映画紹介倉庫

2012年8月11日より評価方法を変更しました。
1~10までの小数点を含む数字で総合評価します。すべてDVD鑑賞で、ジャンルにこだわりません。
設定しておきながら1と10が付くことはまずありませんm( __ __ )m

2012年07月

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル
原題 Mission:Impossible/Ghost Protocol

説明不要の大ヒットスパイアクションのシリーズ。
アクションが満載で観てる間中ずっと楽しませてくれる。
これといって欠点が見当たらないものの特別に琴線に触れるものがあるわけでもなかった。
これだけシリーズが続くと面白くても予想への裏切りみたいなものが無いとあまり印象に残らない。
しかし、トム・クルーズは確かにがんばっていた。

「3.6」
ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル [DVD]
ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル [DVD]
クチコミを見る


こちらのレビューは2012年8月11日までのものの為、5段階+小数点評価となっています。

ダーク・フェアリー

ダーク・フェアリー
原題 Don’t Be Afreid of the Dark

別れた妻の娘を預かることになった父親が、恋人と一緒にある屋敷に住み始めることになり、そこで起こる奇怪な生物との遭遇を描いたホラー映画。
ギレルモ・デル・トロは好きな監督の一人なので、製作者の中に名があるのはうれしいです。
しかも主演はガイ・ピアース。
このところよく出演作を見ているのでさらに期待が膨らみます。
しかし意外と作品は小品でした。
もちろん良作ではありますが。
屋敷で起こる不可解な出来事というのは、ホラーではよくあることなので新鮮味があるわけではなかった。
しかしまあ、ギレルモ・デル・トロとガイ・ピアースの組み合わせはというのは、それだけで私にはうれしかった。

「3.4」
ダーク・フェアリー [DVD]
ダーク・フェアリー [DVD]
クチコミを見る


こちらのレビューは2012年8月11日までのものの為、5段階+小数点評価となっています。

おとなのけんか

おとなのけんか
原題 Carnage

ロマン・ポランスキー監督の子供のけんかが発端となって起こる二人の夫婦のいい争いを描いたコメディ映画。
ジョディ・フォスターとケイト・ウィンスレットという二人の組み合わせが見所の一つでもある。
最初は穏やかだった話し合いもかすかな食い違いからエスカレートしていき、ついには言い争いへと変わっていきます。
途中何度も争いを終わらすチャンスがあるにもかかわらず、それをみすみす逃していくところは観ているこっちがやきもきさせられます。
大人同士が感情を本音でぶつけ合わせる所を描くことで、日ごろ抱いている鬱屈した気持ちやストレスに悩まされている現代人の姿を滑稽に見せてくれています。
大人って一番自分勝手なんだなと思わされます。

「3.5」
おとなのけんか コレクターズ・エディション [DVD]
おとなのけんか コレクターズ・エディション [DVD]
クチコミを見る


こちらのレビューは2012年8月11日までのものの為、5段階+小数点評価となっています。

マネー・ボール

マネー・ボール
原題 Moneyball

ブラッド・ピット主演の統計を使った野球理論を利用して、野球チームの立て直しに貢献した実在の人物を描いた物語。
ブラピよりも統計の細かい数字を導き出して、理論を正しく活用した補佐役のほうが本当の貢献者のようにも見えました。
そういう人物を見抜く力と、それを推し進める力もなければ成しえなかったことも確かですが。
実話のいいところは映画の中の人物が今も生きているというケースがあるというところ。
映画の中のストーリーはまだ続いているんだというような、特別な感情を抱かせてくれます。

「3.5」
マネーボール [DVD]
マネーボール [DVD]
クチコミを見る


こちらのレビューは2012年8月11日までのものの為、5段階+小数点評価となっています。

キル・リスト

キル・リスト
原題 Kill List

家庭内に問題を抱えながら生活のために殺しをする男が、仲間の親友と仕事をするうち不可解な出来事に巻き込まれていくミステリアスな映画。
スリラー的な怖さとミステリー的な謎めいた面白さが合いまった映画。
バイオレンスの要素も強く、そして全体的にダークな雰囲気、先の読めない展開が緊張感を盛り上げてくれます。
しかし、最後がなんだか・・・。
なんとなく分かるような気もしますが、どうもパッとしない。
そんなところもミステリアス。

「3.3」

こちらのレビューは2012年8月11日までのものの為、5段階+小数点評価となっています。
採点を参考にする指標として

10・・・絶頂
9・・・AllTimeBest
8・・・傑作
7・・・おすすめ
6・・・まあまあ
5・・・普通
4・・・いまひとつ
3・・・つまらない
2・・・観る価値なし
1・・・映画でない
採点不能(すべきでない)

2012年度オススメ映画 (9)
2013年度オススメ映画 (14)
2014年度オススメ映画 (15)
2015年度オススメ映画(16)
2016年度オススメ映画(25)
2017年度オススメ映画(28)
採点不能映画(15)

2014年映画 MY BEST10
2015年映画 MY BEST10
記事検索