2016年12月15日

アメブロに移転しました

皆さんおはようございます。

久々のアップです。

実は、10年以上前からこのライブドアとアメーバブログと2つアップしていましたが、このライブドアブログは、設定が変更になり、文字の大きさや画像のアップが、上手にできなかったので、アメブロに集約していました。


ところが、ある後輩から電話があり、モーちゃんが死亡したか何かあったのか心配して、おそるおそる電話してきたと申しておりました。

すみませんが、そんなことで、以下のサイトがアメブロです。
これからは、こちらにいらして下さい。

http://ameblo.jp/mouritakanobu/


mouritakanobu at 09:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ビジネス | 経営

2016年09月14日

お客様の笑顔が最大の報酬

皆さんおはようございます。

経営コンサルタントのモーちゃんこと毛利たかのぶです。


さて、コンサルタントの仕事で、最大の喜びは、クライアントの笑顔です。

4年前の4月にコンサルを受けた会社が、どんどん業績を伸ばし、年商10億を突破する目処が立ちました。


当初は、メインバンクからも廃業か法的手続きを勧められおり、ノンバンク、カードローン会社からもいっぱい借り入れをしていて、社長も給与も取れない状態でした。


その会社が条件変更を解除して、いよいよ目標としていた年商10億も見えてきました。

4倍もの売上です。


工場の生産管理をして、利益を上げるために、7月から作業着を着て、ヘルメットを被りトヨタの工場へ出張っていましたが、親会社から地方に協力店を持ちたいので、やってくれないかと話があり、どさん子のモーちゃんは、北海道を指名して、11月に道庁主導で、訪問することになりました。


中部企業誘致委員をしているので、少しは貢献できるかなと思っています。

こうした躍進も現場の社員が一丸となり、やってきたことが大きな力となりました。


このように諦めなければ、いつかは光が輝きます。


お客様の笑顔が最大の報酬です。





mouritakanobu at 09:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ビジネス | 経営コンサルタント 名古屋

2016年09月13日

年商5億の壁を破る

皆さんおはようございます。
経営コンサルタントのモーちゃんこと毛利たかのぶです。

さて、昨日は10年前に知り合った若者が起業してビジネスパートナーを連れてきました。
その若者は、今年創業10周年ということなので、ちょうど知り合った頃に起業したようです。

そのビジネスパートナーは、生保マンですが、ほぼ年商5億から10億円規模の経営者とお付き合いしているようです。

帝国データバンクの調べによると、日本の企業の95%は、年商5億以下です。
1億にも満たない企業は、全体の7割を超えます。

これば、先ずは1億を超えようとか5億を超えようという目標がなく、昨年と比較して、超えた減ったと云っている経営者が多いからだと思います。

ようは、自分で、目標を超える術を持っていないから、漫然と今の状態に満足してしまっていることが大きな原因だと思われます。

モーちゃんも37歳になり起業しましたが、いきなり年商8億、負債93億の会社からスタートしたので、借金が多いことには、鈍感になり、金銭感覚がおかしくなったのかもしれませんが、この会社の売上を12億にまで、引っ張りましたが、大変な作業でした。

土日など休みは一切なく、家に帰る時間もほぼ11時過ぎでした。
これを2年続けました。
こうして、自分を犠牲にしたからこそ、結果が出たのだと思います。



mouritakanobu at 08:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ビジネス | 経営コンサルタント 名古屋

2016年09月12日

時計業界の勢力図

皆さんおはようございます。
名古屋を拠点に活動している経営コンサルタントのモーちゃんこと毛利たかのぶです。

さて、昨日、一昨日は、名古屋市で開催されていた『ふるさと全国県人会まつり』の北海道ブースにボランティアで参加しておりました。
夕方、息子君がFPの試験が、あったらしく寄ってくれました。

合格したら自分のご褒美として、フェリージのカバンを買いたいということで、松坂屋に寄ってそのカバンを確認しました。

その後、これに合格して次の試験にチャレンジして合格したら時計のオメガが欲しいとのことです。

なぜオメガか聴いてみると、先輩に勧められたとのことです。
「ロレックスかオメガがいい」とアドバイスされたようです。
なぜロレックスかと言うと、日本で一番人気があって、価格が落ちないとの説明だったそうです。

たしかに、日本人はこの時計が好きですよね。
ロレックスが好きなのか?
ロレックスをはめた自分が好きなのかはわかりませんが、町を歩いているとどこでも見かけます。

では、オメガはなぜ人気があるんでしょうか?
あまり意識したことがありませんでしたが、何となく安心感がありますよね。

しかし、オメガは、今ではスォッチグループです。
経営が悪化し、スォッチに買収されてしまいました。
そういうと、ロンジンもそうです。

この辺の歴史を知ると、会社経営の存続の厳しさが理解できます。
1600年代にイギリスやフランスが、時計造りに一歩先をいっていました。
ところが、国を2分する戦争が勃発して、その戦火から逃れた職人が、スイスで時計造りを始めます。

