2008年11月25日

GK乙

「新しいパソコン買ったよー」とブログに書いたのがもう2年も前ですか。
早いもんですね。

この夏からソニーカスタマーサポートとケンカしてます。
梅雨も終わろうかという時期に、酷使してきたVAIOに不具合が出てきました。
こういう時はリカバリーディスクですっきりさ!と、言いたいところなんですが、うちのVAIOさんにはリカバリーディスクがついてません。自分で作れ機能があるのでまずはリカバリーディスクを作れというのです。
が、そもそもちょいちょい普通のCDすら焼けない状態になっていたわけで、リカバリーディスクなんかできるはずもない。
3年延長保障を受けていたのでVAIOをソニーさんに里帰りさせてすっきりさせる事にしました。
ついでに自分も広島に帰ってすっきりしました。
東京に帰って修理されたVAIOを受け取ったら「修理箇所:キーボード ハードディスク DVDRWドライブ モニタ ケーブルの蓋」って添え書きが。
おいおい、メモリと蓋以外全部じゃねーかw

でもこれですっきりぱっきり、リカバリーディスクも作れるぜ!
と、思って初期設定してDVDRWを入れてリカバリーディスクを作りはじめたわけなんですが、5分ぐらい何か書き込んで「書き込み失敗しちゃった!」って表示が出るわけです。
おいVAIO、DVDRWのメディアが一枚いくらか知ってるのか?
なんて思ってもう一度チャレンジしたら、また5分ぐらい何か書き込んで「書き込み失敗しちゃった!」って表示。
ここでおいらがソニーカスタマーサポートに怒りの電話。
私「修理出したばっかりなのに駄目っ子じゃん!」
GK「すみません、じゃあまた修理に出して下さい」
私「仕事でも使ってるパソコンをそうほいほい修理に出せるわけないだろ! そんなこと言うんなら代替機よこせ!」
GK「それはできないのでお客様の修理記録を調べてみますね」
1週間後
GK「すみません、お客様のマシンは工場出荷時から不調があることがわかりました」
ざけんなGK! それ普通にリコールだろ!

GK「つきましては修理に出していただきたく……」
私「軽がるしく言うなっつってんだろ!」
で、2ヶ月ぐらい押し問答。頭に来たので消費者センターに相談してGKに電話。
私「消費者センターに相談したんだけどさあ、もうVAIO返すからお金返してよ」
GK「代替機の用意できたので修理に出して下さい」
なに権力への柔軟な体制。
最初から代替機だせよ。

てなわけで今日、ようやくもう一度うちのVAIOは修理に、私の手元には変わりのVAIOが来たんです が

おいらのVAIO>ノートだけどグラフィックカードバリバリのメインマシンでも十分イケル奴
代わりのVAIO>今流行でないインターネットマシン


今流行でないインターネットマシンというのは意図的に用途をインターネットに絞ったマシンではなく、結果的にインターネットしかできないという大変厳しいマシンの事です。

あああああああ NVIDIA GeForce グラフィックカードが恋しいいいいい
ってことでしばらくなんだかVAIOが不自由です。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/motsura888/50745138
この記事へのコメント
サポートってそんなもの。
マニュアル以外の返事は一切ありえないからね。
相手が日本人ならまだマシで、片言の日本語とかも増えた。

メーカーに直接苦情を言うか消費者センターに言うと効果があるのは何処も同じですね。
Posted by fumifumi at 2008年11月25日 13:06
コメントありがとうございます
にしても「消費者センター!」って言葉にはものすごいパワーがありますね…
来月第一週を超えても修理されなければおいらのVAIOさんとはお別れになって返金されるそうです……
うー…
Posted by もつら at 2008年11月26日 00:48