映画紹介倉庫

2012年8月11日より評価方法を変更しました。
1~10までの小数点を含む数字で総合評価します。すべてDVD鑑賞で、ジャンルにこだわりません。
設定しておきながら1と10が付くことはまずありませんm( __ __ )m

ベルリン・シンドローム

ベルリン・シンドローム
原題 Berlin Syndrome


ベルリン・シンドローム [DVD]
テリーサ・パーマー
Happinet
2018-10-02


「6.8」
監禁された場所から逃れようとする者と、それを阻止しようとする者との心理を描いている。

監禁された側もする側も、外部との接触や他者との交流がないため、常に孤独感で満ちている。

スリリングでありヒヤヒヤもするが、それ以上に冷たい空気感、満たされない心の飢餓感を感じる。

カタルシスというには程遠い、安堵の気持ちと妙なモヤモヤが残る。

ゴッホ 最後の手紙

ゴッホ 最後の手紙
原題 Loving Vincent


ゴッホ 最期の手紙 [Blu-ray]
ダグラス・ブース(山田孝之)
Happinet
2018-08-02


「7.2」
まるで絵のような風景と言うが、風景のような絵とはまさにこの映画で表現されている。

ゴッホの死についてのなぞについて調べてゆく男の姿を、ゴッホが描いた絵と一緒に、映像を絵画に変えて作り上げている。

そこにはあまり味わった事の無い映画体験があった。

また、すべての表現者と、それを目指す者たちを勇気づける物語にもなっている。

実写とアニメーションの中間のような風合いがある。

リメンバー・ミー

リメンバー・ミー
原題 Coco




「7.6」
死者の日は日本で言うところのお盆に近いのか、亡くなった先祖への畏敬の念は国は違えど同じ。

忘れてはならないとても大切なことを伝えているように思う。

作りこみはすばらしく、最初は疑問に感じていたこともその理由を用意してくれている。

曲についてはあまり残らなかったが、悪くもない。

千と千尋の風味が入っており、個人的には熱気バサラも感じた。

ブリムストーン

ブリムストーン
原題 Brimstone

ブリムストーン [Blu-ray]
ガイ・ピアース
松竹
2018-07-04


「6.8」
新しく教会にやってきた牧師と村で働く助産師が、手を貸した女が死産となったことで対立し、そこから両者の過去の因縁が語られてゆく。

過去をさかのぼって行けば行くほど、ドラマがより重厚になってゆく。

非常に重いテーマを扱っており、見ごたえがある。

胸糞悪さが残る映画であるが、それもキャストの熱演あっての故。

牧師の過去がもう少し詳しく語られればより深くなったろう。

ルイの9番目の人生

ルイの9番目の人生
原題 The 9th Life of Louis Drax


ルイの9番目の人生 [DVD]
ジェイミー・ドーナン
松竹
2018-08-08


「7.3」
生まれた瞬間から事故の絶えない少年が、崖から転落し昏睡状態となり、彼の意識の中で、周りを取り巻く人々の様子が描かれる。

海と関連して少しファンタジックな要素が入っている。

最近でいうと「スイス・アーミーマン」、「シェイプ・オブ・ウォーター」ともつながる部分がある。

悲しさと可笑しさをうまく両立させている。

セリフ一つ一つが細かく作りこまれていて、2度見ることで見方が変わる。

最後の忠告は男子諸君には耳が痛い。
採点を参考にする指標として

10・・・絶頂
9・・・AllTimeBest
8・・・傑作
7・・・おすすめ
6・・・まあまあ
5・・・普通
4・・・いまひとつ
3・・・つまらない
2・・・観る価値なし
1・・・映画でない
採点不能(すべきでない)

2012年度オススメ映画 (9)
2013年度オススメ映画 (14)
2014年度オススメ映画 (15)
2015年度オススメ映画(16)
2016年度オススメ映画(25)
2017年度オススメ映画(28)
2018年度オススメ映画(23)
採点不能映画(24)

2014年映画 MY BEST10
2015年映画 MY BEST10
記事検索