2017年01月10日

あなたが好きです大好きです映画十選2016

こんばんは。こうんです。

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。

ホンネンモヨロシクオネガイイタシマス。

☟なんとなく最近テレビで観て好きになったシシバナザルちゃんの画像を貼っておきますね。

3e7930c9 






っていうか久々の更新です。なんか全然書いていないけど、せめて年間ベストを書いておかなきゃと思って…。

それにしても昨年末のキャリー・フィッシャーさんa.k.a.レイア・オーガナ姫の崩御ですよね…そのショックがいまだ続いており、ときどき思い出しては涙ぐんだりしますが…。しかし映画は続くよどこまでも!

沈みがちな気持ちを新規にする意味も込めて、2016年に観た新作映画の僕のベスト20の開陳でぇーす。

あんな傑作、こんな名作…いい映画いっぱいありましたね。

巷間言われているように“邦画豊作”なんてこともありましたけど、僕は洋画邦画問わずに「みんないい映画作ってくださった」的な感謝に充ち溢れております。

しかしまぁ世界的にもアニメ映画とスーパーヒーロー映画が興行収入の上位ほとんどを占めていて、この趨勢はしばらく続くのでしょうが、中規模のドラマ映画とそのあたりを主戦場とする才能がVODに流れてしまうのを本当に危惧しております。

映画の最低条件は、大人数で大きなスクリーンで観ること!頼みますよ!
 

…といった主義主張もなくはないけれど、あんまり見栄えというか対外的なことを考えずに並べたら、ベスト5は見事にジャンル映画が揃ってしまいました(笑)。

誰ともカブらない自信がありますが、これが僕の2016年の愛している映画たちです!
 

続きを読む

movie_kings at 21:00|PermalinkComments(0)

2016年06月24日

クリ―ピー 偽りの隣人

こんばんは。

こうんです。

37年間の僕の人生の中に、2つの“完璧な瞬間”があります。

ひとつはのちに傑作と呼ばれるようになる映画「回路」にエキストラ参加してしっかり画面に映ったこと。そしてもうひとつが、その撮影現場におられた麻生久美子(女神)さまと握手してもらった…ということです。


「クリ―ピー 偽りの隣人」(2016

NYAFF2016FIRSTFILMSNEWS1











隣に住んでいる香川照之に「作りすぎたんでどうぞお食べになって?」と炊き出しレベルの大量のシチューを持って行ったら怖い目に遭います。

ねぇ奥さん、予告編と僕とどっちが魅力的ですか?
 
続きを読む

movie_kings at 21:00|PermalinkComments(0)劇場映画 | 日本映画

2016年06月17日

エクス・マキナ

こんばんは。

こうんです。
 

♪ここにあなたがいないのが淋しいのじゃなくて

ここにあなたがいないと思うことが淋しい Wow Wow

…だってさ。故に我あり。
 

「エクス・マキナ」(2015

ex-machina-poster














巨大検索エンジン会社に勤めるプログラマーのケイレブくんはカリスマ社長の別荘に特別召集されて喜んでいたらスケスケ美女のエヴァ子に出会ってドキがムネムネしちゃいます。

予告編が予告しているのは果たして予告なのだろうか?
  

続きを読む

movie_kings at 21:00|PermalinkComments(0)劇場映画 | イギリス映画

2016年06月09日

撃つ!殴る!ぶっ殺す!血まみれ邦画3傑!

こんばんは。

こうんです。

またしばらく更新をさぼっておりましたが、今現在スクリーンで観られる邦画の感想をまとめて投下します。全部なんとかマークスに書いた記事そのまんまっすが…。

では、名付けて「撃つ!殴る!ぶっ殺す!血まみれ邦画3傑!」

まずは…コレ!

 
続きを読む

movie_kings at 21:00|PermalinkComments(0)劇場映画 | 日本映画

2016年04月14日

コップ・カー

こんばんは。

こうんです。

僕は5歳くらいの時に祖父に連れられタイのバンコクに行きまして。記憶はおぼろげなのですけど、蒸し暑いのと「外人がデカくて怖い」という感情とタイ語で「ありがとう」の言葉だけを憶えて帰ってきました。

“コップンカー(^O^)/”

 

「コップ・カー」(2015

KEKZ9c1












絶賛家出中のハリソン少年とトラヴィス少年が荒野で無人のパトカーを見つけて乗り回してヒャッハー!していると、その持ち主である悪徳保安官が怒り心頭で追いかけてきます。

予告編はベイビー、カモーン
 

続きを読む

movie_kings at 21:00|PermalinkComments(0)劇場映画 | アメリカ映画