映画レビューDAM

2012年8月11日より評価方法を変更しました。
1~10までの小数点を含む数字で総合評価します。すべてDVD鑑賞で、ジャンルにこだわりません。
設定しておきながら1と10が付くことはまずありませんm( __ __ )m

2015年05月

短め映画レビュー、簡単解説。さくっと簡潔に。

ドラキュラZERO

ドラキュラZERO
原題  Doracura Untold

ドラキュラZERO [Blu-ray]
ルーク・エヴァンス
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
2015-04-08


「7.2」
ドラキュラ伯爵がオスマン軍から民衆と家族を守るため、ヴァンパイアとの契約によって強大な力を得るが、反面血への渇望に悩まされ欲望と葛藤してゆく。

2つの国の対立からくる戦争活劇であり、妻への子への愛の物語でもある。 

国を救う力を得るために悪魔とでも契約する、その代償としての血という構図がストレートで感情移入しやすい。

れっきとしたアクション映画。

ところで分かりやすいとはいえ、ZEROを使うのはもうやめたほうがよい。 

神は死んだのか

神は死んだのか
原題  God's Not Dead

神は死んだのか [DVD]
シェーン・ハーパー
アメイジングD.C.
2015-06-03


「4.3」
大学の哲学の講義で、無神論を唱える教授に対し、クリスチャンの学生が一人異を唱え、教授に論戦を挑むことになる。 

この映画の伝えるところは、その原題が示すとおり。

その題材は興味深く主張もなんら問題は無い。

しかしそのアプローチが少々強引で、違和感を覚える。

何より映画自体のクオリティが低い。

ドラマを見るつもりでならまだしも、映画を観るつもりでこれを観てはいけない。

すべてが安い、それによって映画内の説得力も失われている。 

パワー・ゲーム

パワー・ゲーム
原題  Paranoiaう

パワー・ゲーム [Blu-ray]
リアム・ヘムズワース
Happinet(SB)(D)
2015-05-02


「7.5」
プレゼンに失敗し会社を首になった青年が、企業スパイとして再雇用され、ライバル会社の情報を盗み出す任務を与えられる。

2つの会社の対立を軸に、企業スパイとしての活動を余儀なくされてゆく主人公の活躍を描く。

社会派ミステリーならではの心理戦と、スパイアクション的スピード感、静と動両面で盛り上げてくれる。

2大俳優をバックに据えたことによって、俄然安定感が出た。 

悪魔が棲む家666

悪魔が棲む家666
原題  The Devil's Hand



「6.7」
6の数字に起因し、 悪魔に関連付けられた5人の少女が、18歳を迎えたときその中の一人だけが生き残り、最後の一人が悪魔になるという言い伝えによって、街からも予言からも追い詰められてゆく。

エクソシズムスリラーといえばぴったりとくるホラー。

ほとんどカルトの様相を呈してくる街の人たちは、実際のある地域を連想させ、ミスリードにつながりそうだが、故にか具体的に名称は一度も出てこない。 

風暴 ファイヤー・ストーム

風暴 ファイヤー・ストーム

風暴 ファイヤー・ストーム スペシャル・エディション [Blu-ray]
アンディ・ラウ
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
2015-04-08


「6.6」
連続強盗犯の逮捕に情熱を燃やす警官と、恋人の制止も聞かず強盗犯に手を貸すその元同級生。

最初は善と悪がはっきりしていたものが、正義のために悪と化し、徐々に混沌としたものになってゆく。

混沌とした結果よく分からない決着を迎える。

全体的にパワーバランスが犯人側によっているため、警官が弱い。
 
採点を参考にする指標として

10・・・絶頂
9・・・AllTimeBest
8・・・傑作
7・・・おすすめ
6・・・まあまあ
5・・・普通
4・・・いまひとつ
3・・・つまらない
2・・・観る価値なし
1・・・映画でない
採点不能(すべきでない)

2012年度オススメ映画 (9)
2013年度オススメ映画 (14)
2014年度オススメ映画 (15)
2015年度オススメ映画(16)
2016年度オススメ映画(25)
2017年度オススメ映画(28)
2018年度オススメ映画(33)
2019年度オススメ映画(2)
採点不能映画(24)

2014年映画 MY BEST10
2015年映画 MY BEST10
2016年映画 MY BEST10
記事検索