2011年10月06日

出産

巨大台風が通り過ぎた9月22日に、無事に次女を出産しました。

前日、暴風雨の中、定期健診へ行ってみると、
高位破水しているみたいだという診察がおり、そのまま入院することになりました。

翌朝、促進剤を入れ、すぐに陣痛がついたので、無痛分娩のための麻酔を投与。
定期検診のとき助産師さんが、
二人目出産のとき無痛麻酔を入れた瞬間に子宮口が全開になり、
麻酔が効く前に出産してしまったと言っていたのですが、
私も同じく、すぐに全開に。
そのあと1時間程で産声を聞くことになりました。

麻酔は無事に効いて、痛くは無いけれど
いきみたい感覚はあるベストな状態。
一人目出産では叫びまくって助産師さんに怒られていた私も、
今回は全スタッフに褒められる優等生w

あまりにも余裕があるので
いきみの間に雑談し、
研修に来ていた看護学生の見学も快く許可。
ものすごく楽なお産でした。

周りでは、生まれた子が、
一人目と同じ顔だった、びっくりした、懐かしかったって言う人が多かったので、
うちもそんな感じなんだろうと思っていたら、
胸の上に乗せられた一人目と似ているけれど少し違う顔をみて、逆に驚きましたw

名前は「さっちゃん」とつけました。
みーちゃん、ディアナちゃんともに、これからよろしくお願いします。


ものすごい甘えん坊のみーちゃんは、
「もうすぐお姉ちゃんになるの?よかったわねー」とかっていろいろな人に話しかけられても、
困った顔をするだけなので、
きっと新しい家族を受け入れられないと思っていたんですね。

ところが生まれてみたら、ものすごく可愛がってくれていて助かっています。
可愛がりすぎて、ミルクを自分があげるんだ、とか、
ミルク作ってくるとか、抱っこするとか、
ちょっと2歳児には無理じゃない?ってことまでやりたがるのが面倒なぐらい。

二人目育児は、そりゃたいへんだけど、
想像していたより疲労感がないのは、上の子のそんな態度と、
一人目のとき以上に協力的な主人のおかげ。
しばらくして、一緒に遊べるようになる日を、とても楽しみにしています。

motymotymoty at 23:43|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2011年03月14日

近況報告

地震怖かったですね。
でも、揺れに怯える日々は昨日で終わりで、
今日からは節電・停電対策をはじめとして、戦う日々のはじまりです。

我が家は全員元気です。
都内へ仕事に行っていた主人の帰りがたいへんでしたが、
あとは大きな被害も無く過ごしています。

最近、つわりがきつかったり、みーちゃんのぐずりが激しかったりで、
昼も夜も一緒に布団に入っていることが多いので、
携帯電話(i-mode)を活用しています。
スマートフォン流行の今、時代とは別の方向に進んでいる私です。

そんな中起きた大地震。
情報を得るのにTwitterが大活躍しました。
良い情報源を探さないといけない手間はありますが、
たいへん便利なツールですね。

そんなわけで、最近は、このブログも放置したまま、
つぶやいてばかりいます。
私の近況報告はそちらのほうが早いかと思いますので、
もしお手間でなければたまに覗いてみてください。

@mocha_dianna

motymotymoty at 13:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年02月03日

ご報告

二人目を妊娠しました。

公にするのは安定期まで待ってみようという気持ちもあったのですが、
あまりにもつわりが辛いのと、
節分だしちょうどいいかと思って(何が?w)書いてしまいます。

9月の下旬が予定日です。
みーちゃんはその頃、2歳8ヶ月ぐらいになります。


横浜は出産できる病院や産院が少なくなってしまい、
お産難民が発生しているらしいのですが、
中でも希望する病院(みーちゃんを出産した病院)は、
妊娠6週目で分娩予約がいっぱいになる異常っぷり!
とりあえず予約できて一安心です。

総合病院だからか待ち時間が長く、
みーちゃんと一緒に通うのはたいへんなので、
30〜32週ぐらいまでは別の産婦人科で観てもらうことにしました。


二人目、三人目の妊娠では、
無理してしまった結果、トラブルを抱えることも多いみたいなので、
今はつわりがひどいのもあって、とにかく休むようにしています。
みーちゃんが暇にしちゃっているので、良くないなとは思いつつ、
ついつい録画していたテレビ番組とかDVDに頼ってしまっています。

昨年11月からベビースイミングを始めて、
ようやっと慣れてきて楽しそうにしていたのですが、
こんなわけでやめてしまったのは残念。
みーちゃんとは、体操もスイミングも、
親子一緒のクラスはもう参加できないんだなと思うとちょっと寂しいです。



motymotymoty at 00:07|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!妊婦生活 

2011年01月20日

お誕生日

本日、みーちゃんの2回目のお誕生日。
おめでとう、ありがとう。


お誕生日


ケイママがすーちゃんのお誕生日に
素敵な旗たてていたので、真似しました(笑)

