Hiroshi Sugimoto Autobiography:影老日記

unnamed-3






c947f631







杉本博司さんから今年の3月に上梓された自伝「影老日記」をお送りいただく。ありがとうございます。

著書にある「空間感」で述べられているプラチナプリントのプロジェクト「杉本博司 月下紅白梅図屏風」は夜に咲く紅白の梅と月の明かりで鈍くかがやく水の流れをいかにモノクロで表現できるかが課題でした。

そこで考えたのがアルミナWコートという手法です。

まずアルミナという吸着力の強い微細な粉を支持体の紙に塗布し、その上にプラチナ感光液を2度塗布して露光をし現像処理をします。このことによって漆黒の黒と鈍く光るハイライトを現すことができました。

アナログの手法はプリント工程が多いほどいろいろな問題が起きやすいのですが、予想に違わずこのアルミナWコートもプロジェクト開始直後はいろいろな問題が起こりそれを解決するまでかなりの時間を要しました。
特に杉本さんは原寸大の紅白梅図屏風に拘ったため30x40インチのプリントを12枚制作して繋げることにしたのですが、何よりも難しかったのは1枚1枚手作りしたプリントを並べたときに12枚のプリントの調子がすべてたがわず揃っていることでした。
いろいろな問題をクリアーしながらテスト開始から1年後に杉本さんに満足していただけるプリントができあがり工房の役割は無事終了しました。
今振り返ると世界でも類を見ない貴重なプリント制作に携わることができたことはこの上ない喜びです。

ページをめくりながら、著書の帯にある「忍び寄る老いの影に伝うべき言の葉を残す」の言葉がやけに身に沁みる今宵です。

(備忘録として「杉本博司 月下紅白梅図屏風」完成までの道のりをブログの時系列で遡ってみた)

2015年10月24日for Paris Photo
2015年02月24日Outdoor and Inside or Under Moon Light
2015年02月22日 now on view at MOA Museum of Art 
2015年02月06日杉本博司月下紅白梅図屏風 完成
2015年02月03日Special Exhibition commemorating the 300th anniversary of Korin’s passing, “Irises & Red and White Plum Blossoms ~ Korin’s Art / Korin & Japanese Modern Art”:MOA MUSEUM
2015年01月07日Hiroshi Sugimoto:Red and White Plum Blossoms in the moonlight
2014年12月12日National Treasures:Ogata Korin「 Red and White Plum Blossoms 」「 Irises 」
2014年10月29日4New Project:Actual size New type
2014年10月29日New Project:Actual size New type
2014年10月27日New Project:Actual size New type
2014年10月16日The traditional and Innovative skill using the Japanese paper
2014年10月14日New Project:Actual size New type
2014年10月05日Present of the chemical change
2014年10月01日New Project:Actual size New type
2014年09月26日New Project:Actual size New type
2014年09月22日New Project:Actual size New type
2014年08月27日unit under test
2014年08月19日Red and White Plum Blossoms / Korin Ogata:MOA MUSEUM OF ART
2014年08月05日Red and White Plum Blossoms / National treasure:Korin Ogata

「杉本博司 月下紅白梅図屏風」は現在熱海のMOA美術館にコレクションされています。

Shin Sugino:New exhibition is coming soon

IMG_2276

IMG_2452

現在、東京と京都のライカギャラリーで同時開催の展覧会「Pilgrimage II Leica as Plenary Indulgence」を開催中の Shin Sugino さん。

今まで上記20x24インチ・プラチナプリントのポートフォリオ「PILGRIMAGE」「TINTYPE 」の2作品と展覧会「re-vision」のプリンティングディレクターを務めさせていただいた。
7月2日より本邦初お目見えの「アルミナWコート」のプラチナプリントの展示が始まります。
詳細は追ってお伝えします。乞うご期待 !!

c4192a81-s





アルミナWコート(左側)」凄いです。
あはは、これでは分かりにくいですね。
是非会場に足をお運びください。

Shin Sugino:amaryllis sunflower
20x24inch Diptychs Platinum&Palladium Print from Wet Collodion Tintype

Gravure

スクリーンショット-2022-05-21-17.30スクリーンショット-2022-05-21-17.31スクリーンショット 2022-05-21 17.29.32









