注目されるようになりました。

WS0383WS0384
コンテンツを楽しむには「サッチビューワー」というアプリのダウンロードが必要となります。アプリ自体の評価は正直あまり高くありませんが、無料で利用できますので試してみて下さい。

このアプリを立ち上げてロケ地に行くと、以下の特典が利用できます。

1.岩井俊二監督によるロケ地に関するコメント
2.映画のワンシーンを再現できるオリジナルフォトフレーム
3.ロケ地の当時と今を2段で表示する比較フォトフレーム

詳しくは旭市HPを御覧ください。

「聖地巡礼」と呼ばれるロケ地巡り。映画のファンにとって実際に撮影に使われたスポットを訪れることは、非常にニーズが高くなっています。

旭市にならって、様々なかたちで聖地巡礼が更に魅力的になるよう、他の自治体にも新しい取り組みが広がるといいですね。
林幹人


motohito884 at 23:30|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年12月14日

iPhoneの時計で「秒」を確認する方法

林もとひとです。仕事にもプライベートにも大活躍のiPhoneですが、スマホを時計代わりにしている人も多いと思います。自動で時間のズレを修正するので、狂わない時計として重宝しますよね。

我が家にはもう「目覚まし時計」というものはなく、私も家内もスマホのアラームで毎朝起床しています。地味ながらとても便利なiPhoneの時計機能ですが、「秒」が表示されないのが玉にキズです。

特に電車利用時には秒単位で「乗れるか」「乗れないか」が決まるシビアな世界なので、スムーズに秒確認ができないと困ります。

そこで今回はiPhoneで「秒」を確認する2つの方法を紹介します。

一つ目はiPhone標準の「時計アプリ」です。

171221-0001
コレですね。知っている人にとっては当たり前かもしれませんが、アイコンに表示されている時間は「実際の時間」で、よく見るとちゃんと秒針も動いています。

正確なアナログ時計として使えますので、iPhoneの見やすい場所(画面下のドックなど)にこの時計アイコンを配置するだけで、スムーズに秒を確認できます。

二つ目はウィジェットを使う方法です。ウィジェットとは「ホーム画面やロック画面上で、ひと目で情報を確認できるように小型化されたアプリ」のことで、iPhoneの場合はホーム画面・ロック画面を右にスワイプすると表示されます。

ここに「クロックズ」という無料の時計アプリを配置すれば、即座に秒数まで確認することができるようになります。

写真 2017-12-21 13 13 51
こんな感じです。やり方は、ウィジェット画面を一番下までスクロールすると「編集」ボタンがありますのでそれをタップ。ここにあらかじめダウンロードしておいた「クロックズ」を一番上に配置すれば完了です。

もしわからない方は、こちらのページに詳しく解説されていますのでご参照下さい。

便利なスマホですが、毎日ガンガン使い込んでいると「少し不便だな」と感じることがまだあります。でも偉いもので、ちゃんとそれを解決する手段があるものです。

今回もふと「iPhoneで秒の確認って出来ないのかな?」と疑問に思ったことがきっかけで、より便利に使えるようになりました。

皆さんも「コレ知ってる?」というちょっとしたテクがあったら、教えて下さいね!
林幹人


motohito884 at 23:30|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年05月04日

デジタルデトックスのススメ

林もとひとです。今回のタイトル「デジタルデトックス」ってご存知ですか?スマホやPCなどのデジタル機器から一定期間離れ、生活のリズムを整え体調を改善しようとする試みです。

スマホやタブレットの爆発的普及により、インターネットやSNSは非常に身近な物になり、もはや生活に欠かすことのできない存在になりました。

私もスマホを使わない日など一日もありませんし、日程管理からナビ機能、ネット検索に大活躍しています。いつでもどこでもあらゆる情報にアクセスできるので、スマホのお陰で様々な制約から開放されていると実感します。

しかしその依存度が高くなりすぎると、脳や眼に過度の負担がかかり、精神的なストレスや様々な肉体的不具合にも繋がってくるといいます。

例えば・・・
◯食事中にもスマホを見ていることが多い
◯電波の届かないところに行くと不安になる
◯SNSの繋がりが無くなると人間関係が終わると感じる
◯家族や友人といてもSNSなどをチェックする

このような状態の人はデジタル中毒の可能性があり、要注意です。そこで「デジタルデトックス」です。

最も効果が高いのはスマホや携帯を持たずに2~3日旅行に行ってしまうことですが、さすがにハードルが高いですよね。でもゴルフやジョギングなどを趣味にしている人も多いと思いますが、その間は一切の通信を控えるようにする(機内モードにする)だけで、十分デジタルデトックスになります。

