映画紹介倉庫

2012年8月11日より評価方法を変更しました。
1~10までの小数点を含む数字で総合評価します。すべてDVD鑑賞で、ジャンルにこだわりません。
設定しておきながら1と10が付くことはまずありませんm( __ __ )m

2014年02月

ホワイトハウス・ダウン

ホワイトハウス・ダウン
原題  White House Down

ホワイトハウス・ダウン [DVD]
チャニング・テイタム
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2014-01-01


「6.5」
テロ組織の計画的襲撃にあったホワイトハウスから偶然居合わせたボディーガードが、大統領と自分の娘を救い出そうとする物語。

コミカルなエッセンスがところどころにあって重くなりすぎないよう、気配りがなされている。 

エンド・オブ・ホワイトハウス

エンド・オブ・ホワイトハウス
原題  Olympus Has Fallen

エンド・オブ・ホワイトハウス [Blu-ray]
ジェラルド・バトラー
TCエンタテインメント
2013-11-22


「6.6」
圧倒的火力による銃撃戦が観たいなら満足できる。

テロ組織によるホワイトハウス襲撃、制圧されるホワイトハウスから大統領を救いだす為、元ボディガードの戦い。

今は珍しくなったタイムリミットによる緊張感が観れる。

モーガン・フリーマンほど大統領にはまる役者はいない。

ところで原題の英語を邦題の英語に変えることに何の意味があるのか。 

スティーラーズ

スティーラーズ
原題  Pawn Shop Chronicles

スティーラーズ [DVD]
ポール・ウォーカー、イライジャ・ウッド、マット・ディロン、ノーマン・リーダス、ブレンダン・フレイザー、ヴィンセント・ドノフリオ、シャイ・マクブライド
東宝
2014-04-16


「6.7」
とある質屋を中心に三者三様の物語を繰り広げられる。 

作品自体に強烈な個性があるためか、豪華な俳優陣が集まった。

挑戦的で自由に作られた意欲的な作品であるといえる。

スパイスの効いた刺激的な作品。 

アーススターエンターテイメントが販売していなければ尚よかった。

ところで、近年のイライジャ・ウッドの出演作の役柄を見てみると実に面白い。

ワイルド・スピード EURO MISSION

ワイルド・スピード EURO MISSION
原題  Fast and Furious 6

ワイルド・スピード EURO MISSION [DVD]
ヴィン・ディーゼル
ジェネオン・ユニバーサル
2013-11-20


「6.6」
シリーズ中、キャストはもっとも充実している。 

近年の形骸感を振り払ったように思う。

目玉であるVFXを使ったカーアクションも充実している。 

しかし、これだけ長くシリーズが続くと、新たな刺激を作り出すのは難しい。

それでもシリーズはさらに続きそう。 

ディアトロフ・インシデント

ディアトロフ・インシデント
原題  The Dyatlov Pass Incident



「4.8」
ロシアの雪山で不自然な死に方をした登山隊の、実際の出来事をモチーフにした作品。

謎の多いその事件の真相に迫ろうとする男女のドキュメンタリー風ミステリー。

謎は謎のままだからこそミステリーなのかもしれない。

あまりに真相に迫りすぎるとはっきりとしたフィクションになってしまう。

通常は、映画の最後には必ず明らかにされるべきでも、謎のままのほうがいいミステリーもある。

この映画でそれが分かる。 
採点を参考にする指標として

10・・・絶頂
9・・・AllTimeBest
8・・・傑作
7・・・おすすめ
6・・・まあまあ
5・・・普通
4・・・いまひとつ
3・・・つまらない
2・・・観る価値なし
1・・・映画でない
採点不能(すべきでない)

2012年度オススメ映画 (9)
2013年度オススメ映画 (14)
2014年度オススメ映画 (15)
2015年度オススメ映画(16)
2016年度オススメ映画(25)
2017年度オススメ映画(10)
採点不能映画(15)

2014年映画 MY BEST10
記事検索