★久保田博二さんのプラチナプリント

マグナム所属の唯一の日本人写真家、久保田博二さんの写真をプラチナプリントにしました。久保田さんのダイトランスファープリントのポートフォリオに入る予定だそうです。 今回は全てお任せプリントだったので自分なりのイメージでモノクロのシルバープリントを 作成し、そのプリントをスキャニングしてプラチナ用の拡大デジタルネガを作成しました. デジタル登場以前にアナログプロセスで拡大ネガを作っていたことを考えるともうこれは何 と簡便なことでしょう。でもでもでも最後に1枚のプリントになった時に写真の微妙なニュ アンスを醸し出すのはアナログ拡大ネガを使用したプリントなんですよね。 ーーーと思いつつデジタルの便利さにもう負けそうーーー。

★予定

以下のテーマをクロスオーバーさせながら進めて行く予定です。

■プロジェクトのドキュメント

 *ダゲレオタイプ:「ダゲレオタイプ再生プロジェクト」
 *湿板写真:「生の光を捕まえろ」
 *「Modern Masters of Photography-Japan」:日本を代表する現代写真家のアーカイバルデジタルプリントによるポートフォリオ作成


■古典印画法
   
  ・食塩紙 :ソルテッドペーパー
  ・青写真 :サイアノタイプ・ニューサイアノタイプ
  ・鶏卵紙 :アルビュメン
  ・湿板写真:アンブロタイプ、ティンタイプ、ネガタイプ
  ・白金紙 :プラチナ&パラジウムプリント
  ・焼出紙 :P.O.P.
  ・茶写真 :ヴァンダイク

  ・拡大ネガの作り方(アナログ&デジタル)
  ・紫外線光源
  ・薬品
  ・支持体(紙)
  ・歴史
  ・参考資料(文献、WEB-SITE)

■復元プリント
 美術館、博物館、資料館などにコレクションされている写真のプリント再生

■ゼラチンシルバープリント
 五感に刺さるプリントの作り方

■モノクロデジタルプリント
 アーカイバル・デジタルプリントの作成

★始めまして

皆様、始めまして。

モノクロ&カラー写真のカスタム・プリントラボ「ザ プリンツ」代表のプリンター/久保元幸です。

このブログを通して、私共が従来行ってきた写真ラボというイメージを一歩進めて、アナログからデジタルまでを包括した新しいスタイルの『モノクロ専門工房』として、各種印画法のノウハウや展示・保存・復元方法などを皆様にご提供させて頂きたいと考えております。

興味を持たれた皆様方の御参加をお待ちしております。


久保元幸


過去の記事
  • ライブドアブログ