お赤飯はお姑さんからもらったもの。
ケーキっぽいものの土台はホットケーキ。
普通のケーキと思って口に入れると、かなり重い(笑)
もしかしたら「ケーキも買ったわ!」とか言われるかもしれないと怯えて、
とりあえずイチゴとホイップクリームだけ用意していたので、
こんな感じになりました。



「赤ちゃん」って、日本ではだいたい1歳までを指すようです。
お洋服は、24ヶ月までがベビーのカテゴリーというところも多いから、
2歳になった今日、もう完全に「赤ちゃん」からは卒業。

「魔の2歳児」とかって言うほど、2歳は扱いにくいそうなんですが、
1歳半ぐらいからみられた何でも嫌がってぐずぐずするのも、
言葉の種類が増えるにしたがって落ち着いてきたように思います。

最近、ふざけることができるようになって楽しいらしくて、
何をやるにも時間がかかって、それが新しいイライラの原因になっていますが、
ギャーギャー泣いて怒る原因がわからず困っていた頃に比べると、
かなり楽なものです。

でも、私自身の自由な時間がだんだんとなくなってきて、
それが辛いところですかねぇ。
よく拝見していたブログでは、赤ちゃんの頃は毎日更新されていたのに、
2歳ごろから更新ストップしてしまうといことが多いんですが、
理由がわかってきた今日この頃です。


秋から冬に掛けて、あまり背が伸びなかったので、
今年の冬はサイズ80の服でのりきれるかなと思っていたのに、
今月になってからぐんぐんと背が伸びて、
物によっては買ったばかりのサイズ90でも、
ちょっと小さめかなと感じるぐらいになりました。

もう2歳になれば、買う服のサイズに迷うことも少ないだろうと思っていたのに、
子どもの成長って想像以上で驚きます。


新しい一年も、みーちゃんにとって、
笑顔と発見が多い年になりますように。

2010年12月31日

今年の5大ニュース

毎年、大晦日に紅白を見ながら、
ブログを書いたり友達とオンラインで遊ぶのを楽しみにしていましたが、
今年は約2歳児(アラニ)に振り回されていて、その余裕もなく、
これを書いているのは年明けてだいぶ経っています。

…って書きながら過去を振り返ったら、
2007年の大晦日も何も書いてないし、
今年に限ったことじゃなかったみたいで、ちょっと安心。

今年の5大ニュース。


第一位は、なんといっても家購入と引越し。
「あんな家に住みたい」と思っていたこの家に住んでいるなんて不思議です。
出会いに感謝しています。

地域の人たちも恵まれ、新参者の私達に良くしてくれる人が多く、
ここに引越して本当に良かったなと思います。
みーちゃんとディアナを連れていると
声を掛けられやすいっていうのもあると思いますが、
9年間のマンション暮らしではほとんど知り合いができなかったのに、
既にこの町では多くの知り合いができました。


第二位は、引越しに伴う仮住まい。
マンションが先に売れてしまい、
家のローン実行やリフォームに時間がかかってしまったので、
お姑さん自宅もある会社事務所の開きスペースを仕切って
3ヶ月ほど暮らしていました。

とにかくたいへんだったなー。
特にご飯の用意が思っていた以上の苦労でした。


第三位は、ペーパードライバー返上?
引越し先のこのあたりは小さな商店が頑張っている地域で、
ここで日常必要なものをそろえるのは可能なんですが、
ちょっとこったものとかは大きなスーパーまで行かないと無理なんですね。

私は自転車に乗れないので、ひたすら歩くか、
もしくは休日に旦那に連れて行ってもらうかになってしまいます。

将来、子どもが「ケーキをつくりたい」って言ったとき、
(そんなこと言うかどうかわからないけれどw)
買い物へ連れて行ってあげられないのはかわいそうだなと思ったのがきっかけで
車の運転の練習をしてみようと思い立ちました。

教習所のペーパードライバー教習へ2時間だけ行ったのですが、
それより役にたったのが、運転が好きで地元を良く知る旦那の助言。
そしてオデッセイの駐車アシスト機能のおかげもあって、
必要な場所にはとりあえず行けるようになりました。

運転できるようになって本当に嬉しい。
練習に根気良くつきあってくれた旦那、ありがとう。

…と、運転に慣れてきたところで、第四位が起きます。



第四位は、事故。
ショックでブログにもツイッターにも何も書けませんでしたw

年末の混んでいる道、直進が渋滞している中、
右折レーンに入ろうとしたらタクシーにぶつけてしまいました。
誰も怪我はなく、タクシーの運転手さんもとても良い人だったのが救いです。

