知り合いの800GS乗りからこんなものをいただきました。


P_20170902_15030r8_R


グリップシュリンクチューブです。


BMWのGS系のグリップはグリップ交換になるとグリップヒーターアッシー交換になるのでとても高くなります。

そのためGSユーザーの方はグリップの上にこういった収縮チューブを付けてグリップの摩耗や損傷を防ぐ方が多いです。


私もこういった商品があるのは知っていましたがそこまで必要に感じなかったのですが余ったから上げると言われたのでこの機会に導入してみました。(ありがとうございます!)



取り付け方法としてはグリップの長さにチューブを切り熱を加えてチューブを収縮させるみたいです。


知り合いにドライヤーやヒートガンじゃ熱が弱いのでバーナーでやったと言われたので同じ方法でやってみました。



P_20170902_150603r_R


ハンドガードを外し適当な長さに切ったチューブをグリップに嵌め



P_20170902_15062r4_R


バーナーで熱を加える



P_20170902_150820r_R


するとチューブが縮みグリップにフィットする。


コレで完成です。


純正グリップと比べると若干滑りやすい感じもしますが問題なく使用できます。
値段も安いみたいなのでおすすめです。