映画紹介倉庫

2012年8月11日より評価方法を変更しました。
1~10までの小数点を含む数字で総合評価します。すべてDVD鑑賞で、ジャンルにこだわりません。
設定しておきながら1と10が付くことはまずありませんm( __ __ )m

2013年10月

インターセクション

インターセクション
原題  Intersections

インターセクション [DVD]
ジェイミー・アレクサンダー
東宝
2014-01-24


「6.2」 
まったく 関係の無い人々が、偶然同じ場所に居合わせたことから、それぞれの思惑に従い事態が進行していく、偶発的展開。
全編にわたる心理戦を見る映画 。

ゼロタウン 始まりの地

ゼロタウン 始まりの地
原題 Zay Toun

ゼロ タウン 始まりの地 [DVD]
スティーヴン・ドーフ
TCエンタテインメント
2013-08-23
 




「5.5」
土地を失い戦火の中で生きざるをえない現実と、その中で生きる少年の健気さが哀愁を誘う。
国と国とが敵対しあう中でも、人と人とは通じあえることを示そうとしている。 

ハッシュパピー バスタブ島の少女

ハッシュパピー バスタブ島の少女
原題  Beasts of the Southern Wild

ハッシュパピー バスタブ島の少女 [DVD]
クヮヴェンジャネ・ウォレス
東宝
2013-10-25


「6.5」 
現実に起きている問題を描いているにもかかわらず、空想的でもある。
現実と空想を同時に見せてくれる。
原作の作風が生かされたためか、独特の風合いの映画になっている。 
忠実に作られた映画は、原作の独特な雰囲気までちゃんと伝わってくる。
こめられたメッセージをすべて汲み取ることはできなくとも、その中で何か大切なものを感じ取ることはできる。 

ランズエンド―闇の孤島―

ランズエンド―闇の孤島―
原題  Blood

ランズエンド -闇の孤島- [DVD]
ポール・ベタニー
TCエンタテインメント
2013-09-27

 
「6.9」
逃れられない罪の意識を描いた映画。
過去の失敗を引きづった気持ちが、 正しいはずの道を誤った方向へと導いてしまった。
そこでは人を思いやる気持ちが唯一の救いとなる。
薄暗い、湿った空気感で演出される。

逃走車

逃走車
原題  Vehicle 19

逃走車 [DVD]
ポール・ウォーカー
ワーナー・ホーム・ビデオ
2013-07-03


「6.8」
車載カメラで終始進んでいくため、必然的にカーチェイスのシーンが多くなり、常にスピード感のある仕上がりになっている。
一つの特殊な映画といえる。 
採点を参考にする指標として

10・・・絶頂
9・・・AllTimeBest
8・・・傑作
7・・・おすすめ
6・・・まあまあ
5・・・普通
4・・・いまひとつ
3・・・つまらない
2・・・観る価値なし
1・・・映画でない
採点不能(すべきでない)

2012年度オススメ映画 (9)
2013年度オススメ映画 (14)
2014年度オススメ映画 (15)
2015年度オススメ映画(16)
2016年度オススメ映画(25)
2017年度オススメ映画(10)
採点不能映画(15)

2014年映画 MY BEST10
記事検索