2018年06月24日

梅と浸透圧

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
IMGP3308













三月に咲いた豊後梅です


IMGP3504













このガラスのボールに一杯で1.25kあります今年は
これだけ採れました


IMGP3507













今年の梅酒はホワイトリカー1.8Lと氷砂糖1kgを使いました


IMGP3511 (2)













氷砂糖・梅・氷砂糖・梅と交互に瓶に入れます つけ込み完了です

IMGP3550













つけ込んで12日目です 梅はホワイトリカーの中に浮かんでいます
浸透圧の作用が完了すると氷砂糖は溶けて浮いている梅は瓶の底に
着底します


三か月前の2018.3.13のブログでアップした「塩梅----」の梅の木から
梅の実が1.25kg採れました
ここ何年も実のつきが悪く収穫(それほどの量ではありませんが?)し
なかったが今年はもぎ取り梅酒を作ることにしました


作り方はオーソドックスな
 梅---------------------1.25K
 氷砂糖---------------1K
 ホワイリカー------1.8リットル


1 青梅は良く洗い1時間ほど水につけ あく抜きをします
2 水気をふき取り一つひとつへたを竹くしで取ります へた取りをし
  ないとえぐみが出ます
3 熱湯消毒したガラスの容器に青梅 氷砂糖を交互に入れていきます
4 ホワイトリカーを入れ蓋をして冷暗所で半年保管で飲み頃になります
 二週間の間は梅がホワイトリカーにつかるようにたまにゆすっておく
  梅酒には賞味期限がありません
 待てば待つほど熟成されコクが出て美味しくなります
  我が家では10年ほど前につけた梅酒がまだ2〜3本ほど残っています

 二種類の濃度の違う液体を隣り合わせにおくとお互い同じ濃度になろう
と移動する力が浸透圧ですが梅酒もこの作用を利用したものです

漬物もこの浸透圧の現象で出来上がりますが 梅酒つくりも浸透圧とゆっく
り溶ける氷砂糖の性質が生かされます
 梅酒をつけ込んだ当初は梅の糖度が高いため梅の実の中にホワイトリカー
が侵入して梅は膨らんでいきます 
そして 取り込んだホワイトリカーは梅にエキスと香りが溶け出します

次に 氷砂糖が溶けてホワイトリカーの糖度が上がってくると今度は逆に梅
の実の中に入ったホワイトリカーが出てきます
 この浸透圧バランスが落ち着くのが三か月から半年とされているのでこの
ころから飲みごろと言われます

普段料理で野菜の煮物や魚の煮つけに使う粉砂糖を使い梅酒を作るとホワイ
トリカーの糖度が一気に上がり梅のエキスが抽出されず  さらに粉砂糖は溶け
ずに瓶の底に留まってしまうため梅酒つくりに適さないとのことです

私は試したことはありませんがハチミツを使うと口あたり良さとコクのいい
梅酒が味わえるそうです ただしハチミツを使う場合は(梅1kgに)500g
程度で良いようです
 いつも作る梅酒は ウイスキーと焼酎と今度のホワイトリカーが定番です


motomoto4 at 14:36|PermalinkComments(0)

2018年06月04日

珍事が発生

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
IMGP3434

黒竹に元気が
ありません










IMGP3433

不思議なもやし
状のものが
2〜3cmの
長さです







IMGP3432


沢山ぶらさがり
ました








IMGP3435


竹につやが
なくなりました








IMGP3431


沢山ぶら下がり
ました













驚きました 珍事が発生””
今年の四月  大変珍しい事が起きました
昔一株植えた黒竹が今33本に増えましたが 毎日 葉をパラパラと落と
して竹の病気かと思っていたところ 竹の葉の付近から「もやし」を小
さくしたような2〜3cmの糸状のものが沢山ぶら下がっています
 あまりに不思議な現象なので調べてみました---------わかりました

黒竹に「花が咲き」そして葉が枯れてパラパラと落ちていたのです
竹類はイネの仲間で長い年月 地下茎により繁殖を続けるそうですが
ある 一定の時期に達すると「花」を咲かせて種を実らせ一生を終える
そうです
 開花時期や植物学的な分類や寿命などまだ不明な部分が多いそうです
が竹は種族保存のために危機に瀕した時に花を咲かせるようで一般的に
は60年から120年に一度 枯れるようです
 
