仕事術

2019年01月28日

「昼寝」で集中力アップ!?

※当ブログをご覧いただきありがとうございます。初めてご覧いただく方は、過去記事「ブログの取説」をまずお読みいただくと、スムーズに閲覧いただけます。

林もとひとです。「職場での居眠りは厳禁」この常識は覆されつつあります。個人差はあるものの、7~8時間は必要といわれる睡眠時間。十分確保できている人のほうが少ないのではないでしょうか。

すると仕事中に強烈な睡魔に襲われ、集中力を著しく欠いてしまうという事態に。特に午後2時から4時頃は、24時間周期・12時間周期で働く2つの体内時計の影響で眠気が強くなるといわれているため、なおさらです。

そこで近年、社員の常態化した睡眠不足を重く受け止め、会社での「仮眠」を推奨する企業が増えてきているそうです。眠気を我慢しての作業効率の低下や心身の不調による経済損失を考えれば、いっそのこと昼寝をしてもらったほうが良いということでしょう。

実際に試験的に導入した企業はいずれも「集中力アップ」「生産性向上」などの成果が確認できているそうで、今後も広がりを見せそうです。

千葉県内でも柏市の「まくら」という会社が昨年10月から「おひるねタイム」を導入し、注目されています。

WS0463
正午から午後4時までの間、好きなタイミングで20分間眠ることができます!

しかもこの20分は昼休みの60分とは別に確保されていて、合計80分休憩ということになりますね。ただし80分ガッツリ寝ることは認められていません。

30分以上眠ると深い睡眠に入り、起きた際「寝ぼけ」が発生するためです。したがって、お昼寝のような短時間の仮眠をとる場合は20分以内が好ましいといわれています。

この会社は社名の通り枕などの寝具・睡眠グッズを企画開発・販売をしているので、おひるねタイムを使ってスタッフ自身が商品を使用することで、眠気の改善だけでなく、新たな販売戦略や商品企画の発案につながると考えているとか。

どうやら効果的な「昼寝」。まだ認められていない職場でも、60分の昼休憩に15分程度仮眠をとることでリフレッシュできます。試してみてはいかがでしょう。
林幹人


motohito884 at 23:30|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年11月05日

話が長い人へ 2

林もとひとです。昨年の3月9日号で「話が長い人へ・・・。」という記事を書きました。結構反響もあり、やはり話が長い人は嫌われることがわかりました。

その記事では不慣れであったりテクニックを知らないことで話がまとまらなくなり、結果として話が長くなってしまっている人に向けた内容でしたが、今回は逆に「場馴れしている」かつ「テクニックもある」人が陥りやすいパターンを指摘します。

それは一言でいうと「自分の話に酔ってしまう」という現象です。職場や町内会などのコミュニティで年齢や地位が高くなってくると、自分より下の人達は一目置いてくれますから、話も真剣に頷きながら聞いてくれることが多くなります。

すると自分がもの凄ーく良い話をしている気になってしまって、本題とは関係ないことまでペラペラと喋りたくなってしまうのです。

喜んで話を聞いてくれているように見えても、心の中では「長いなー」「それ今関係ないじゃん」「まーたその話かよ」「さて、じゃねーよ!」などと思われているかもしれないのです。

例えば消防の出初式などでは、団員の皆さんたちは早朝より極寒の中立ち続けています。そんな状況で長々と挨拶なんかしたら、どんなに素晴らしい内容でも反感を買う事は必至です。

話の「長さ」は往々にして「内容」よりも大切だったりします。TPOをしっかりと意識して、かつ聴衆の側に立ち会場の「空気」を読むことが非常に重要です。

私自身挨拶の機会も多いので「自分の話に酔ってしまう」ことがないよう、十分に気をつけたいと思います。
林幹人


motohito884 at 23:30|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年01月15日

メモ帳はA4裏紙が最強

林もとひとです。皆さんはどんなメモ帳を使っていますか。TPOに応じて最適なメモ帳は違ってくるかと思いますが、汎用性と利便性、費用対効果を考えると「A4裏紙」が最強だと私は思います。