ところが、1969年にセイコーが電池式のクオーツ時計を発表してからスイスの時計市場は、激減してしまい職を失います。

そこに表れたのが、レバノン出身の経営コンサルサントのニコラス・ハイエックでした。
彼が「スォッチ」というクォーツをプラスチック製ケースに入れたファッション時計を1983年に発表してから日本に傾きかけた時計をスイスに再度引き戻したのです。

そのスォッチは、今では世界No1の時計ブランドとして君臨し、ブレゲ、ラドー、ブランパン、ハミルトンなどを買収して、今の地位を築きました。
何が一番のポイントかと言うと、スイスでも中の機械を作っている会社は数社しかなく、その一番の「エタ社」を買収したことが、大きな功績です。

当時は、ロレックスもエタの機械を使っていましたので、このエタ社を独占したことにより、大きく躍進を遂げました。

そうした経緯もあり、各社自社で機械を作らなければいけない羽目になり、時計の価格も2倍、3倍に跳ね上がりました。

ムーブメントも自動巻きからクォーツになり、また自動巻きに移り、時計業界もあの手、この手で、消費者の興味の持ち処を変えて、揺さぶりをかけています。

そんなことを考えながら1つの時計を観るのも楽しいですよ。











mouritakanobu at 09:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ビジネス | 経営コンサルタント 名古屋

2016年09月09日

あなたは周りからどう思われていますか?

皆さんおはよございます。
経営コンサルタントのモーちゃんこと毛利たかのぶです。

さて、今朝のメールで、知人が資金繰りの関係で、事務所を移転するとありました。
恐らく、少し家賃の安い地域に移転するのでしょう。

昔、『007名古屋商法』というメルマガを書いておりました。
当時は、メルマガも走りで、名古屋地域では、そこそこ有名になってくれて、出版社からも「本にしたい」とオファがあり、2冊出版されました。

そんな経緯もあって、若い起業家の知り合いがたくさんできました。
しかも、そんな人達から狂牛病で大型焼肉店を閉店し、2億もの借財を抱えていたモーちゃんにいろんなネット関係のアドバイスも受けました。

最近まで、モーちゃんは、名古屋市栄の一等地のビルに区分所有で、15坪ほどの事務所を構えておりました。
これを売りたくても担保に取れているし、自分も移転する費用もないので、暫く使っていました。

しかし、駐車場も月額8万円(2台)を支払っていたし、コストがかかるし、泊まりの出張も多かったので、何とかお金を工面して、春日井市の自宅の隣に事務所を新築して移転して、栄の事務所を賃貸にしていました。

当時、移転した時に、借金を返済したらまた一等地に戻らないといけないよとか、本当は自宅でやっいるのに、レンタルオフィスを中心地に借りたり、電話と郵便物だけ受け取る見栄で、中心地にこだわる人が多いことに気が付きました。

ダイレクトレスポンスマーケティングのミリオネア(年収2億円以上の人を言う)のダン・ケネディは、当初は一等地で、社員を雇用して事務所を構えていたそうですが、通勤時間やコストのことを考えて、オフィスを自宅にしたということです。

そして、「あなたが何者であるかは関係がない。あなたがどう思われているかが全てを決める」と言っています。

やはり、事務所の体裁ではなく、自分をどう観られているか?です。





mouritakanobu at 09:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ビジネス | 経営コンサルタント 名古屋

2016年09月07日

広島カープの優勝による経済効果は

皆さんおはようございます。
経営コンサルタントのモーちゃんこと毛利たかのぶです。

今日は野球の話をしますが、今年は、ダントツに広島カープが強いですよね。
優勝すると25年ぶりだそうです。
広島カープは、言うまでもなく自動車のマツダのチームです。
三大都市を抜かすと札幌、福岡に継ぐ人口がおり100万都市でもあります。

モーちゃんは、企業誘致や町づくりも行政から依頼されてやることがあるので、こういうことは敏感に反応します。

どうしても人口に推移するからです。
やはり、チームが強くなると大きな経済効果が現れます。

誰もが、強いものに憧れるということですよね。
広島県は、最盛期から比較して、3万人人口が減少しました。
市町村の数も86市町村あったのに、今では23になり、事業所も15.6万から13万に減り、決して将来は明るいと云えません。

そんなところに25年ぶりで優勝を飾れるということは、また1つ魅力が増したと云ってもいいでしょう。
車ももっと売れるでしょう。

モーちゃんは、マツダがロータリーエンジンを造っていた頃にRX8という車を欲しくて見に行ったことがあります。
シートが狭くて断念しましたが、早い車も憧れです。
このように特色を持ったものを造って販売するって、とっても魅力的です。

