映画紹介倉庫

2012年8月11日より評価方法を変更しました。
1~10までの小数点を含む数字で総合評価します。すべてDVD鑑賞で、ジャンルにこだわりません。
設定しておきながら1と10が付くことはまずありませんm( __ __ )m

2016年08月

イット・フォローズ

イット・フォローズ
原題  It Follows

イット・フォローズ [Blu-ray]
マイカ・モンロー
ポニーキャニオン
2016-07-06


「7.8」
それは姿を変えどこまでもついてくる。

逃れるためには性交渉をし、誰かに感染させねばならない。

得体の知れない者へ対する恐怖、怪奇的というのがしっくり来る。

簡潔にいうと「ギョッ」とする。

自分にしか見えず、いつどんな現れ方をするかも分からない、唯一の回避方法には精神的負担を強いられると、主人公を含め感染者たちは非常に深刻な事態に直面させられる。

注目すべきは映画全体に与えているその見事な音楽的演出の影響である。

映画全体を印象付けているそれは、称えられてしかるべき功績といえる。

X-ミッション

X‐ミッション
原題  Point Break

X-ミッション ブルーレイ&DVDセット(初回仕様/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]
エドガー・ラミレス
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2016-06-22


「4.6」
エクストリームスポーツで名をはせた青年が、友人の死をきっかけに引退し、見習いのFBI捜査官となり、同じくエクストリームスポーツを駆使した犯罪集団に潜入し、その証拠をつかもうとする。

映像として海、山、空と自然をアクションと織り交ぜてダイナミックに捉えている。

一方ストーリーをまともに追っていると頭の整理がつかなくなり、混乱をきたすことになる。

そのためこの作品を見る際は、ネイチャードキュメンタリーを見るように、自然の映像を楽しむことに注力したほうがよい。

まともな映画として観てはいけない。 

ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲

ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲
原題  Feh'er Isten

ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲(ラプソディ) [DVD]
ジョーフィア・プショッタ
TCエンタテインメント
2016-07-06


「7.0」
両親の都合によってしばらく前の父親の下へと預けられることになった少女が、 唯一の友と呼べるその飼い犬と共に、人間と、大人の都合により、居場所を失ったものの姿を犬と少女の視点を通して描く。

主役は犬といっても過言ではないほどその表情と仕草、その表現力、時にかわいく時に恐ろしく、そして時に浮かべる悲しみを含んだその表情に揺さぶられる。

ある奇跡が起きるまでの壮大なドラマが描かれる。

それぞれの目線が最後には一つになる。 

裁かれるは善人のみ

裁かれるは善人のみ
原題  Leviathan

裁かれるは善人のみ [DVD]
アレクセイ・セレブリャコフ
紀伊國屋書店
2016-08-27


「採点不能」
土地の立ち退きをめぐって対立する市長側と、居住する側の主人公たち、主人公と旧知の仲である弁護士とそれに対する権力者側との戦い。 

家族と協力する仲間たちの関係が思わぬ問題へと発展してゆく。

テーマとして重いものに非常に辛らつなメッセージが込められている。

そこにはもはや希望らしいものは無く、悪意ある現実のみで、善意ある者はいるもののそれが事態の根本的解決へとは結びつかない。 

そんな時、普通なら現れるであろう救世主もいない。 

そういう意味では非常に冷酷な映画といえる。

しかし故により無情感が増し、より強烈なメッセージとして残る。 

ディーパンの闘い

ディーパンの闘い
原題  Dheepan

ディーパンの闘い [Blu-ray]
アントニーターサン・ジェスターサン
KADOKAWA / 角川書店
2016-07-08


「7.4」
スリランカでの内戦で政府軍との戦いに敗れた男が、密入国のため家族に偽装してフランスに渡り、何の血のつながりも無い人間を、妻と娘として異国の地で暮らしてゆく姿を描く。

縁もゆかりも無い人間同士、見せかけ、形だけの家族。

日々の生活の中、互いに困難を乗り越えてゆく中で、徐々に何かが変わってゆく。

希望を与える慈しみの心と同時に、並んでそれと同等の、争いに対する強烈な憎しみと憎悪の感情が含まれていると感じた。
採点を参考にする指標として

10・・・絶頂
9・・・AllTimeBest
8・・・傑作
7・・・おすすめ
6・・・まあまあ
5・・・普通
4・・・いまひとつ
3・・・つまらない
2・・・観る価値なし
1・・・映画でない
採点不能(すべきでない)

2012年度オススメ映画 (9)
2013年度オススメ映画 (14)
2014年度オススメ映画 (15)
2015年度オススメ映画(16)
2016年度オススメ映画(25)
2017年度オススメ映画(10)
採点不能映画(15)

2014年映画 MY BEST10
記事検索