03


















GoPro好きの皆様、
「GoPro Studio」という編集ソフトがあるのをご存知でしたでしょうか?






以前から何度もお伝えしておりますが、GoProというカメラが普及しては
いるものの、せっかく撮影した素材を編集まで取り組んでいる方が
非常に少ないことをなんとかしたいと思っています。




「でも編集ソフトとか持ってないし。。。。」







そんなアナタに、コチラの「GoPro Studio」をおすすめいたします。




なんと無料です。





GoPro Studio ダウンロードはコチラ




とはいえ、最初から作るのは難しいかもしれません。

例えば、こんなのとかね。






まずは「映像が形になる」という喜びを味わうのに最適なものがあります。



「テンプレート」





なんと上記にアップした映像になぞって作るだけで、
同じ音源を使用してアップロードまで出来てしまいます。


では早速その手順を見ていきましょう。



1、ソフトを立ち上げる

46
















こんな画面が立ち上がります。



2、撮影素材を取り込む

 BlogPaint
















左端の「プラスボタン」をクリックして素材を取り込みます。


20
















こんな感じで選びます。


3、取り込んだ素材を選択してConvertします。

BlogPaint

















左端に読み込んだ映像素材が一覧で並びます。

全てを選択(Macの場合だったら⌘ + A)して、①のクリップを
追加を押したのちに、②のConvertボタンを押します。


これはFCPXで言うなれば、「読み込み」に当たるものと思われます。
GoProの撮影素材を編集しやすい状態へConvert(変換)します。



4、下ごしらえが完了したら、いよいよ料理(編集)の始まりだ!

BlogPaint
















上記3で変換している映像は順次、①のように赤いゲージが進んでいきます。
これが全て終わったら、上記タブの②の「EDIT」ボタンに進みます。




5、テンプレートボタンを起動しよう。
 
BlogPaint 


















画面はすでにテンプレートを立ち上げてしまってますが、
画面左下の「LOAD TEMPLATE」をクリックします。


すると、すでにYoutubeのGoProチャンネルでも見た事のある
スタイリッシュな動画のテンプレートがいくつかあります!!

34 

























で、コレがすごい重要なんですけど、ここの青い部分をクリック
するのを忘れないでください。

 
BlogPaint

























クリックすると、なんと追加のテンプレートが
ダウンロード出来るんです。


51






























6、テンプレートに従って編集してみよう。

やり方はいたって簡単2ステップ。

①取り込んだ左側の素材を
②タイムラインに入れ込む


以上!!!!

 BlogPaint



















基本、iMovieの予告編と同じですね!!!


極端なハナシ、これだけ埋めてもカッコいい映像が出来ちゃいます!
でもせっかくなので、ちょっと調整する楽しみも味わってみましょう。




7、素材のタイミングを調整する。

BlogPaint


















映像をタイムラインに取り込むと、赤で囲んだ部分が出て来ます。

何もしない状態だとコレが先頭に行っています。
そしてバーの長さはこのタイミングで使われる素材の長さを表します。 

上記の画像の例で言いますと、実は先頭は日の出が建物に隠れていました。

そこで赤で囲んだ部分をちょっと後ろにずらすことで、日の出が
出るようにタイミングを調整しました。


こんな感じで、選んだ撮影素材を一つづつ見ていってそれぞれの
「ベストショット」でつないでいくわけです。





8、色補正をして最後の仕上げをしよう。

 画面の左下に色補正のフィルターがあります。
色々あるので、試してみてもいいかもしれませんが、個人的には
「Protune」というフィルターが一番GoProっぽい感じになります。

54 





























9、いよいよ書き出そう!!!
 
BlogPaint



















大きなタブの3つ目「EXPORT」ボタンを押して完成!!!!


あとはiphoneに入れるのもよし、iPadで見るもよし。
Youtubeにだってあげ放題!!!





そんな感じで出来上がったがコチラです!





あとこないだのヨット映像もリメイクしてみました。








【まとめ】

imovieの予告編機能の時にも力説したのですが、テンプレートから
学ぶことは非常に多いです。

もともとがクオリティの高い動画なだけに、どのようなリズムで
映像を作っているのか、ということはもとより実際に自分が
当て込んだ映像と元の映像を見比べた時に、どのような違いが
あるのか、ということが分かり「撮影方法の改善」さらに
「今後の撮影の工夫 」というように、発展的な考えを持つ
きっかけに多いになるからです。


「学ぶ」という語源はもともの真似をすることの「まねぶ」という
言葉から来たとも言われるように、いきなりゼロから編集を
するのではなく、こういったテンプレートから人気動画の
作り方を「マネ」するところから入るのもありだと思います。



それはさておき、普通に楽し過ぎますので
GoProを買ったけど、編集までは手をつけていなかった方にこそ
コチラのソフトはおすすめです!!




【本日のレシピはコチラ】
 








com