 昭和40年代の真竹にこの不思議な現象が起こり前回から ほぼ120年が
経過していることが確認できたそうです
それは何故かと言いますと  この不思議な現象が多くの古文書に記録さ
れていたことから 真竹については120年周期に間違いないとのことです

 一斉に開花し一斉に枯れる この現象がまさに病的に見えることから
開花病 十年枯病などと呼ばれ昔から恐れられていました

しかし これは一定の周期で起こる生理現象で病気ではないとのことです
60年とか120年に一度の現象を私たちはめったに目にすることはないため
竹の開花を凶事と言うようになったようです


 三渓園で竹の一種の大明竹(たいみんちく)に花が咲き----昭和3年に
開花した資料が残っていたので(今回の開花は)「89年ぶりの開花 竹の
花が可憐に揺れる 三渓園」との記事がありました(神奈川新聞2017.6.7)

竹の寿命は長いことと竹(タイミンチク)に花が咲いたことが大変珍しい
ことなので写真入りで新聞記事になりました




motomoto4 at 20:47|PermalinkComments(2)

2018年05月20日

横浜の歴史遺構

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

煉瓦遺構
























IMGP3287

開港記念会館の
前を行く2台の
普通車のとおり
前方に進むと
煉瓦壁が見えます






IMGP3296 (2)

L字形の
煉瓦壁









IMGP3323


鉄骨で補強

駐車場になっ
ています







IMGP3320 (2)



県庁側から
見たところ







IMGP3325




明治時代の
開通合名会社
のパネル画像

パネルの窓の上部
アーチ型が下の画像と
まったく同一です



IMGP3299



明治時代の
開通合名会社
の写真がパネル
展示されています





IMGP3304




無収縮モルタル
と鉄骨で補強














三年前の平成27年に公開された煉瓦遺構ですから話としてはあまり新し
くありません---------が

横浜市中区の開港記念会館前の交差点 向かい側 北仲通1−1にセントラ
ルグリルという洋食屋さんが平成23年7月31日に閉店しました
昭和・平成と50年ほどこの地で洋食店として繁盛していました
 このお店のカキフライ定食は 大変おいしかった------大変評判も良かった
-------
その他のエビフライ・ミックスフライ(もあったと思う?)・コロッケや
カレーライスなど価格もお手頃な値段でこの付近のお勤めの方々には好評
であった

私もこの付近に昭和の中頃に就職し自宅のあった南区「前里町三丁目」の
市電停留所から16番系統の市電に乗り「日本大通県庁前」まで通勤してい
ました
完全週休二日制になる前は土曜日の帰りにはランチとして食べ  出前もお願
いしたことがありました
しかし 転勤辞令でこの地を離れましたが数年後の転勤辞令で再度この地
に舞い戻り二度もお世話になりました

現在は宝くじ売り場と自動販売機と駐車場になっていますが この後ろに
うどん屋などが入っていた木造二階建ての建物があり この建物を解体の
ため外壁のモルタル壁を手作業で壊していたところ内部から「煉瓦壁」が
L字形で幅5.6m高さ4.4mで出現しました

この「煉瓦壁」は明治時代に建てられた「開通合名会社」があった場所と
のことでこの会社の建物の一部と推定されました
 この会社は横浜港から陸揚げされる貨物などの輸入品の通関事務を取り
扱う会社で明治10年に「開通社」として創立 明治24年に「開通合名会社」
と改名したが大正時代には一般運送業や倉庫業も行っていたとのことです

大正12年の関東大震災で建物が倒壊し そしてさらに昭和20年の横浜大空襲
で損壊したようです


その後 建てた建物は明治時代の「煉瓦壁」を包みこんで建て直した模様で
今回の建物解体中に煉瓦と石を組み合わせた歴史的遺構の一部として発見さ
れました
 この煉瓦遺構は無収縮モルタル(通常コンクリートは1mm27kg 無収
縮モルタルは1mm2400kgの圧力がかかっても壊れない)と鉄骨で改修補強
し所有者のご理解で歴史と町の成り立ちを後世に伝える遺構として展示保存
しています


