映画紹介倉庫

2012年8月11日より評価方法を変更しました。
1~10までの小数点を含む数字で総合評価します。すべてDVD鑑賞で、ジャンルにこだわりません。
設定しておきながら1と10が付くことはまずありませんm( __ __ )m

2016年09月

バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生

バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生
原題  BatmanVSuperman DownOfJustice



「7.4」
まずこのパッケージ、なぜか主人公じゃない人物が中央に。

スーパーマンの戦いによって犠牲者が出たことで、その行いに非難が向き同じようにバットマンの行いにも疑問符がつき始める。

一つの陰謀が渦巻く中、互いの正義をかけて両者が対峙しあう。

エイリアンと人間との戦いという難しい題材を成立させ、さらにニューキャラクターへ興味を抱かせ今後の展開へ広がりを持たせる。

かなり難しいことに挑戦しそれを成し遂げている。

余計な知識や情報を入れなかったのがよかったのか。

思っていた以上に出来がよかった。 

ヴィクトリア

ヴィクトリア
原題  Victoria

ヴィクトリア [DVD]
ライア・コスタ
ポニーキャニオン
 
2016-09-21


「7.8」
ベルリンへマドリッドからやってきた1人の女の子と、幼いときから親友の4人の男たちが出会うことから始まる激動の物語。

クラブで出会い意気投合する中、男たちが実行しようとする計画に巻き込まれ、自ずとその計画に協力し始めてしまうことで、女の子は後戻りできぬ道へと進んでゆく。

その物語のすべてをオールワンカットですべて描ききる。

いったいどれだけの労力と修練が込められているのか、容易には想像できない、それほどさらりと違和感無くその驚くべき仕事を成し遂げている。

そのチャレンジングな精神には敬服させられる。

ドラマとしては型どおりのものを、その見せ方と工夫のみで見ごたえあるものにしてる。

それはもちろん、発揮されている役者陣の演技力の賜物でもある。 

COPCAR/コップ・カー

COPCAR/コップ・カー
原題  Cop Car

COP CAR/コップ・カー [Blu-ray]
ケヴィン・ベーコン
Happinet(SB)(D)
2016-08-02


「7.2」
遊んでいた2人の少年が偶然見つけた無人のパトカー、持ち主が戻ったときにパトカーはそこから消えていた。

好奇心の赴くままにパトカーに乗り込んだ2人の少年、彼らを追うことになった警官は、しかしただの警官ではなかった。

題材として面白いうえに警官がケビン・ベーコンというそれだけでも期待感は高まる。

子供のワクワク、ドキドキ感。

未体験の興奮とスリル。

そこに笑いを含んだサスペンスが加わる。

作品としては小規模で低予算だが、その質は一級品。

強いて言うなら子供の車の運転の習得レベルが高すぎやしないかというところ。
 

虹蛇と眠る女

虹蛇と眠る女
原題  Stranger Land

虹蛇と眠る女 [DVD]
ニコール・キッドマン
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2016-08-03


「6.5」
砂の大地を舞台にした、失踪した娘と息子2人を探す、父を母の物語。

誰にでも秘密や隠し事がある。

砂漠の中の小さな町という閉鎖的なロケーションが、重要な要素となっている。

荒涼とした大地で繰り広げられる苦悩と戦いのドラマ。

演技だけでも十分見ごたえがある、体を張ったニコール・キッドマンのそれは真に迫るものがある。 

スリーピング・ボイス~沈黙の叫び~

スリーピング・ボイス~沈黙の叫び~
原題  La Voz Dormida

スリーピング・ボイス ~沈黙の叫び~ [DVD]
インマ・クエスタ
アメイジングD.C.
2016-08-03


「採点不能」
フランコ独裁政権下のスペインで共産党員に協力した罪で逮捕された女性たちが、刑務所内で受けた仕打ちとそれに立ち向かった姿を描く。 

収監されてしまった、子供を身ごもる姉と、彼女を何とか救い出そうと奔走する妹の物語。 

政治の動乱によって犠牲となった女性たち。

当然の自由が奪われたときの人間としての苦しみ。

不寛容が生み出した痛ましい出来事。

この種の歴史的事実を基に製作された映画に対してはどうしても採点は難しくなる。 
採点を参考にする指標として

10・・・絶頂
9・・・AllTimeBest
8・・・傑作
7・・・おすすめ
6・・・まあまあ
5・・・普通
4・・・いまひとつ
3・・・つまらない
2・・・観る価値なし
1・・・映画でない
採点不能(すべきでない)

2012年度オススメ映画 (9)
2013年度オススメ映画 (14)
2014年度オススメ映画 (15)
2015年度オススメ映画(16)
2016年度オススメ映画(25)
2017年度オススメ映画(28)
2018年度オススメ映画(23)
採点不能映画(24)

2014年映画 MY BEST10
2015年映画 MY BEST10
記事検索