ほとんどのオフィスではコピー機やFAXがあり、日々大量の裏紙が発生していると思います。そのまま裏面を使おうとすると機械の不調を招きますので、泣く泣く処分している人も多いのではないでしょうか。

せめて有効活用したいということで、半分に切ってクリップで止めるなどしてA5サイズのメモ帳を手作りしているパターンもよく見かけます。

IMG_4654
こんな感じです。

私も以前はこうしていて、これはこれでいいのですが、結局裁断が面倒になってA4でそのまま書きなぐることが増えました。すると意外と良いのです。

IMG_4653IMG_4655
このようにクリップボードで挟んで使います。机の上にそのまま置いておくとかさばるので、右の写真のように普段は机の足元にぶら下げてあります。

裏紙なのでケチケチする気も起きませんし、どんどんメモってどんどん捨てます。そして1案件1枚というルールを設けることで、ゴチャゴチャ見づらくなることもありません。ですから写真のように少ししか書いていなくても、役目を果たしたら躊躇なく捨てます。

A4という広さがあるので、思いがけず分量の多い案件になっても十分書き込めますし、必要ならばそのままドキュメントスキャナで取り込んでPCやスマホでいつでも参照することも可能です。※ドキュメントスキャナの活用法は過去記事をご参照下さい。

メモを取り始めた時はその案件の重要度はわかりません。小さなメモに書いてしまってから、後から重要だと気付き別の紙に書き写したり、その小さなメモを正規の書類に貼り付けるなど、小さなメモだと様々な状況に対応するのが大変です。

その点最初からA4という正規書類の規格でメモをとるようにすると、上記の電子化も含めて非常に汎用的に活用できます。

あまりにも便利なので裏紙を挟んだクリップボードを4枚用意していて、事務所に2箇所、自宅で2箇所に設置し、いつでもA4でメモがとれる環境にしています。

IMG_4652IMG_4651
出先ではこのように「ちょっと高級」なクリップボードを使っています。セミナーなどに参加する機会も多いのですが、周りを見渡すと皆さんシステム手帳やポケットサイズの手帳などにチマチマ小さな字で書き込んでいます。

それだと後で復習する時見づらいと思いますし、過去のメモを参照したい時は古いメモ帳も持ち歩かねばなりません。A4でメモってドキュメントスキャナでPDFにしておけば、全て解決です。

少しでも「いいかも」と思えたら、試してみて下さい。最後にお気に入りのクリップボードを紹介しておきます。
林幹人









motohito884 at 23:30|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年12月21日

挨拶で「えー」が口癖になっている人へ

林もとひとです。怒涛の忘年会ラッシュもいよいよ終盤戦。皆さんも宴会や懇親会に出席する機会が多いのではないでしょうか。特にホテルなどの大ホールで開催されるような規模の会では必ず「挨拶」がありますよね。

その挨拶の中で「えー」とか「あー」とか「あのー」とか「えーっと」とかやたら使う人いませんか。これは「プレゼン」や「公式のスピーチ」の場ではタブーとして扱われるほど、聞き手にとっては無意味を通り越して”不快”なものなので注意が必要です。

言ってみれば「挨拶のプロ」である私(自分で言うな)も完全に「えー」を言わずに挨拶するのは難しいものです。でもいくつかのポイントを押さえておくと、格段に無駄な「えー」を無くせますので、今回紹介します。

◯まずは練習
基本的になぜ「えー」と言うのかというと「次に言う言葉を考えているから」です。いきなりスピーチをすることになった場合を除けば、自分が人前で話す機会があることは事前に知らされているはず。であれば「鏡の前で練習」でもいいし「自分で動画を撮ってみる」でもいいので、客観的に自分のスピーチを聞き手として見てみることです。次の言葉がスラスラ出てくるまで練習すれば「えー」はなくなります。

◯心の中で「えー」という
言うなと言われると余計気になってしまうもの。いっそのこと言っちゃって下さい。心の中で。その分聞き手からすると「沈黙」「無言」になるわけですが、思ったほど長く感じないので心配無用です。これも試しに動画で自撮りしてみると判りますよ。