でもね、今回は物損だけで済んだから良かったけれど、
どんな事故だって、ほんのちょっとした不注意、甘い判断が起こすもの。
大事故を起こした加害者と同じ過ちを犯したんだと反省しています。

しばらくは初心に帰って、近所のスーパー通いで練習です。



第五位は、娘といろんなところへ行ったこと。
どれも近所ばかりで、旅行ではないんですけどね。

公園で鳩を追いかける楽しさや、
舞い落ちる葉っぱの美しさや、
粘土の気持ちよさなど、
子どもがいなかったら忘れていたことを思い出させてもらえた1年でした。

来年はもっともっといろいろなところへ行けたらいいな。

motymotymoty at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!そのほか 

2010年12月05日

横浜美術館 子どものアトリエ 親子のフリーゾーン

前から気になっていた、横浜美術館で行われている
「親子のフリーゾーン」というプログラムに参加してきました。

場所は、横浜美術館の中にある「子どものアトリエ」。
12歳以下の子どもと保護者が対象で、中学生以上は入場料として100円かかります。
中では「粘土」「絵の具」「紙工作」の3つの遊びを自由に行うことができます。


まずは入口付近の粘土へ。
黒い土粘土はやわらかく、とても感触が良かったです。
私達が子どものころ幼稚園で使った油粘土とはまた違うものですね。

粘土


作品名「ご飯を食べるディアナちゃんと、パンダ」
もちろん私がつくりましたw

みーちゃんは創造的なことはまだまだできないけれど、
コネコネしたり、ちぎったりして楽しそうです。

ほどほどに飽きた様子なので、粘土を返して、道具を洗って次へ行きます。
このプログラムでは、思いっきり遊ぶのも大切だけど
「道具を洗って返す」というのも大切なことと位置づけているそうで、
子どもでも楽に片付けできるように工夫がみられました。


絵の具1


次は、絶対に家では経験できない絵の具遊び。
壁と床に紙が貼ってあって、そこに思う存分絵の具で書きます。

ものすごく楽しかったようです。
洗うのがめんどうだなと思って、手足を絵の具で縫って、
スタンプして遊ぶのは教えないでおこうと思っていたのに、
お隣の親子を見て勝手に学んで、気がついたらやってました(笑)


絵の具2


仕舞いには、まだ濡れている床の上の作品(ただ黄色い絵の具が塗られているだけ)の上を
とててて〜と通ろうとして滑って転んで下着まで黄色くなる有様。

「着替えがあったほうがいい、絵の具は洗っても落ちにくい」ということだったので、
汚れても良い服を持っていったのですが、
それにしてもひどい状態になってしまいました。

この絵の具の部屋は、今日は冬なので室内で行っていますが、
夏の天気の良い日は屋外でやっているそうです。
「今日は室内なんだって」と話をしている親子が何組かいたので、
きっと子供達に大人気なんでしょう。


紙工作は、まだはさみを持たせると危なそうだし、
ワクワクさんを見ながら簡単な工作は一緒にやっているしってことで、
今日は行かないで終了しました。

とにかく楽しかった!
着替えもたいへんだし、絵の具は聞いていたとおり洗っても落ちないし、
いろいろとめんどうではありますが、
それを差し引いても楽しくて良いプログラムでした。
1ヶ月にだいたい3回行っているらしいので、
また機会があったら行こうと思います。

2010年11月28日

NHK「ワンワンとあそぼうショー」へ

横浜も、銀杏並木に黄色い絨毯が現れる季節になりました。

日本大通


先週の日本大通の銀杏並木。


山下公園前


こっちは今日の山下公園前の銀杏並木。
綺麗に掃除されてて絨毯になってませんでした。

あぁ、もうすっかり冬。
寒いの嫌だけど、がんばるかー。


山下公園と中華街の間、神奈川県民ホールの裏側に、
神奈川芸術劇場(KAAT)とNHK会館が入る建物ができました。

その、NHK側が昨日オープン。
記念イベントとして「ワンワンとあそぼうショー」を行うというので、
事前に応募していたら当たったので行ってきました。

ロビーに作られたステージ前に、パイプ椅子を並べた微妙な場所(笑)で、
ワンワンと体操のお姉さん(番組では裏で子役さんたちの指導をしているそうです)が
いくつかの歌を歌ったり、手遊びをしたりしました。

みーちゃんはすごく眠かったみたいで、
半分寝ぼけたまま過ごしていましたが、
ワンワンが出てくるたびに反応していたので、
喜んでいたみたいだし、生ワンワンを怖がることもなかったみたいです。
最後に「ぐるぐるどっかん」が流れると、
目を完全に覚まし、私のひざの上から降りて踊り始めたので、
「ぐるぐる〜」の順番がもうちょっと早ければなーと、残念に思いました。


ワンワンが途中疲れてしまって、むせながら退席する場面があり、
旦那は「中の人本物?」と言っていたのだけど、
中の人は代理で、それすら演出だと思ってしまう私(笑)
ま、中の人が本物かどうかなんて関係ないんですけどね、
子どもが楽しそうにしていただけで満足。

motymotymoty at 23:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年11月19日

まーまいん!

