元木農園の日記

元木農園の日々をお伝えします。        

DSC_0122

朝起きると、明神ヶ岳がうっすら白く。
そして日中は、平地でも雪が舞いました。
いよいよ冬ですね。

DSC_0119

家のすぐ横にある神社。
そこには大きなイチョウの木があります。
子供のころ、登って遊んだり、そして木の根元で火遊びをして怒られたり。
毎年この時期は、遠くからでも目立つきれいな色に変身し、そして異臭を放つ。
いつまでも元気にわが家を見下ろしてもらいたいもんです。

DSC_0116

朝、霧に包まれる日が多くなってきました。
そんな日はすっきり晴れることが多く、霧の世界から周りの景色が現れてくる瞬間がなんとも気持ちいいもんです。

子供たちの通学バスの停留所から見る集落の風景 2016.11.5

このページのトップヘ