山下公園や大さん橋方面に行かれる方は開港記念会館と神奈川県庁新庁舎
に挟まれた間にありますから見つけることは容易です








motomoto4 at 12:27|PermalinkComments(2)

2018年05月09日

----レースの日傘-----

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
IMGP3455

この木の
樹高は3mほど


大きなものでも
5mほど






IMGP3445


冬でも葉は
枯れない
常緑低木







IMGP3447


つぼみは
これから開花








IMGP3437 (2)



つぼみは
こんぺいとう
の形をしている






IMGP3450 (2)




レースの日傘
のような形の花

大きさは
2〜3cm










カルミアの花言葉はいくつかありますが「優美な女性」を例えたと
する「レースの日傘を広げたようなしとやかで美しい花姿に由来する」
とされる優美な女性 この言葉が似合います


花の名前   「カルミア」スエーデンの植物学者・探検家ペール・
        カルム(pehr kalm 1716~1779)が北米の植物探検の
        際に発見したことから付けられた名前

        アメリカ コネチカット州の州花


花の別名   「スプーンの木」アメリか・インデアンはカルミアの
        木の根からスプーンを作っていたことから付けられ
                           た名前



原産地     北アメリカ東部 及びキューバ


開花時期    5月〜6月


日本に入って  
東京市長が桜を贈ったお礼に大正4年(1915)に入って
きた時期    来たとされています      





motomoto4 at 14:15|PermalinkComments(0)

2018年05月02日

カラスの行水

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
IMGP3412

水がめを持つ
水の守護神










IMGP3413

青空に
映えます










IMGP3402












IMGP3410


カラスが
噴水の縁に
現れました








IMGP3410 (2)



トリミング
の画像です













初夏を思わせるような山下公園の噴水が水しぶきを上げ青空に映えて
輝いて見えます
これはアメリカ西海岸の港町サンディゴ市から贈られた「水の守護神」
の像だそうです


昭和30年横浜で開催された日米市長会議に出席のサンディゴ市長から
姉妹都市提携の申し出が横浜市長にあリ実行された事から経済・教育
の交流そして物の交換などに発展しこの水がめを持つ女性像の「水の
守護神」が横浜市に贈られたとのことです


噴水の写真を何枚か撮っていたところ突然カラスが噴水の縁に止まり
ました
見たところ羽が濡れていました噴水で水浴びをしていて水の中から縁
に飛び上がったようです
もう少し近いところから写そうと7〜8m歩いたところで人の動きで危険
を感じたのか飛び立ってしまいました


カラスは鳥の仲間では知能が良いと言われていますが嘴で砕けない硬い
食べ物をくわえて空に飛び上がり防波堤の硬いコンクリートに落とし殻
を砕いたり クルミを道路に置き自動車に轢かせて殻を割るなどの行動
があります
このような姿が以前 テレビに放映されました
 さらに公園の水道の蛇口を嘴と足の指を使いひねって水を飲むなどの
行動もあるようです


都会のカラスはゴミ置き場に現れビニール袋を食い破り食物をあさり
ゴミ置き場付近をあたりかまわず散らかし汚すため嫌われています

鳥たちの生態は綺麗好きで水鳥を以外のカラスやほかの鳥たちも水浴び
は毎日のように行うそうですが羽のほこりや汚れ落とし 寄生虫などを
落とすために行い 更に保温性・防水性が低下したり 空を飛ぶことに影
響がが出るためと考えられています

 綺麗好きなカラス以外の鳥たちの水浴びは数秒から数十秒の時間だそう
ですがカラスは1分〜3分ほども水浴びするようです

たとえで人間の入浴時間の短いことを「カラスの行水」などと言われま
すがカラスから言わせたら鳥の仲間では「一番長い水浴び」をしている
よと 人の言葉が話せたら反論されることになるでしょう


motomoto4 at 14:22|PermalinkComments(0)