◯口語調で話す
慣れない人ほど挨拶を紙に書いて覚えようとします。言葉は紙に書いて文字にすると「文章」になり、普段使っている口語とは少し違ってしまうのです。家族や友人との会話に「えー」とか「あー」とか言わないですよね。難しい単語や表現を使うと文章としては締まりますが、挨拶にするとカタくなりがちです。なるべく平易な表現で話すようにすると「えー」を減らすことができます。

◯ワンフレーズポリティクスで話す
小泉純一郎元総理が多用したことで有名になりましたが、息子の進次郎さんもバンバン使っています。文章で言えば”箇条書き”で、言いたいことを長々と語らずに簡潔に言い切るスタイルにすると、必然的に「えー」が入り込む余地が少なくなります。例えば①成田空港は日本の空の玄関口であり、重要なインフラであるが、内陸空港であることから騒音問題が課題となっていて、機能強化は慎重に行わなければならない②成田空港は日本の空の玄関口です。だから非常に重要なインフラなのです。ただ内陸空港であることから騒音問題が課題となっています。そのため機能強化は慎重に行わなければなりません。①も②も言いたいことは同じなのですが、挨拶にすると②の方が聞きやすいですよね。

いかがですか。結構挨拶慣れした人でも使ってしまっていることが多い「えー」ですが、聞く側からすると一度気になりだしたら「えー」しか言わないように聞こえてしまいます。新年会や結婚式のスピーチなど、これから人前で話す機会がある人は参考にしてみて下さい。
林幹人


motohito884 at 23:30|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年03月13日

手帳派絶賛!フリクションスタンプ

林もとひとです。皆さんは「手帳派」ですか。それとも「デジタル派」ですか。何を隠そう私はバリバリのデジタル派なのですが、周囲の手帳派の人たちから絶大な支持を集めている注目のグッズを紹介します。

WS0314WS0315
PILOT社の「フリクションスタンプ」です。

このブログでも何度か取り上げてきたフリクションシリーズにスタンプが加わりました。上の写真にあるように「絵文字」のように使うことで、直感的に日程を把握することができ、手帳も美しくなります。

フリクションシリーズ最大の特徴である「消せる」という機能は、変更が多くなっても手帳をキレイに使えます。朱肉の要らない浸透印で裏抜けもしずらいとのことで、どんどん使っていけます。

WS0316
 ご覧のように全60種類もあり、工夫次第で様々な予定に対応できます。

価格も一つ120円とリーズナブル。必要に応じて買い足すも良し、60個一気に大人買いするも良し。5個収納できる専用のケースも発売されていますが、無印良品のペンケースが12個ピッタリ収まるとの情報もあり、いろいろ工夫してみるのも楽しいですね。

手帳派の人は是非試してみて下さい!
林幹人 


motohito884 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年03月09日

話が長い人へ・・・。

林もとひとです。話が長い人っていますよね。頭に浮かんだことをそのまま言葉にするうちに、自分でも何を伝えたかったのか分からなくなってしまったり、いつまでも結論にたどり着かずにわき道にそれていってしまう人など。

これは誰にでもあることなのですが、気をつけていないと人前で話す機会が多い私でも話がまとまらなくなってしまいます。話の「長さ」は、時として「内容」よりも大切だったりするので、神経を使います。

ではどうすればいいのでしょうか。重要なのは「結論を先に話す」ということです。例えば「成田空港の機能強化を急がねばならない」と結論を言ってから、なぜなら「航空需要は伸び続けている」「 各国を結ぶネットワークの充実が成田の強み」「災害に対して強靭」などの理由を加えます。

理由を先にしてしまうと、聞き手は最後まで結論を待たされることとなり「だから何なんだよ!」と心の中でイライラが募ってしまいます。極端な話、結論を先に言って5分話すほうが、結論を後に持ってきて3分話すより短かく感じるほどです。 

ビジネスの世界でも要点を押さえたプレゼンなどはみな、結論を先に述べています。具体的な手法としてはSDS法とPREP法が有名で、私も話すときはだいたいこのどちらかの形になっています。

