引っ越し

さて新blog完成

キャバもしてない今ネタがない
そしていつもケータイから打ってる私はケータイを変えて打ちづらさもハンパなくて

blogつまんないかもしんないけどすいません


まとめ

今日引っ越しが大体終わりました

仕事用のケータイ(先日解約した)には連絡が取れなくなったお客様達からの怒りの連絡が殺到

すみません


でも何故だか店にサービスを求める方ほど怒りが凄い

「あの店のキャストはなってない
「付け回しが良くない」


結局、私達に「キャスト」を求めてたんだか「恋人」を求めてたんだか…


ピンドンを入れてくれた方も執着がもの凄かったのでピンドンは
「止めてほしい」
と拒否をしてたんですよ

周囲に借金をして来てるのも知ってたし


でもピンドン強引に入れて 前に一度関係を私から切ったけど
「もう一度君を口説くから
全てやり直すから!」
…接客してる以上は下手な事は言えず…

こうなるのが嫌だからBirthday当日までメールも電話もシカトしてたし
唯一送ったメールは
「お願いだから、私は何も出来ないから来ないで下さい」

だったんだけどな…

彼をそうさせてしまった私なのかもしれない


とにかく辞めた後のメール・電話は苦痛で返すこともできなかった


こんなことは言い過ぎなのかもしれないけど キャスト業をしてる時、
「心がレイプ」されてる感覚だった


レイプなんてされたこともないけど 無理して笑って
「お前今の話聞いて濡れてるんだろ?
ほら見せてみろよ」

たくし上げられそうになるドレスを必死で阻止する
ボーイは気づいてはくれない

当たり前だ
ボーイがいない時を見計らってんだから


幾らSな私でも仕事なら…指名なら相手に合わせなければならない時もある

だって…お給料貰ってるんだから
それで生きてるんだから…



幾ら心の中で悪態をついた所で気持ちは傷ついたまま…
だけど 笑う
媚びる


だって それが仕事だから


風俗は経験したことないけど彼女達は凄いと思う

「笑顔+身体」を提供しなければいけない
笑顔の時点で辛くなっている私はきっともし働いたら壊れてしまう気がする


同伴も苦痛だった
エレベーターなんて乗りたくなかった
2人きりになると途端に牙を向く存在に頭の中をフル回転させながら どうすればお客様との関係が切れずに交わせるか?
を考えていた


そんな私は町田1店目を一度いきなり辞めた…
理由は
「常連客にエレベーターで無理矢理キスされそうになったから」

たったそんなことかもしれないけど凄くショックだった



確かに全員が全員そうな訳じゃない
だけど 指名のお客様の多くは優しさの中に強要が存在する
その中で生きてくのに疲れたんだ


確かにお客様だもんね?
それを楽しんでるんだもんね?


だけど…
だけど…


強要の約束に対して実行する気のない嘘をついて自分の身を守っちゃダメですか? 


私はハタチの時に一度キャバクラを辞めた
それは偽る罪悪感が辛かったから


辞めた今
お客様達の怒りや困惑を目の当たりにして また辛くなっている


誇りを持ってやってきたつもりだったんだけど私の誇りはどこにいっちゃったんだろう?

きっと罪悪感を感じない様に色んな事をごまかしてきたのかもしれない

そんな事を考えても口説き落としたいお客様と
売上を上げたいキャストの合判する世界なんだから 考えたってムダなのかもね


私の嘘で病んでいるだろうお客様を思うと辛い

私はちょっと長くキャバクラに溺れてきたのかもしれない








次回は新blogをアップします
最後の記事…暗くなってしまってごめんなさい

終わりました

195aa6df.jpgとりあえず今は脱力です……


終わったんだ…
終わりました…



2年間の努力の集大成…


ピンドン2
白ドン2
モエピンク2
モエ白2
カフェパ3
1万シャンパン1
(これら最終日前も含む)

最終日客数12組
内、出戻り2組(お客様の意思)


最終日は同伴後は30分位 待機に放置だったり 女の子マイナスでどうなるか…とハラハラしたけど
とりあえずやりきりました


客数少ないかもしれないけど 田舎キャバにしたら頑張った方かと……



脱力…


先日の記事の暖かいコメントもありがとう

色々な意見あるかと思いますが
不倫は不倫…なんだと思います
また色恋も色恋でその裏に傷ついてる人もいる訳で……


不倫を選んだのも書ききれない位の理由がある訳で…
色恋も仕事でやってた訳だけど…



今の私の決意では彼との恋愛を育みたいし
友達や家族全員に言えない様な職業も もういいかなって思っています

キャバクラを否定はしませんが どっぷり浸かった私は
嘘も 仕草1つを演技するのも
常にケータイを気にしないといけない生活も疲れました



これから先は 少し離れた友達関係を修正したり、家族の時間も大切にしたり、キャバクラによって少し失ってきたものを修正できたらいいなって思います

不器用だから全てをバランス良く…は出来なくてプライベートで離れた人間関係も多かったんですよね…



「由香ちゃんはかなりの色恋だけど枕をせずに引っ張ってるのが凄い!!」
とあるキャストに先日言われました


知らない内にそれだけエネルギーも使っていたんだろうね


去年いた店のキャストの間で
「将来、自分の娘がキャバクラをやりたいって言ったら自分はどうするか?」
と討論がありましたwwww



私が出した意見に皆
「そっかぁ…」
みたいな反応してたけど…


その時私が言ったのは「キャバクラでもやってけそうで口説きも交わせる子どもなら勧めるけどそうじゃなければ勧めない
子どもの性格で判断する」
でした☆☆


でも今 思うのは勧めたくはないな…
学生&キャバクラ ならまだしも 夜一本は…ね



疲れたり 悩んだり
プライベートの色んな人間関係が希薄になりやすい経験をするのは私だけで十分かな
と 今は思います


就職活動での空白の期間を何て説明するの?
なんて心配しちゃうんだろうな☆☆


決して キャバクラ批判ではないんだけども 今の私はちょっぴり疲れてるみたいです
(^-^;)


キャバクラで得たもの…今は「疲れ」の方が大きくて良く解らないけど時間が経ったら解るのかもね☆☆


とりあえず自分お疲れ様☆☆
って感じかな☆


最後にもう一度更新しまぁす
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