ここのところ忙しくしていて、あわただしい毎日を送っていたのですが、ふと気が付くとダサインが来ていました。。。10月1日がダサイン初日で、ガタスタパナです。どおりで、浮かれたネパール人が多いわけです。

ダサイン中のネパールは、お祭りモード一色となります。この時期のネパール人は本当に働かないですし(トレッキングガイドなどはさすがに稼ぎ時なのでちゃんと働きます)、頭の中がお花畑状態になっているんです。

ダサインが本格的に始まるのは、10月8日のプルパティから。このころからお店やレストランは閉まり始め、11日に最高潮を迎え、その後は余韻でダラダラと15日ごろまでは 、社会的にストップしていると思います。
※まぁ、16日以降も今度は次の祭り、ティハールに向けて、相変わらずのお花畑状態が続くのですが。

というわけで、10月8日からはタメルもお土産屋さんやレストランが閉まるところが出てきますので、やや不便になります。カトマンズよりもポカラのほうがオープンしているところが多いそうなので、この時期はポカラに行くか、トレッキングで山の中に入ってしまったほうが良いかもしれません。

この時期は、ローカルバスは基本超満員(みんな実家に帰省するため)ですし、タクシー料金は値上がりします。また、TAANオフィスやイミグレーションオフィスなども、「本来なら開いているはずなのに、ネパール人職員の気分で早めに閉める」なんてことが多々ありますのでご注意を!