2018年11月09日

天鬼燈

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
IMG_0001














IMG_0002














IMG_0004














IMG_0003













逗子の宗泰寺の駐車場から本堂に上がる階段そばに奈良興福寺の国宝 78.2cmの「天鬼燈」の模写彫像があります
これは彫刻家の長田晴山さんの作成だそうです

天鬼燈とは二本の角と三つの目を持ち口を大きく開き横眼で前方をにらみ左肩に乗せた燈籠を左手で支え闇夜を照らす灯台のように煩悩にさまよう人々を導いてくれる明りの燈火を守っている善鬼とのことです

 奈良興福寺にある本物は木造で復内に墨書きの紙片があり鎌倉時代の健保3年 西暦1215年製作 彫刻で有名な運慶の三男 康弁作と記録されているそうです

 大正9年生まれの長田晴山さんは二十代で海軍に入隊
戦後 木彫りの師匠に弟子入りし多くの作品を手掛け 京都・大坂の美術展に作品を出展 仏像・人物像・動物像など数多く製作されましたが平成22年90才で亡くなりました

宗泰寺は今年もまもなく大晦日に除夜の鐘をつく人たちでにぎわい  正月は逗子葉山の七寺で構成する「湘南七福神」の大黒天を祀るお寺として参拝客で賑わいます


motomoto4 at 11:13|PermalinkComments(0)

2018年10月08日

シロバナ マンジュシャゲ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
IMGP6000











IMGP5999












IMGP6001












IMGP6002












IMGP6003












IMGP6004












       
                      シロバナ マンジュシャゲ

秩父あたりでは「はっかけばばあ」〜葉が出ていないから・葉が欠けているからとの言い方もあるそうです 
 彼岸花には異名が沢山あります
死人花、地獄花、幽霊花、蛇花、剃刀花、狐花、捨子花、毒花、痺れ花、はっかけばばあ、曼殊沙華
 この花の異名はあまりも可愛くなく 可憐でもなく・綺麗でもなく 何か可哀そうな名前が多くついています


球根は毒性が強く球根一個で1500匹のネズミを殺す致死量と言われています
しかも 煮たり 焼いたり 炒めても熱を加えても毒性が変わらないそうです

しかし 「毒にも薬にもなる」などと言われることがありますが「毒」とは人間の都合で付けたもので
使い方では大変良い薬になるそうです

軽度、中度のアルツハイマー病では彼岸花に含まれる「ガランタミン」と言う毒の成分が すでに治療薬として使われているそうです
軽度、中度のアルツハイマー病には症状の進行抑制に効果があるとのことです
「毒と薬」は表裏一体 できればお世話にならずにすませたいものです

ここ 県立四季の森公園ではシロバナマンジュシャゲ が池の土手面に綺麗に咲いていました

motomoto4 at 19:34|PermalinkComments(0)

2018年09月20日

キクイモモドキ

IMGP5968にほんブログ村 シニア日記ブログへ












        瀬谷市民の森掲示板

IMGP5980














    画面中央 黄色い花が キクイモモドキ

IMGP5981













         黄色い可憐な花

IMGP5975













        瀬谷市民の森の木々


IMGP5976













         自生している木々

IMGP5977













   瀬谷市民の森 なかみち ここを通り抜けると
         追分市民の森に到着



9月初めの「瀬谷市民の森」も「追分市民の森」も季節が半端で綺麗な花が咲いていません

家から東の方向に歩いていくと瀬谷市民の森の入り口に到着し市民の森を縦断する「なかみち」を通り抜けると30〜40分で追分市民の森にたどり着きます
 ここは聖マリアンナ医科大学 横浜市西部病院の北側裏手のあたる場所で西側は程ヶ谷カントリー倶楽部に道路を挟んで接しています


追分市民の森に咲いていたのはキクイモモドキ(菊芋擬き)の黄色い花でした
 別 名 1 =へリオプシス(ギリシャ語「helios=ヘリオス=太陽」+opsis=オプス
                 シス=似た)
  〃  2 =ヒメヒマワリ(姫向日葵)
 花 期 夏〜初秋
 高 さ 50cm〜1.5cm
 花言葉 憧れ 崇拝 誘惑
 北アメリカ原産で日本には明治中頃渡来した帰化植物


