MOTOツーリング編集部ブログ 全国を走り回って作る、ちょっとおバカでとことん役立つ"元祖"雑記帳的バイクツーリング専門誌の編集部ブログ

月刊モーターサイクリスト誌にモトツー&カン吉登場!

こんにちわ!
さて、春号発刊して4日目。モトツーの季節がやってきました。

昨今は書店の倒産も多い中、多少ですが部数増もさせて頂き、読者の皆様には深くお礼を申し上げます。
近隣に書店が無い場合は、出版社まで御遠慮なくお問い合わせ下さいませ。

さて、今日は「月刊モーターサイクリスト」誌についてのお話。
EPSON001





















こちらは、八重洲出版より毎月1日に発売している総合バイク雑誌。スクープや新車紹介からロードテストやインプレ等、様々な方向からバイクをレポートしております。
創刊は1951年。数あるバイク雑誌の中でもかなり老舗の1冊で、濃厚な記事内容にて多くのファンを獲得している有名な人気雑誌なのです。

この4月1日発売号での特集は、旅力【ツーリングパフォーマンス】
EPSON003










特集内容は…

【アドベンチャーの個性とはなにか】
HONDA CRF1000L AFRICA TWIN/DCT × BMW R1200GS × SUZUKI V-STROM650ABS

【“のんびりバイク”の限界性能に挑む!】
KAWASAKI W800 × TRIUMPH STREET TWIN × DUCATI SCRAMBLER

【「最強の旅力バイク」はこれだ!】
バイク業界の識者が〝主観〟で選出

【考察「どこまで走れるか?」】
燃費と航続距離にまつわるTIPS集

【スーパースポーツに旅力はあるのか?】
SSで精力的に旅する2人の真意

【Column】
 愛車のツーリング性能を街頭調査
 風をコントロールする
 純正オプションで旅力は飛躍する

…とこんな内容です。


で、この有名誌とモトツーが何の関係があるかって?

実は…モトツー誌&私、カン吉が少しだけ出演させて頂いたのです。
巻頭特集内の 「最強の旅力バイク」はこれだ! 企画にて、僕にとっての最強旅バイクについてお話させて頂きました。しかも、超先輩方と並んでの掲載。
大変恐縮ながらも嬉しい経験です。
EPSON002










僕が選んだ、最高の旅バイクはZ-1。
また、かなりのロートルマシンですが、意外とオフロード性能が凄いんですよ(笑)。
ビッグオフが侵入可能な場所は大概走破可能という、中々変態的な性能が嬉しいですね。
…なんて、軽い気持ちで寄稿させて頂きましたが、その他大御所の諸先輩方の前では、少々異質な内容だったかもしれませんね(笑)。

お互いに発行する会社は異なりますが、読者層も異なりますし、互いの雑誌において良い流れとなれば、とても素晴らしい事だと思います。
貴重な体験を、大変ありがとうございました。

モトツーはあくまで“旅”に重点をおいて雑誌を作っておりますが、皆さんはメカ本体についても大変興味がありますよね?
そもそも“バイク雑誌”とは、メカ的な部分にクローズアップする性格が強い為、僕たちのような“バイクの楽しみ”の焦点を絞った雑誌はあまり多くはでていないのも現実です。
だからこそ、ボク達の雑誌も生き残って?いるのかもしれませんが、個人的には新車やメカメカしい記事も読みたいのが本音ですね(笑)。

モトツーを発行しております内外出版社も、実に歴史のある出版社であり、老舗のバイク雑誌を発行しております。

新車スクープをはじめ、バイク総合誌である月刊ヤングマシン
EPSON005
 





















BIGバイクに焦点を絞った、正統派テスト誌&ノウハウ誌である月刊BIGMACHINE
EPSON006 




















メカ&バイク好きには堪らない、読み応え抜群の両誌です…が、モーターサイクリスト誌も負けずとも劣らない素晴らしいバイク雑誌。
会社は違いますいが、書店では皆仲良しです。

こちらの方も宜しくお願いしますね~♪

 

NEWS!編集部一部移転のお知らせ!

カン吉です。
ついに本日、モトツーVOL23が発売です。
そこで…大NEWS?発表しちゃいます。

昨年より始まった、古民家改装ゲストハウス創設企画。
ついに、今年に本格稼働を目指す為に、私、カン吉が宿主として、長野県に移住致します!

そこで、このゲストハウスを、更なるモトツー取材&情報収集の拡充を目指した拠点ともする為に、MOTOツーリング編集部長野支局として活用する事と致しました。

誌面での旅マインドを、リアルに体験できる設備を備えた新しい立体メディアを目指した新たなチャレンジ!

皆さん、気軽に遊びに来て下さいね♪


さて、ここで改めて我等がゲストハウス“一里塚”のご紹介をさせて頂きましょう!

フィールドは長野県飯山市。日本一の総延を誇る千曲川流域の、小さな農村が舞台です。
旬は通年ですが、特に今からの季節は菜の花が最高!
IMGP2632










激ヤバの絶景ですぞ!
IMGP2639










雄大な千曲川の水面と、どこか癒される日本の原風景が広がる長閑な地域です。

建物は築約150年の古民家。有志で宿泊施設として改装中!
IMGP5851










雑誌のスタッフ達と遊ぶ機会もあるかも!?

用水路は未だに自然のまま。古来の自然が残る奇跡の地です。
湧水が豊富な里山の麓。夏はホタルが乱舞する幻想的な風景が自慢ですよ。
IMGP5931












民泊が流行っていますが、一里塚は宿泊業許可を取った施設として営業を行う予定です。
様相は随時フェイスブックや誌面で公開致します。
お手伝いスタッフや宴会担当&居候も大募集!
詳細は発売中のモトツーか下記フェイスブックをご覧くださいね!

古民家ゲストハウス一里塚FB  https://www.facebook.com/ichirizuka.iiyamashi/
QRコードでもアクセスOK!
QRcode









宜しくお願いします!
トップJPG改造JPG 

MOTOツーリング23号発進!まであと2日…

カン吉です。
さぁ~て、次号春号の発売まであと2日となってきました。
そこで、発売前ですが次号のネタを大公開!
ん~WEBって便利ですね~(笑)

次回のネタは…
MT23p1_X1-aPDF入稿用0003 






















はい。「知られざる日本一を探せ!」って言う事です。
桜?春?そんなのカンヶ~ネ~♪ (でも桜ネタは京都でガッツリありますよ~)

一年の旅始まりなら、やっぱディープネタでしょ!
日本一な物件の大集合!しかも意外なネタを厳選。
言うなれば~あなたの隣の日本一~です。

意外とコレあるんですよ。日本一古いとか、日本一大小とか、日本唯一のとか…
そんなネタが大集結です。

詳しくは誌面へ…ですが一寸、立ち読みといきましょう★

(千葉)
10
 









コレ、便所だよね~ 

(東京) 
12










何かの部品?でも正式な菊の御紋が! 

(千葉)
IMGP7594 










修行中?

(群馬)
06 










要塞? いや巨人を防ぐ壁か?

(愛知)
37 










うん。しらす丼。このナニが日本一?

(広島)
38










海…だよね。つまり船? いや廃船!?

…とこんなカンジで蘊蓄諸々色々あります。

実は付録も凄いんですが…まぁ、それは買ってからのお楽しみですかね(笑)

宜しくお願いします!!!!