SDSはSummary(要約)、Details(詳細)、Summary(要約・まとめ)の略で、PREPはPoint(結論)、Reason(理由)、Example(具体例)、Point(結論・まとめ)の略です。

どちらも冒頭と最後に2度結論を言うことが特徴で、文章ではなく口頭でものごとを伝えるには非常に効率的で、聞き手にやさしい構成です。 

いきなりこれらをマスターするのは難しいかもしれませんが、せめて「結論を先!」とだけでも覚えておくと、話が長くならずにすむと思います。試してみて下さい。
林幹人 


motohito884 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年03月02日

成長できるひとは「素直」な人!?

林もとひとです。自分を成長させるための勉強や訓練・練習など、いわゆる「自己投資」の大切さは誰もが認識していることでしょう。社会人になってからのほうが学生時代より勉強しているという人も少なくないと思います。

それほど「学び」は大切で、人間は生涯学び続ける生き物なのかもしれません。書店に行くといつでもビジネス書売り場では様々な「学び」の本が次々と発行されています。でも同じように学んでも、どんどん成長する人とそうでない人がいるのはなぜでしょう。

それは「素直さ」の違いなのではないでしょうか。つまり学んだことを実生活に「取り入れる」のか「取り入れない」のか、「やってみる」か「やらない」か。勉強熱心な人は多いのですが、せっかく学んだことも「これは使えない」とか「参考にならない」とか「自分の方法のほうが優れている」などと理由をつけて、結局学ぶ前となんら変わらない生活を続けている。 

せっかく3時間もかけて読破した本も、それに書かれていることを実践しなければ「読まなかった」のと同じことになってしまいます。 先輩から教わったノウハウも、やってみなければ教わらなかったのと同じです。

一見「えっ!」と思えることでもまずは「やってみる」ことが大切だと思います。その上で自分に合うかどうかを判断すればいい。まずは四の五の言わずにやってみることです。

「そんなの言われなくても当たり前じゃないか」とお思いですか。しかし勉強量が多い人や年配の方ほど、人の意見やノウハウを軽視したり、頭から否定する傾向にあります。 

何事もまずは「素直に」取り入れてみる。それが成長し続ける秘訣なのではないでしょうか。もちろん私もそう心がけていますが、忘れてしまわないように今回記事にしてみました。
林幹人 


motohito884 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年02月02日

場所を移動して仕事・勉強の効果を上げる!?

林もとひとです。「ノマドワーカー」ってご存知ですか。「Nomad(ノマド)」とは、英語で「遊牧民」という意味なので、ノマドワーカーとは特定の職場を持たず移動しながら仕事をする人々を指す言葉です。

カフェや公園のベンチなどでノートパソコンを開き、仕事をしている「デキる」っぽい人をよく見かけますが、正直私はこのスタイルは好きではなく、やりたいとも思いませんでした。 なんか「形から入ってるだけの自己満足」に思えたからです。

しかし実はこのスタイルには仕事や勉強を効率化する明確な「根拠」がありました。それは移動によって「場所ニューロン」を刺激し、結果として記憶力や学習効率がアップするというものです。 

場所ニューロンとは記憶を管理する「海馬」という大脳器官に存在し、その名の通り場所に関する記憶を司っています。動物にとって場所を記憶することは重要であることから、長期的に記憶されやすい特性があると言われています。

例えば、獲物を追って肉食動物が草食動物を追跡するとき、獲物を追うのに必死でどの道をどのくらい来たのか忘れてしまったら自分の家、すなわち「縄張り」に帰ることができなくなってしまい、それは「死」のリスクに直結します。

だから移動している際、来た道を忘れてしまうという「死」の危険を避けるために、移動すると記憶力が高まる仕組みを脳内に構築したというわけです。

このように、私たちの脳は移動するだけで記憶力や学習効率が上がるようになっているので、ノマドワーカーのワークスタイルは理にかなっているのです。

最初は毛嫌いしていた私も、最近では時々空港のラウンジや新幹線での移動中などにブログを更新したりしています。皆さんも環境が許すならば是非、導入してみてはいかがでしょう。
林幹人 



motohito884 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年01月19日

素晴らしい人材を見つける手軽で画期的な方法

林もとひとです。企業にせよ自営業にせよ、大抵必要になるのが「従業員の採用」です。素晴らしい人材を獲得するために、皆さん様々な努力と工夫を重ねていることと思いますが、その労力たるやかなりの負担になっているのではないでしょうか。