瀬谷市民の森や追分市民の森は横浜の原生的な森に近いのですが人が暮らしの中で手入れした森なので里山と言われる環境になっています
瀬谷市民の森からは「和泉川」の源流がここから発し 追分市民の森から流れる水は「矢指川」から「帷子川」へと流れていきますがこれらの源流がここの市民の森の二つにあります
 したがって市内を流れる川の二か所の源流がこの市民の森から発していることとなリます


この市民の森の木にはスギ・ヒノキ・クヌギ・͡コナラ・オオシマサクラなどが自生している森となっています


motomoto4 at 13:55|PermalinkComments(0)

2018年09月11日

徳川家康命名の楽老峰

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

三ツ境駅 4























   
         市営楽老ハイツの北側400mほどで中原街道

IMGP3513












IMGP3516












       
                               楽老南公園

IMGP3537













市営楽老ハイツからの眺望 今日は見えませんが冬の晴日には丹沢の
左側に富士山が望めます


IMGP3535













     
                           信号が中原街道
IMGP3543












  
                 手前に進むと富士見通り商店街
IMGP3540












 
三ツ境駅から続く歩道橋を下り前方に進むと富士見通り商店街



相鉄線 三ツ境駅を出て北西側に100mほど歩くと楽老南公園と言う小さな公園があります 
 ここは瀬谷区役所発行の「瀬谷ふるさと歴史散歩道」によると楽老峰と呼ばれ古くは美屋古山と呼ばれた所で市営住宅の楽老ハイツが建ち並んでいる住宅地です
 楽浪ハイツから400mほど北に進むと左右に中原街道が通っています
冬の空気の澄んだときは富士山や丹沢連峰が望めるところです

 

慶長18年(1613年)徳川家康が中原街道を使い駿河に向かう途中 この見晴らしの良いところで休息したところこの地の住民が差し出した湯茶を飲んんだと言い伝えられています
 更にこの地を「楽老」又は「楽老峰」と命名したととの言い伝えもあります
国土地理院の「標高」でこの地の高さを調べてみますと海抜86.1mあります
楽浪ハイツを建設するとき土地を削り平らにしたようですから昔はもう少し標高もあったかと思われます


また 楽老南公園から相鉄線を渡り南に下ると「富士見通り商店街」があります
この富士見通り商店街はちょうど馬の背のように高くなった通りで商店街通りの左右の土地は一段低くなっており昔は富士山が良く見えたと思われます
 ここも国土地理院の「標高」で高さを調べてみると75.9mあり楽老ハイツから見ると
10mほど低いだけですから 昔はこの商店街の通りからも富士山が良く見えたはずです

三ツ境駅から富士見通リ商店街を通り抜け800mほど南に下っていくと右側に「宮沢」と呼ぶ地名が出てきますが昔からこの付近 田畑の多い農村地帯であったため住民の移動も多くない土地柄であったと思われ 昔からの旧家などに言い伝えが今も残り「徳川家康」が鷹狩りに来たとの伝承が今も残っているそうです


 2018.1.14のブログで「徳川家康鷹狩りの痕跡」を書き込みましたが天正18年
(1590年)初めて江戸幕府を開くため江戸に向かったのが中原街道で 東海道を使わず中原街道が好みだったようです
 このことは「駿府記」に記載されているそうです

 
横道にそれますが駿府記とは徳川家康の政治・外交・宗教・文芸などについての記録だそうですが信憑性が高く家康に関する重要な史料とのことです

瀬谷区には中原街道が横断していることから徳川家康が鷹狩りなどでこの地に出現したり地名を命名したとか また和歌を詠んだ などの痕跡が散見されるところで



motomoto4 at 15:20|PermalinkComments(0)

2018年08月13日

桂歌丸と吉田勘兵衛

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
IMGP5949













   今は青葉の「うたまるざくら」

IMGP5950













   「うたまるざくら」の掲示板

横浜埋め立て




























       関内・関外図


桂歌丸



























    桂歌丸さんの「従五位」

吉田勘兵衛2






























    吉田勘兵衛さんの「贈従五位」

IMGP5964 (2)