フォトグラヴュールのことを初めて知ったのは今から約40年前の写真雑誌 Aperture のJon Goodmanの特集記事だった。その後フォトグラヴュールに対する熱い思いを熟成させながら約30年後の2010年、初めてフォトグラヴュールのワークショップを受けに初夏のマサチューセッツのJon Goodmanの工房を訪れた。その際に今までの銅版ではなく感光性樹脂板を使用するポリマーグラヴュールの存在を知って同年の秋にClay Harmonのワークショップを受けにフィラデルフィアへ。
そして今回はさらに進化してアクアチントやネガを使用しないダイレクトポリマーフォトグラヴュールを。
ワークショップ参加から10年以上の歳月をかけて思い続けていたことがやっと国内で形になるかな。

Jon Goodman :Art of the Photogravure
Clay Harmon:Asheville Made

Photo of the girl and Yukichi Fukuzawa, replica production

2cb685ac
ⓒ 慶応義塾大学・福澤研究センター

あれからもう13年になるのだなー
これから複数の湿板プロジェクトを同時進行でやるので過去の事例をいろいろと思い出している。

福澤研究センター 都倉武之が語る福澤展のツボ
女の子と福澤の写真、レプリカ制作
少女との写真、ケースに戻る

福澤諭吉 ガラス湿板写真 レプリカ作成 準備
福澤諭吉 ガラス湿板写真 レプリカ作成 
福澤諭吉 ガラス湿板写真 バーニシング テスト
修復家 白岩洋子さんとの仕事

Ichigo Sugawara :TOKYO MIDTOWN GALLERIA

unnamed-1
トウキョウ ミッドタウン ガレリア 1F:「ISETAN SALONE

菅原一剛さんと一緒に制作した今までの作品の一部がご覧いただけます。6月14日火曜日までです。
・湿板アンブロ 8x10インチ:なま撮り「椿
・湿板アンブロ 20x24インチ:グラスプリント「奄美」「日陰から見える光、湿板ガラスプロセス
・湿板アンブロ 10x10インチ:グラスプリント「吹上浜
・プラチナ&パラジウムプリント:「リーバイス・ビンテージジーンズ 原寸大
・屏風:「
・写真集:「TSUBAKI
・写真集:「Daylight | Blue

Exploring Kyoto

unnamed

京都探訪
夜の帳が下りていく京の都の街並みはいつ来ても魅惑的

杉野信也・巡礼 免罪符としてのライカ:ライカ祇園花見小路レセプション

便利堂さんのコロタイプはとても進化していた
山本修さんからたくさんのヒントと宿題をいただく

辻村史朗

越前和紙工房:訪問は次の機会に

これから始めるプロジェクトに向けて実り豊かな4日間

「わらじや」夜に「祇園まんま」でまんまを頂く

The Tokyo Photographic Art Museum : Exhibition

unnamed-1

 恵比寿
 ・写真技法からみる「写真発祥地の原風景 幕末明治のはこだて」:YouTube
 ・写真発祥地の原風景 幕末明治のはこだて:Geneses of Photography in Japan: Hakodate
 ・TOPコレクション 光のメディア:Light as Medium

マイナー・ホワイトのプリントは美しい
杉浦邦恵さんのカラーは良いな

Visit to work site to develop new photographic process.

unnamed


















下町の佇まい
とても面白くなりそうな
予感


2022/05/01:It's a rainy day.

unnamed-1














皐月に入った。
東京と京都のライカギャラリーでの写真展のために2年ぶりにカナダから来日された杉野さんとお会いする。
いつもいつもモノつくりに対するエネルギーに感化されて力づけられます。

杉野信也 写真展 「Pilgrimage II Leica as Plenary Indulgence」 
 Leica STORE Japan
 Shin Sugino

Roberto Huarcaya : seis series del fotografo peruano seran expuestas en la muestra “Cien del MUAC” | ENTREVISTA:El Comercio




comercio+cuerpos+develados+2













Roberto Huarcaya
Libro de autor, AMAZOGRAMAS & Angela:CENTRO DE LA IMAGEN
Roberto Huarcaya:Google

ⓒ El Comercio
過去の記事