すっかり晩秋。
あー、寒い。

冬へ向かって


この先ずっといけば冬。


昔、友達が「秋が好き、秋いいよーねー」って言っていて、
断然春派な私からすれば、
秋って風が冷たいし、これからもっと寒い冬に向かうなんて嫌だし、
その気持ちがわからんと思っていました。

だけど、犬を飼い始めて、
真夏の暑さから開放される秋もいいものかもねって思い始め、
そして、子どもが1歳後半になった今年は、
どんぐりや落ち葉を楽しそうに集めるのを見て、
秋の楽しさを少し理解できたように思います。

でも、やっぱり春が好き(笑)


うちの子、みーちゃんは、言葉が若干遅めなのですが、
それでもここ最近いろいろな言葉が出てくるようになって楽しくなってきました。

不思議な発音でも、何回か聞いていれば、
それが何を言っているかわかってくるんですが、
ずっとわからないのが「まーまいん」

私は自分のことは「お母さん」って呼んでほしくて、
「お母さんは・・・・」「これはお母さんのだから・・・」って
常日頃自己紹介していたんですね。
でも、周りの人は「ママはどこ?」とかって言う人が多く、
旦那にいたっては「もっちゃん」って教えている始末。

「ママはどこ?」で私のところに走ってくるあたり、
どうやら、「ママ」っていうのが私のことっていうのは
理解しているっぽいです。
だから「まーまいん」=「ママ」=私のことなのかなって思ったのですが、
全く別の場面でも「まーまいん!」って叫んでいることあるんですよね。

いつかなぞが解ける日が来るんでしょうか。
それとも一生なぞなんでしょうか。

2010年11月02日

キャッツ出演者一日郵便局長イベントへ

昨日、年賀状の発売日にあわせて
横浜中央郵便局でキャッツの出演者が一日郵便局長に就任し、
先着30名に購入した年賀状を手渡してくれるというので、
みーちゃんと行ってきました。

登場した出演者の方は、ラムタムタガー役の阿久津さんと、
ボンバルリーナ役の麗子様。

麗子様が記念品が入った紙袋を手渡していたので、
並んでいる間、必死に、
「あのお姉さんからバッグもらうのよ」と言い聞かせ、
無事に泣かずに受け取ることができました。

肝心な年賀状のほうは、阿久津さんからいただいたのですが、
フクロスキーなみーちゃんは、もう興味あるものは手に入れているし、
大きな頭のお兄さんにびっくりして固まるだけだったので、
私がもらっておきました。

みーちゃんは、5ヶ月のとき、
JR東日本のイベント「横浜・神奈川デスティネーションキャンペーン」で
遠目から麗子様を拝見したことがあるのですが、
今回、1歳9ヶ月にして大接近。
まだキャッツそのものは観にいったことはないですが、
なかなか将来が楽しみです。


郵便局や劇団四季のカメラマンさんに加えて、
新聞社や地元テレビ局の取材も入っていたので、
もしかしたらどこかで画像つかわれちゃったりして、
なんて思っていたら、神奈川新聞のサイト(カナロコ)に
写真が使われているのを発見!

紙面そのものにも、小さく載っているのかなと思い、
新聞を買ってみたら、なんと、


新聞一面掲載


下のほうですが、一面に載っていました(笑)
ちょっとびっくり。

新聞と一緒に移っているのが、
記念品としていただいたポスト型貯金箱とピンバッチです。


いい思い出になりました。
将来、立派なミュージカルオタクになって嫁に行くときまで、
大切にとっておきましょう。

2010年10月24日

3年ぶりのベリパへ

今日は、ディアナのブリーダーさん(Wild Berry Corgis)主催の集まりに行ってきました。
Berry's Party 略して「ベリパ」です。

みーちゃん妊娠中の一昨年と、
ハイハイして手に入れたものは何でも口に入れていた去年は
お休みしたので久々の参加でした。

ベリパ


立派にディアナを散歩させているように見えますが、
これは、ディアナちゃんの成分の半分が優しさでできているおかげです(笑)

ディアナはみーちゃんに慣れているから、
ちょろちょろ走っていても怒ったり怯えたり脅したりしないのですが、
他のコーギーたちも全くそんなそぶりはなく、
改めてコーギーって賢くてやさしくて優秀なワンコだなと思ったのでした。

子ども漬けの毎日ですが、
久々に犬関係の仲間に会えて楽しかったです。

motymotymoty at 21:06|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!犬との暮らし