映画レビューDAM

2012年8月11日より評価方法を変更しました。
1~10までの小数点を含む数字で総合評価します。すべてDVD鑑賞で、ジャンルにこだわりません。
設定しておきながら1と10が付くことはまずありませんm( __ __ )m

2012年06月

短め映画レビュー、簡単解説。さくっと簡潔に。

リミットレス

リミットレス
原題 Limitless

あるきっかけで脳を活性化する薬を手に入れた男が、薬の力を使ってのし上がっていく姿を描いた映画。
普段使っていない脳の部分を働かせることで、知識の吸収力や判断の俊敏さなどが引き出せるわけですが、ドラッグに似たそれ以上の副作用があってリスキーでもあります。
しかし一度手に入れた力を手放すことはできず、周りを巻き込みながら権力をめぐる闘争を繰り広げていきます。
人間の止まらない欲望への怖さを感じました。
確かに脳の活性化は魅力的ではありますが、一方で怖い面もあって映画のような人間になりたいかというと疑問でもあります。
そのためか、よくある見終わった後の爽快感などは感じませんでした。

「3.5」


こちらのレビューは2012年8月11日までのものの為、5段階+小数点評価となっています。

イン・ザ・ダークネス

イン・ザ・ダークネス
原題 And Soon The Darkness

カール・アーバン出演、 二人の女性が旅行中突然一人が失踪し、その友人を探すためいわくありげな周辺の人物と共に捜索し始めるミステリアスな映画。
序盤は静かに始まり盛り上がりなく進んでいきますが、徐々に不穏な空気が流れ始め、後半になるにつれ引き込まれていきます。
しかしあくまで小品ですのであまり期待せずに観るのが正解です。
最近カール・アーバン出演作をよく手にとってしまいます。
ロード・オブ・ザ・リングからのつながりでなんとなく流せないんです。
実際、最近出演本数も多いように思います。

「3.3」

こちらのレビューは2012年8月11日までのものの為、5段階+小数点評価となっています。

「マイ・フレンド・フォーエバー」DVD発売

よかったですね。

ほとんどあきらめていたので、偶然知ったときは驚きました。

さっそく購入しました。

何度も観たのに、まだ感動できる自分に安心しました。

そもそも今までDVDになってないって事が不思議なんですよね。

やっとコレクションに追加できました。

これで意地で買ったVHS版が用なしになりました。

ミッション:8ミニッツ

ミッション:8ミニッツ
原題 Sourse Code

死の直前の8分間のみ他人の人格に入り込めるプログラムを使って、テロリストの犯行を防ぐループ型の謎解き映画。
繰り返される中で徐々に問題の解決へと迫っていく展開はこの種の映画の楽しいところです。
でも本当に面白いのはすべてが謎の最初の10分間だったりします。

「3.6」

こちらのレビューは2012年8月11日までのものの為、5段階+小数点評価となっています。

イリュージョン

イリュージョン
原題 The Woman in the Fifth

イーサン・ホーク主演のミステリアスな恋の行方を追った詩的な映画。
はっきりと人物の背景を見せない演出が作品自体の奥深さを引き立てていると思います。
イーサン・ホークは昔より年を重ねましたがまだ若々しさが残っています。

「3.5」

こちらのレビューは2012年8月11日までのものの為、5段階+小数点評価となっています。
採点を参考にする指標として

10・・・絶頂
9・・・AllTimeBest
8・・・傑作
7・・・おすすめ
6・・・まあまあ
5・・・普通
4・・・いまひとつ
3・・・つまらない
2・・・観る価値なし
1・・・映画でない
採点不能(すべきでない)

2012年度オススメ映画 (9)
2013年度オススメ映画 (14)
2014年度オススメ映画 (15)
2015年度オススメ映画(16)
2016年度オススメ映画(25)
2017年度オススメ映画(28)
2018年度オススメ映画(33)
2019年度オススメ映画(2)
採点不能映画(24)

2014年映画 MY BEST10
2015年映画 MY BEST10
2016年映画 MY BEST10
記事検索