モトラッド神戸・阪神営業部  高木のつれづれblog

中古車情報をメインに、ツーリング情報や日々の雑多なお知らせまで、多岐にわたってご紹介してまいります

毎度お世話になっております。モトラッド神戸営業部の高木でございます。

今年の冬はやたらに寒かったり雪が降ったりとバイクを引っ張り出すのがついおっくうになってしまいがちですね。


ここのところ私自身もバイクを走らせようにも出鼻をくじかれることが続いておりましたが、ようやくバイクを動かせました。


とはいえこの日はガッツリ丸一日は出かけられなかったのでハーフデイツーリングとなりました。


猪名川・能勢周辺をぐるっと一回り、随分ご無沙汰になっていたあちこちを巡ってきました。



自宅を朝9時過ぎに出発。

雪がちらついてはいますが、気にせず出発します。


宝塚の十万辻峠を通りぬけ、猪名川の県道2号にでます。

ちょうど道の駅猪名川から少し北上すると見えてくるのが、

「中元かしわ店」

P2072069_1024

(実際にはこの店舗の隣に駐車場があります。車・バイクはそちらへ)

P2072070_1024



ここも随分久しぶりの訪問です。

あんまり久しぶりなので今の様子が気になり、出発前にネットでこの店を検索してみたところなんとお店のHPが出来てました。驚いた。

中に入ると昔訪問した時と変わらず、おばちゃんが焼き鳥の串打ちを、おっちゃんが奥で鶏をさばいてます。


ここは新鮮で美味い鶏が安く手に入るのでおすすめのお店。
私も引っ越してからはこの店に来るのも随分近くなったのでこれからはちょいちょい寄ることにします。

P2072071_1024






県道12号を北上し、杉生の交差点から東へバイクを走らせ向かうのは、


「堂本豆腐店」

P2072072_1024


一見普通の民家ですが、この一角で絶品の手作り豆腐が作られています。
結構TVの取材なんかも入るらしいです。

P2072073_1024

ここももっとちょくちょく寄りたいのですが、あいにく定休日が月曜日ということで私の休みと重なっていてるのが残念。
人気の豆腐店なのでタイミングが悪いと売り切れてしまうのですが、今日は比較的早い時間なので大丈夫でした。

ここで木綿豆腐を2丁購入。


ここからさらに東へ移動。
まだ10時半ごろとお昼には早い時間ですが、午前中からお店をあけているあのお店へ向かいます。


「犬甘野そば 犬甘野風土館 季楽」


P2072075_1024

県道732号を東に向かい、能勢町から亀岡市へ超えたあたりが「犬甘野(いぬかんの)」地区。
この直売所の食事処ではおいしいそばが頂けます。

ここも随分久しぶり。10年じゃきかないくらいご無沙汰です。



P2072077_1024







P2072074_1024



相変わらず雪が舞っていて寒いですが、ここはやっぱりざるそばをいただきます。寒いけど。


P2072078_1024



いろいろメニューがありますが、この手打ちの二八蕎麦は数に限りがあるよう。

P2072079_1024
(大盛り)

P2072080_1024

久しぶりに美味しいそばをいただき満足です。



外に出ると、

P2072081_1024


雲行きが怪しい・・・

P2072082_1024


 
まあ、大雪になるようなことはなさそうなので気にしない。


さらに東へ移動し、国道423号を南下。
このあたりも久しぶりに走ります。

亀岡から豊能町に入り、 たどり着いたのは、

「ぐりとよ 山口納豆」(豊能町余野)

P2072084_1024

ここは初めての訪問になります。

P2072083_1024


 ここ豊能町で国産大豆を使用した美味しい納豆づくりを行っており、近年では豊能町の耕作放棄地を使用しての大豆栽培にも取り組んでいるのだそうです。





これは、納豆好きとしては見逃せません。

通信販売や、近隣地域にはなんと宅配まで行っているそうですが今回は工場併設の直売所への訪問です。

P2072085_1024

P2072086_1024

 

色々な地域の大豆を使った納豆、昔ながらのわらづと入りの納豆などもありますが、今回購入したのは一番シンプルな、

P2072120_1024

 「プレーン納豆10個入り税込み500円」!
見るからに美味そう。



これは早速家に帰ったら食べなくては。



ちなみに土日祝日は併設の「ぐりとよキッチン」で 「納豆食べ放題付きランチ」がいただけるそうです。

ぜひ食べたい!とは思うのですが、私は週末は仕事があって無理なのでみなさん私の代わりに行って来てください! 