日々の習慣でも、就寝前の1時間はスマホを触らないようにするというのも効果があります。寝る直前までデジタル機器を見ていると、脳が覚醒状態になってしまい確実に睡眠の質が低下します。リラックスしながら音楽を聞いたり、本を読んだりという時間にあてるといいと思います。

最後にデジタルデトックスをサポートするアプリを紹介します。デジタルから離れるためにデジタル機器を利用するのは本末転倒な気がしますが、仕組みとして良くできているので、試してみるのもいいかもしれませんよ。

WS0331
スマホいじりをやめるためのアプリ「Forest」です。iPhone用は有料で240円、Android用は無料で利用できるようですが、どちらもアプリ内課金があります。

皆さんもデジタルデトックス、はじめましょう!
林幹人


motohito884 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年12月26日

子どもの写真管理アプリの決定版!「みてね」

林もとひとです。皆さんはお子さんの写真、どのように管理されていますか。スマホや携帯で手軽に写真が撮れるようになったことから、整理整頓が全く追いつかず、肝心な時に必要な写真が見つからないなんてことになっていませんか。

大量の写真や動画でスマホのメモリが一杯になって、不要なものを消さなければならない状況になり、削除する写真を一枚一枚見ているうちに、あっという間に一日が終わってしまったなんて経験もおありなのではないでしょうか。

あるいはおじいちゃんやおばあちゃんに孫の写真を見せてあげようと何枚かピックアップする時も、お父さんのスマホに入っている写真とお母さんのスマホに入っている写真がそれぞれ違うので、その中からベストを選ぶだけでも大変です。

やっとの思いで写真を選んだら、今度はメールに添付するかラインで送るか、はたまたDVDに焼いて郵送するかなどなど。子供の写真に関する悩みは絶えません。

そんな悩みを一挙に解決してしまう超スグレモノアプリが今回紹介する「みてね」です。

WS0310
 アプリは「iPhone版」「Android版」ともに無料です。

使い方は簡単で、撮りためた写真一覧からアップロードしたい写真をどんどん選んでチェックを入れます。そして公開範囲を「夫婦のみ」か「家族みんなに公開」か選んでアップロードするだけ。

保存容量は無制限で、写真だけでなく2分以内の動画もアップすることができます。アップされた写真や動画は自動的に時系列でアルバムのように整理され、閲覧もスムーズです。

写真画質も劣化すること無くほぼオリジナルのまま保存されるので、写真のバックアップとしても機能しますから、みてねにアップした写真はスマホから削除して容量を回復させることもできます。

閲覧できるのは招待した家族だけなので安心です。SNSの機能もあるので、アップした写真にコメントをつけたり、そのコメントに返信したりと盛り上がります。

とにかく直感的に使えて無料ですので、まずは試してみて下さい。あまりの便利さにびっくりしますよ。
林幹人 


motohito884 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年12月01日

これは便利!画像検索アプリ

林もとひとです。今やインターネットで調べられないものはないと言っても過言ではないほど、ネット検索は一般的になりました。なんでも答えてくれることから、ネット検索することを「グーグル先生に聞く」というスラングも定着しました。

私もグーグル先生には毎日大変お世話になっていて、先生と連絡が取れない(ネット環境がない)と非常に不便を感じます。

それほどまでに万能なネット検索ですが「あれ?このマークってどういう意味だっけ?」とか「この花って何ていう名前だっけ?」という時ありませんか。

そんな時に役に立つのが「画像検索」です。以前このブログでも取り上げた私イチオシのブラウザであるGoogle社の「Chrome(クローム)」には、表示されている画像を長押し(スマホやタブレットの場合)すると「この画像をGoogleで検索」という項目が出て、そのまま検索できる機能が搭載されています。

ではスマホのカメラで撮影した、自前の写真はどのように検索すればよいのでしょうか。上記のクロームでも可能なのですが、少々やり方にコツがいるのと、ブラウザの仕様が変更になるとやり方も変わる可能性があるので、今回はシンプルなアプリを紹介します。

WS0304WS0305
その名もズバリ「画像で検索」です。左:iPhone用、右:Android用
 
コイツを使えば気になるものをその場で撮影し、その写真をそのままネット検索できます。もちろん自分のスマホに撮りためた写真を選択し、検索することも出来るのでとても便利です。

使い方も非常に簡単で直感的に操作できるので、迷うことはないと思います。どちらも無料ですし、インストールしておいて損はないでしょう。これでグーグル先生に死角なしですね! 
林幹人 


motohito884 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加
記事検索