横浜橋通商店街の入り口 左側(東側)が歌丸さんの住んで
いた真金町

前回のブログで先月亡くなった落語家 桂歌丸さんに関するブログを書き込み
ましたが今回も歌丸さんです

歌丸さんの住まっていた真金町は「横浜橋通商店街」の東側の隣接地です

この付近 今から351年まで入海でした 吉田勘兵衛さんが埋め立てをしたこと
から吉田新田と呼ばれ「吉田町」「南吉田町」「新吉田川」など吉田のつく多
くはこの名残です

「横浜橋通商店街」”橋”がないのに横浜橋!!
46年前の昭和47年までは横浜橋と言う橋が架かっていました
伊勢佐木町方面から歩いてきて 昔は川であった大通公園を横切り横浜橋通商店
街に入ります
 初代の横浜橋は明治29年に完成し この時架けられてから昭和47年 市営地下
鉄工事のため川を埋め立てため76年で橋の役目を終えなくなりました

「横浜市街図」で釣鐘状の形をした関内・関外とあるところはほとんどが昔入海
です
今は横浜の中心街となっていますが真ん中の太い水色の川が新吉田川です
 埋立地の吉田新田の真ん中を水運交通の便を良くするため運河開削を進め
新吉田川として切り開きました

川は市街地のほぼ真ん中を流れますが上の方で右と左に分かれています
左に分かれた上一つ目の橋から下方に流れ ほぼまっすぐ下に向かうのが新吉田
川です

新吉田川は11か所の橋が架かっていましたが一つひとつの橋名に綺麗な名前が
付けられていました
上流から千歳橋・日本橋・坂東橋・横浜橋・長嶋橋・武蔵橋・山吹橋・千秋橋
・鶴乃橋・権三橋・蓬莱橋
 3文字で読みも響きも気持ちよい名称です

平成23年には 130店舗 長さ350mの横浜橋通商店街の名誉顧問を務めていた
桂歌丸さんにあやかり「うたまるざくら」として桜の木を商店街入り口の大通公
園 右側50mぐらいの場所に商店街の方たちにより植えられています
 今は桜も青葉が茂り他の公園の木と見分けがつきませんが 桜の花が咲くころ
また来て咲いた「うたまるざくら」の花を眺めてみたいと思います


 横浜橋通商店街協同組合は「横浜橋通商店街」の今の名称を「歌丸通商店街」
に改正しようか?との案が出ているそうです
そうなれば奥様の冨士子さんにも粋な取り扱いと喜ばれるでしょう
 それから「47代横綱 柏戸さん」「プロ野球の鶴岡さん」「柔道の斎藤仁さん」
たちと同じように桂歌丸さんには生前の功労が称えられ政府から平成30年7月2日
付けで日本国憲法施行後では12人目の「従五位」に叙せられたとのことです

吉田勘兵衛さんと「入海の埋め立てについて書くため調べていたところ大変珍し
い発見がありました
 大正13年に吉田勘兵衛さんにも「従五位」が贈られていました
ただし「贈従五位」と従五位の前に「贈」がつきますが生前に功績をあげた人に
対して没後 月日が経ってから贈る場合に「贈」をつける制度だそうです

横浜生まれで横浜育ちで亡くなった落語家 桂歌丸さん そして横浜の入海から
陸地をを生み出したとも言える吉田勘兵衛さんは下に陸地の見える高台の久保山 
常清寺に静かにねむっています
 大変珍しい偶然ですがお二人の関連付けがこのブログをアップするため発見でき
た収穫でした

「叙位」とは国や国民に対して生前多くの功労が認められた方に鄭重に厚く追悼す
る美徳で遺族・友人などの方々に大きな誉れと安らぎを与えることとなると思われ
ます

横浜橋通商店街の薬局店主の理事長と今は亡き桂歌丸師匠のお付き合いで始まった
歌丸一門の59回目の「よこはまばし寄席」が今月 8月26日開かれるそうです
薬局の定休日の日曜 午後2時からビールケースと長い板で作った講座で入場料無料
・30席で始まるそうです









motomoto4 at 14:29|PermalinkComments(0)