2010年01月

これで合格?・その2

暗記項目をカセットテープに録音し、テープレコーダーをスピーカー付き枕に接続。テープ再生しながら寝ると記憶出来るという“睡眠学習”も話題になった。同じ予備校に通っていた友達が現役時代に試したそうだ。彼、曰く「テープを聴いているうちに熟睡だよ。寝ながら合格出来たら予備校なんて必要無いし、今頃、浪人なんかしてないよ!」。もっともな話だと妙に納得した事を思い出す。
002_20100129130620.jpg

これで合格?・その1

今から二十数年前、お世話になった大学受験情報誌がある。その広告欄に面白い教材が掲載されていた。「手を乗せるだけで精神が安定しドンドン暗記ができる」……すがる気持ちは分かるんだけど、当時、これを買った受験生っていたのかなぁ?
001_20100129130627.jpg

ウトウト

寒い日が続き、急に暖かい日がやって来るとウトウトしたくなる。電車やバスに乗り、運良く座れたりするとウトウトから熟睡になってしまう。でも、このウトウト感が堪らなく気持ち良い。

百貨店

有楽町にある百貨店が年内閉店を発表した。最近では売上がピーク時の6割以下に落ち込んでいたそうである。開業から26年、時の流れという残酷さを思い知らされる。これだけしっかりした企業体だから心配無用だと思うが、従業員全員の雇用確保を願う。

資格試験

過去、二回不合格だった資格試験がある。今年、三回目に挑戦しようか迷っている。昨日、書店に行き本年度用受験テキストを見た。暗記しなければならないあの数字、あの項目、あの用語が出ている。どのテキストが分かりやすいか?並んでいるテキストに目を通しているうちに頭が重くなってきた。トラウマなのかな?心に引っ掛かっている試験だけに合格したいのだが……踏ん切りがつかない自分がいる。

手帳

毎年12月になると営業担当者が手帳を持って、お得意様への挨拶回りするのが恒例行事だった。その年も新しい手帳は準備された。「例年通り、来週から挨拶回りを始めてくれ!」上司の指示が出た。その二日後、突然、会社は倒産した。皆、茫然とした。何が何だか分からなかった。残務整理が終わり、その後、待っていたのが予想を遥かに超えた厳しい再就職活動……経営者とは何か?会社とは何か?仕事とは何か?あの時の事を忘れまいと、未使用となった手帳を今も引き出しの片隅にしまってある。
001_20100123122042.jpg

三十代

今の三十代は苦しい事や悲しい事があっても、全て“自己責任”と決めつけてしまい、他人には打ち明けない人が多いそうだ。物心がついた時から“自己責任”社会で育ってきたからという。私は“自己責任”当たり前の事だと思っている。しかし、いくら努力しても“自己責任”を果たしても解決できない問題は数多あるのだ。何故なら、人間ひとりの力なんて高が知れていからだ。もし“自己責任”が形を変え“変なプライド”となって殻に閉じこもっているなら考え直す必要がある。他人にかしこまって相談するのが嫌なら、愚痴をこぼしてみるだけでもいい……それだけでも、今より半歩前進する。

Twitter

自分のつぶやきを、知らない人達とやりとりするTwitterが人気だ。皆(勿論、私も含めて)、現代社会構造の中で多くの不安を抱く。だからこそ、他人との“ゆる~いコミュニケーション”を求めあうのだろう。ネットが生み出した便利な産物だ!そのリスクも、きちんと理解した上で有効活用したい。

紙切り

寄席に花を添えるのが色物の方々である。紙切りの林家正楽先生は、どんな客の注文に対しても綺麗に、そして的確に仕上げていく。これこそ正しく「カミワザ」である。昨年暮れ、正楽先生に“ピカチュー”をリクエストした客がいた…実は私なのだが、…正楽先生は容易くハサミを動かしこう言った。「どうなる事かと思いましたが、なんとか出来上がりました。はい、“ピカチュー”です!」客席から大拍手が巻き起こった。難しい注文にも、いとも簡単に、気負わず応える正楽先生はカッコイイ。私はそんな林家正楽先生の高座が大好きである!
003_201001.jpg

おニャン子クラブ

おニャン子クラブ元メンバー11名が缶コーヒーCMに出演するそうだ。1980年代を象徴するアイドルグループと久しぶりの再会となるわけだが、早くCMを見たい様な、見たくない様な……複雑な心境であります。
プロフィール

たいちゃん

アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
最新コメント
アーカイブ
  • ライブドアブログ