山口納豆さんをあとにして向かったのは、これまた10年以上ぶりの訪問になる、

「山空海(さんくうかい)温泉」

P2072087_1024


R173沿いの一庫ダムのあたりを走っていると、木の板にペンキで手書きのちょっと怪しい(失礼)看板を見かけたことがある方もいらっしゃると思います(今もあるのかな)。

P2072088_1024





駐車場にバイクを止めて少し川沿いを歩くと、

P2072091_1024
 
プレハブのような掘っ立て小屋のようなバラックのような建物が連なっていていて、なんとも怪しい雰囲気。
和歌山の 「アイリスパーク女神の湯」(あそこも怪しい)に通じる雰囲気がありますが、こういうのに不慣れな方は尻込みするかもしれません。


あまりにご無沙汰なので記憶があいまいですが、たぶん湯小屋自体は以前とかわっていなさそうですが自信がないです。

P2072092_1024
(このマークじゃ男湯じゃなくてトイレにしか見えない・・・)

P2072093_1024

そうそう!
こんな注意書きもありました。
昔はもっとキビシイ書き方だったような・・・・

P2072100_1024

ちなみに「気分でかみつく」ワンコがいるらしいので注意してください。

P2072101_1024


P2072094_1024


 浴室に入ると、硫黄の香りが!

そう、近畿圏では(和歌山を除いて)非常に珍しい(近隣では皆無)、硫黄臭のする温泉なのです。

P2072102_1024
(ここも昔は月曜が休みだったような気がするが記憶がもはやあいまい)

よくぞこの源泉をあてたものです。


適温の湯船と、ややぬるめの湯船とが2つ(これとは別に源泉を冷泉のままためたミニ浴槽もあり)

P2072095_1024

P2072096_1024

 

無人の時は貯め湯状態なので、

P2072097_1024
 

この蛇口から源泉(加熱・非加熱)が投入できますので、かけ流し状態での入湯が可能です。

P2072099_1024
 

久しぶりの入湯ですが、やはりいい温泉です!
とくにぬる湯の浴槽はおすすめ。
空いている平日なのでゆっくり30分ほど浸からせていただきました。



久しぶりの山空海温泉を堪能した後、多田銀山のあたりから宝塚のゴルフ場当たりに抜ける短いダートを抜けてから帰路につきます。

P2072104_1024





今晩はいろいろ買い込んできた食材で夕食を作成。


P2072105_1024

これが中元かしわ店で購入した鶏肉。

上からひね鶏もも肉・胸肉、皮。

P2072106_1024


そしてうれしい希少部位白ぎも(心臓付き)!
よく言えば「フォワグラ」、身もふたもない言い方をすれば「脂肪肝」あるいは「肝硬変」?

2羽分もらったのですがえらく巨大なのがはいってました。


この鶏肉と、堂本豆腐店で購入した美味しい木綿豆腐をフライパンで焼き豆腐にしたものとで、

P2072109_1024



鶏すき焼きを作ってみました(初挑戦)。

P2072117_1024

P2072118_1024



家ですき焼きすることなどほとんどないので出来上がりが若干不安でしたが、ここは食材のうまさに助けられました!

P2072119_1024
噛めば噛むほど味わいが増すひね鶏。


そしてこれにあわせるお酒といえばやはりここは北摂を代表する能勢の秋鹿で!
今回のツーリングでも立ち寄ろうかと思ったのですが、前日にヨメがいつもの豊中の「きりもと酒店」で、


「秋鹿 生もと火入れ原酒雄町」

P2072113_1024


P2072112_1024


 を購入してくれいたので今日はこれを飲みます!


P2072114_1024

P2072115_1024

 
やっぱり秋鹿の雄町にはずれはないです。

P2072116_1024
 
通称「バンビカップ」の空き瓶にそそいで乾杯!



ほかには、

P2072111_1024
 

あくまで「自己責任」で調理の上食べております、白ぎもの刺身。
 やっぱりこれだけの鮮度のキモなら火を通すのはもったいない・・・・


P2072110_1024
 (これも中元かしわ店で購入の焼き鳥。身とずりとキモを塩で)

さすがにこれだけたらふく食べるとと腹いっぱいですが、 もう一品。

P2072121_1024

山口納豆さんのプレーン納豆をいただきます。

P2072122_1024

実にいい感じで糸が粘ります!

 
納豆好きの方にはぜひ一度食べてほしいうまさ。

世間にはろくすっぽ糸もひかないヘタレな納豆も多いなか大豆のしっかりしたうま味が感じられる逸品です。子どものころ食べていた納豆はこんな味がしていたような・・・

まずは納豆自体のうまみを感じてみたかったので最小限の塩と醤油で今回は食べましたが、ネギやらからしやらいろいろ試したいと思います。

P2072120_1024


10個もあるので!