膨大な数の履歴書やエントリーシートに目を通し、何とか数人(場合によっては数十人)に絞って今度は面接。実際に会ってみたら一目でイメージと違ってガックリなんてことも。

そこで今回は、かなりの確率で「多くの応募者からコチラの希望に沿った人材を見つける手軽で画期的な方法」をご紹介します。

そもそもなぜ人材を採用する際に面接が必要なのでしょうか。やはり書類だけでは判断できない「声」「話し方」「立ち居振る舞い」「礼儀作法」など、またそれらから得られる「第一印象」や「熱意」などなど、その人物を判断する上で非常に多くの重要な要素を見ることができるからです。

ではなぜ全員と面接しないのか。それはやはり面接する側の労力が大きすぎるからでしょう。そこで書類を見るような手軽さと、面接を行なったかのような多くの情報を得るという相反する要素を満たす画期的な方法の登場です。

それはズバリ「動画面接」です。

例えば「1分間の自己PR動画を撮影し、当方に送信してください。内容や動画形式、送信方法は問いません。」と応募者に伝えます。するとこの時点でパソコンやITの知識が皆無の人は脱落です。きょうびスマホで手軽に動画撮影できるのに、それすらできないのは努力不足以外のなにものでもありません。

送られてきた動画からも多くのことが判断できます。「1分間」という制限を設けたのに3分も話す人や逆に30秒ほどで終わってしまう人がいたり、内容は自由といえどもラフな格好で手ブレしまくりだったりと、実に多くのことが動画から判ります。

もちろん採用したい人材によって服装をスーツに限定したり、話す内容を指定することもでき、臨機応変に対応できますし、必要に応じて動画を社長や複数の役員に見てもらうなども簡単にできます。

この動画面接で非常に多くの情報を得られますので、かなり絞りこめるはずです。その中で更に深く人となりを知りたい人物と、実際に面接をすればよいのです。面接を一次、二次と複数行なっている会社などは動画面接を導入することで、一度の面接で済んでしまうことが多くなるでしょう。 

経営者や採用担当者の皆さん、「動画面接」是非導入してみて下さい。
林幹人 


motohito884 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年11月17日

モヤモヤした気分をスッキリさせる方法

林もとひとです。とかくストレスが多い現代社会、だれでも悩みの一つや二つ持っているものです。でも「この人、悩みなんかないんじゃないか?」と思えるようなハツラツとした人っていますよね。

そういう人に共通している特徴として「人のせいにしない」という考え方があります。 例えば「気乗りしない飲み会に誘われた」として、帰り道に「あーやっぱりつまんなかった!あいつがオレのことを誘ったせいで!」などと考えていませんか。

例えば「親に勧められて参加したボランティアで班長に指名された」という時に「なんで自分が班長なんだ。自分より年長のあの人はなんで立候補しないんだ!」とか「そもそもこんな活動を勧めた親が悪い!」などと考える人って、意外と多いと思います。

しかし飲み会に行くと決めたのも、ボランティアに参加すると決めたのも、結局は自分です。自分の決断で行動し、その結果発生した「良いこと」も「悪いこと」も全て自分の責任なのです。

人のせいにしてしまうことで、「改善の余地」すら人任せになってしまいます。悪い状況をどうにもできないから、気分がモヤモヤしてしまうのです。身の回りで起きたことは「良いこと」であれ「悪いこと」であれ、紛れもない事実であり「その原因はすべて自分にある」と考えることで、気分がスッキリして、悪い状況を「自分で」打開することができます。

ちょっとしたことかもしれませんが、これって人生をハッピーにする大切な考え方だと思います。みなさんも是非、実践してみて下さい。
林幹人

 

motohito884 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加
記事検索