あとは、シートが広くて、モーちゃんでも座れるものにすれば売れると思うんですがね!




mouritakanobu at 09:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ビジネス | 経営コンサルタント 名古屋

2016年09月05日

感情は商品を買わない

皆さんおはようございます。
経営コンサルタントのモーちゃんこと毛利たかのぶです。

最近、購買心理学を勉強しています。
こういうのってアメリカが得意ですよね。

例えば、5歳の子をショッピングセンターへ連れて行きます。
すると、そこにアイスクリーム屋さんがありました。
すると、5歳の子は、眼をギラギラさせて、アイスのショーケースに釘付けになって、瞬時に食べたい商品を決め、「これ食べたい」と言います。

ところが、親が「すぐにご飯だからね」と静止します。
すると、子は泣いたり、ダダをこねたりして、買ってくれるまで感情を露にします。

しかし、大人はどうでしょう?
動物的本能から学習と経験を繰り返し、
アイス=太る
アイス=冷えて下痢をする
アイス=糖尿病
などと、いろんなことを考えて食べることをしません。

タイトルのように「感情は商品を買いません」
従って、感情に商品を売ることができません。
では、何に対して、商品を買うのでしょう?

それは、『欲求』が支配するというものです。
この欲求を発掘させる勉強をしているのです。

まだまだ勉強が足りないので、先に進みますが、こういうことを考えて自社の商品を販売しているのでしょうか?

このように『購買意欲』をそそる訴えを勉強するととっても役に立ちます。




mouritakanobu at 10:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ビジネス | 経営コンサルタント 名古屋

2016年09月02日

失敗を繰り返す人の3つの特徴

皆さんおはようございます。
経営コンサルタントのモーちゃんこと毛利たかのぶです。

さて、いつも読んでるメルマガに
『失敗を繰り返す人の3つの特徴』というのが、ありました。

1 決断を下すのに時間がかかる
2 心変わりが早い
3 絶えず、心が揺れている

これを聞いて納得しました。
世の中、本当にこういう人が多いのです。
どうでもいいことに時間をかけて、中々決断しない

決断は、1日でというのが、モーちゃんの主義です。
何故なら今まで死ぬほど悩んでいた案件を思い起こしても、やはり最初に考えたことを実行しているからです。

2と3のことは、決断の遅い人の性格から来るところが多いと思います。




mouritakanobu at 09:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ビジネス | 経営コンサルタント 名古屋

2016年09月01日

酒のラベルのウンチク

すし



























皆さんおはようございます。
名古屋を拠点に活動している経営コンサルタントのモーちゃんこと毛利たかのぶです。

さて、今日は日本酒のラベルについてです。
上のシャメは、『I LOVE SUSI』です。

パンダ


























これは、『パンダまつり』です。

残骸


























そして、これは徳島の『残骸』です。

これらのお酒は、日本酒の通から言わせると邪道だと云って嫌います。
私は、美味しければ問題はないという性格です。

どれもそこそこのレベルで、美味しいです。
とってもインパクトがあり、超人気で、すぐに品切れになるようです。

このように、ラベルで興味をそそり、眼に止める。
そして、酒販店が、味についてウンチクを云う。

数千というアイテムから突出して、興味をそそらせることは、とっても大切だと想います。

皆さんも飲んでみては如何ですか?




mouritakanobu at 09:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ビジネス | 経営コンサルタント 名古屋

2016年08月30日

構え、撃て、狙え

be5083ab70765f9be907cee45c08a5d0_400
皆さんおはようございます。
名古屋を中心に活動している経営コンサルタントのモーちゃんこと毛利たかのぶです。

今朝は台風も去ったようで、宇宙晴れです。

さて、この写真は、猿が銃を構えていますが、皆さんは新規客をどうやって集めているのでしょうか?

モーちゃんは、永年この商売をしていますが、こう質問して明確に答えた人はおりませんでした。
何となく、今の取引先は、漫然と誰かの紹介で、現在進行形で取引をしているという会社が多いのです。

営業君がいないというのか、営業などの専門職を雇用できる力がないのか?
だと思います。

私もダン・ケネディのダイレクトレスポンスマーケティングを学ぶまでは、漠然とその辺を考えていたに過ぎませんが、

まずは、営業の基本は、マーケティングです。
ところが、ほとんど人がマーケティングの意味を間違って覚えています。

よくマーケティングの意味を考えて下さい。
この意味は、見込み客を顧客にするために価値を提供し、お客と信頼関係を築いて、お金をもらうという意味です。

それには、
マーケット・・・誰に売るのか?
メッセージ・・・どんなオファをするのか?
メディア・・・どこに仕掛けを置くのか?

この3Mが大切なんです。

よって、この猿の画像は「構え、狙え、撃て」ではなく、「構え、撃て、狙え」ということです。







mouritakanobu at 10:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)経営コンサルタント 名古屋 | ビジネス