今日は遠乗りともいえない短時間のツーリングでしたが久しぶりに訪問するところ・初めて訪問するところばかりだったのでなかなか新鮮な気分でありました。
寒い冬の間や真夏の猛暑の中など丸一日のツーリングが体力的に厳しい時期にはこうした「ハーフデイツーリング」がおすすめです!



それではまた!



 

いつもお世話になっております。BMWモトラッド神戸・阪神中古車営業担当の高木です。

中古車入荷情報です!


滅多にお目にかかれない希少車が入荷いたしました!


・HP4(2014)

P2092123_1024

車両本体税込み価格:193万円
走行:4271キロ
車検:検査受渡し
装備:スタンダード仕様装備(レーシングABS、DTC、電子制御サスDDC、シフトアシスト、シングルシートカバー)、スクリーン、ベビーフェイス製フレーム・アクスル・エンジンスライダー、純正タンクバッグ


P2092124_1024




本ブログアップ時点(2017/2/9)ではBMW認定中古車にも、GOOバイクにも掲載情報が1台もない希少車両!

P2092125_1024


「ハイパフォーマンス」を意味する「HP」の名に恥じぬ1台です。

電子制御サスペンションDDCもこのHP4に初搭載されました。

P2092127_1024

前後のホイールもS1000RRとは異なるHPアルミ鍛造ホイール。

P2092129_1024

S1000RRに後付けしようとすると部品代だけで50万円近く(!)するHPチタンエキゾーストがHP4には標準装備されています。スゴイ。

P2092130_1024


画像では一人乗り仕様になっていますが、リヤシート・タンデムステップは付属しておりますのでご安心ください(ツーリングに便利な純正タンクポーチもついています)。

また「ポジションがちょっとシンドイなあ」という方には、今でしたら中古品ですが「ササキスポーツクラブ製ハンドルアップキット」を組み込んでお渡しすることも可能ですのでご相談くださいませ。

P2092131_1024


スライダー類はベビーフェイス製。

P2092126_1024

 

P2092132_1024
 

ほとんど中古車市場に出回ることのない限定車です。


発売から4年ほど経過しておりますが、その魅力もスペックも色あせることはありません。



まさに早い者勝ちの一台です!

詳細お問い合わせにつきましては、私高木宛までご連絡くださいませ。
(2017/2/9時点ではモトラッド神戸店舗に車両展示しております)


よろしくお願い申し上げます! 

毎度ありがとうございます。モトラッド神戸営業部の高木でございます。


ここのところの寒波襲来、皆様のところでは雪の被害などございませんでしたでしょうか。
我がモトラッド神戸の店舗でも寒波が来ると年にJほんの数回のことですが、店の前の歩道が凍結することもありますのでご注意下さいませ(たいてい昼まえには溶けます)。



先日、毎年恒例の室津の牡蠣を入手するために出かけたのですが、やはり折からの寒波襲来、無情の雪予報が出ていたためクルマで行くことにしました。


阪神高速北神戸線から第二神明、加古川バイパス、姫路バイパス、太子龍野バイパスを経由。


今回は牡蠣の購入の前に早めの昼食をとります。

訪問したのは1年ぶり2回目の、

「中華そば 麦右衛門」

P1232017_1024

揖保郡太子町にある、超人気店です。
前回訪問時にとても美味しいラーメンが頂けたので再訪することにしました。

この日は開店の20分くらい前に行ったのですが我々で10番目くらい。
すでに行列になっています。

P1232022_1024

カフェのような雰囲気の店内。

P1232023_1024

(何故かドラクエ生みの親である堀井雄二氏のサインが)


今回は中華そば大盛りとおまかせ丼(この日はカレーあんかけご飯)と、ヨメは日替わり限定メニューの「干しカレイの白みそ中華そば」をオーダー。

P1232018_1024


見るからに上品なラーメン!

P1232019_1024


無化調でたぶん鶏ガラと魚介系のスープですが魚臭さもなく非常に洗練されています。ぷりぷりの太麺とよく合います。
炙った鶏肉や太いメンマもおいしい。

P1232020_1024



こちらが本日の限定麺。

P1232021_1024


 限定麺は大盛りがデフォのようです。

ちょうど昨年初めて訪問した時もこの白みそ中華そばでした。

非常にクリーミーでこくがあるのにくどくないという絶妙の味加減。



今回も堪能させていただきました。





食事のあとはR250にでて西へ。
室津の海岸線、通称「七曲り」に入口にある「道の駅みつ」へ。

P1232024_1024


この七曲りは風光明媚な海沿いのワインディングということでバイクも多いところなのですがさすがにこの日はバイクはほとんど見かけず。

P1232026_1024

ここにもいろんな海産物がありますが、

P1232027_1024

野菜類もとてもいいものが安く購入できるのでおすすめ。
(とくに「御津の大根」は有名)


