映画紹介倉庫

2012年8月11日より評価方法を変更しました。
1~10までの小数点を含む数字で総合評価します。すべてDVD鑑賞で、ジャンルにこだわりません。
設定しておきながら1と10が付くことはまずありませんm( __ __ )m

2012年03月

スリーデイズ

スリーデイズ
原題 The Next Three Days

ラッセル・クロウによる超脱獄劇映画。
脱獄するのではなく、させるというのがこの映画の魅力。
立てた計画が成功するかどうか、見ていてハラハラしながら楽しめる。
やってることは犯罪ですが自然と応援したくなる。
補足もしっかりしていて納得できる最後。
不足しているものが何も無い完成度の高い映画。

3.7

こちらのレビューは2012年8月11日までのものの為、5段階+小数点評価となっています。

インシディアス

インシディアス
原題 Insidious

幽体離脱少年救出ホラームービー。
身の回りに起こる不可解な現象に気付いた親が、気を失った息子の意識を取り戻すため奮闘する家族の物語。
ジェームス・ワンによるまともなホラー映画。
徐々に真相が明らかになっていく展開がその先に期待を持たせてくれる。
ホラー好きでもソウでなくてもまあまあ楽しめる良作。

3.7

こちらのレビューは2012年8月11日までのものの為、5段階+小数点評価となっています。

劇場版マクロスF

劇場版マクロスF~サヨナラノツバサ~

歌・戦い・恋MIXアニメ。
歌は良いし戦闘シーンもよくできてる、でも映画はやっぱりストーリーが大事です。
そして役者の演技も。
アニメとしては高く評価できるし、マクロスならではの引き付ける要素はたくさんある。
ただ映画としてはまあまあなくらい。

ちなみに7の好きな私にとっては、コンサートのシーンでミシェルのコスチュームがバサラだったことはありがたかった。

3.6

最近

FC2より引っ越してきました。

カンパニーメン

カンパニーメン
原題 The Company Men

 解雇サラリーマン再起映画。
ベン・アフレックにトミー・リー・ジョーンズなど豪華な面々が顔をそろえています。
 ここまでの顔ぶれがそろうことはなかなか無いんじゃないでしょうか。
会社のリストラという現実によくある題材だけあって、実際の現場を見ているような気がします。
 ある意味ノンフィクション映画といっても良いでしょう。 解雇する側はされる側のことは所詮他人事に過ぎないがしかし、いつされる側に回るか分からない、それに振り回される家族は時に悲惨だと、そんなことが伝わってきました。
 こういう映画は自分に照らし合わせて考えてみると、勇気をもらえるという力を備えていると思います。

3.7


こちらのレビューは2012年8月11日までのものの為、5段階+小数点評価となっています。
採点を参考にする指標として

10・・・絶頂
9・・・AllTimeBest
8・・・傑作
7・・・おすすめ
6・・・まあまあ
5・・・普通
4・・・いまひとつ
3・・・つまらない
2・・・観る価値なし
1・・・映画でない
採点不能(すべきでない)

2012年度オススメ映画 (9)
2013年度オススメ映画 (14)
2014年度オススメ映画 (15)
2015年度オススメ映画(16)
2016年度オススメ映画(25)
2017年度オススメ映画(10)
採点不能映画(15)

2014年映画 MY BEST10
記事検索