今回は立ち寄りませんでしたが、せっかく室津まで足を延ばしたら古の港町の雰囲気の残る「室津の町並み」あたりがおすすめ。


このまま七曲りを西に行き、これまた毎年恒例の「住栄丸」へ。

P1232028_1024

P1232029_1024
(室津のかき大将)

ここの直売所でむき身を500グラムと佃煮を購入。


帰りは加古川バイパスを途中まで走り、数年前に開通した東播磨道(東播磨南北道路)へ入ります。

この東播磨道がちょっとした曲者で、ジャンクションの案内板には「三木・小野方面」としっかり書いてあるにもかかわらず、いまだ全線開通していないため(今調べたら全通予定は2021年らしい・・・)加古川市内であっという間に強制下車させられてしまいます。


まあ、今回は知ってて入り込んだので別に良いのですが。


最近全国各地で無料高速(?)といった感じの自動車専用道路ができていて、ルーティングの幅が広がるのは大歓迎なのですが、このように「通じてもいない行き先なのにさもそこまで高速が開通していてそこにICがあるみたいに案内板が造られている」ことが多いような気がします。

土地勘のない知らない土地でこれをやられると面喰います。




この東播磨道を走っているあたりで雲行きが怪しくなってきたなと思ったら、

P1232035_1024

いよいよ降ってきました!

バイクで来ていたら泣きが入るところです。

P1232037_1024

どうもこの稲美町のあたりは午前中から(?)雪が降り続いていたらしく、すでに田畑や家の屋根の上も積雪しています。

幸い路面はウェットなだけでシャーベット状にもなっておらずまだ安心です。

それでも三木市内に入り、神戸市北区淡河のあたりにくるころには全く雪がない。
雪の降り方というのは局地的なものですね。

P1232042_1024



わざわざ淡河経由で帰路についたのは、もちろん「豊助饅頭」が目的!

P1232038_1024


P1232039_1024


「満月堂」です!

道の駅「淡河」のすぐ近くにあります。
日頃の行いが悪いのか、なぜか私が訪問しようとすると定休日だったり臨時休業だったりとフラれることが多い店です(満月堂さんのせいではない)。


今日は大丈夫、開いてました。

P1232041_1024



P1232060_1024



この超極薄皮のこしあんまんじゅうのうまさがこたえられん!

P1232061_1024

あったらあっただけ食ってしまう危険が大なのでいつも10個入りしか買わないことにしています。

前回紹介の和歌山新宮の「香梅堂の鈴焼」と並んで「悪魔の食い物」スイーツ部門の二大巨頭といえます(次点は御影・高杉のバトン)。


写真を撮り忘れましたが、この日はほかにこしあんどらやきとイチゴ大福(ここでは初めて見た)も購入しましたが当然ながら美味かった。


帰宅後さっそく牡蠣の調理に入ります。

P1232045_1024


この500グラムのむき身。

P1232046_1024


だいたい30個ちょっと入ってました。
サイズもまずまずの大きさ。

調理のしやすさを考えるとこれくらいが扱いやすいです。

P1232047_1024


冷水で振り洗い、刺すような冷たさが堪えます。

半分は鍋に。

P1232048_1024


みそ鍋のもとは、北陸地方の名物、「まつやのとり野菜みそ」!
高木家の冬の定番です。

P1232051_1024


1年ぶりの室津の牡蠣、旨し。

残り半分はカキフライに。
やっぱり牡蠣を一番おいしく調理する方法はフライではないかと個人的には思います。

P1232053_1024

昨年覚えたあの「バッター液」のおかげでで衣付けも簡単に、そして美しく(私の腕にしては)揚がりました!

バッター液のレシピは色々あるみたいですが、「卵1、小麦粉60g、水60cc」でカキフライ20個弱が十分まかなえました。

P1232054_1024


揚げたてのカキフライほど美味いものがこの世にあるのかと食っている時には思いますね。


秋鹿の純米酒が幸い少し残っていたのでカキフライと合わせましたが、

P1232052_1024

揚げ物にも負けない強い酒です。

ビールはごちそうの時にしか飲まない(飲めない?)、サッポロラガー、通称「赤星」!

P1232056_1024

 
P1232057_1024
(グラスはダバダ火振ですが・・・)




非常に幸せな晩餐でありました。

また牡蠣のシーズンのおわるまでにもう1回くらい買い出しに行こうと思います。



それではまた!
 

このページのトップヘ