映画紹介倉庫

2012年8月11日より評価方法を変更しました。
1~10までの小数点を含む数字で総合評価します。すべてDVD鑑賞で、ジャンルにこだわりません。
設定しておきながら1と10が付くことはまずありませんm( __ __ )m

2017年04月

セルフレス/覚醒した記憶

セルフレス/覚醒した記憶
原題  Self/less

セルフレス/覚醒した記憶 ブルーレイ&DVDセット(初回仕様/2枚組/特製ブックレット付) [Blu-ray]
ライアン・レイノルズ
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2017-02-16


「7.1」
癌により余命いくばくも無い建築家が科学の力によって科学の力によって肉体を入れ替えるが、入れ替えた若者の肉体の記憶がよみがえり、隠されていた真実が明らかになってゆく。

人格が入れ替わるというジャンルの映画は案外見覚えがあるが、中でもこの作品はよくできている部類に入ると思われる。

ベン・キングスレーの濃い顔が少々暑苦しいが、ライアン・レイノルズになってからはしっくりくる。

ストーリー上続編も可能であると思うがあれば見てみたい。 

ダークレイン

ダークレイン
原題  Los Parecidos

ダークレイン [DVD]
ルイス・アルベルティ
アメイジングD.C.
2017-04-05


「採点不能」
激しい嵐によってバス停留所で足止めにあっている男の下へ、次々と新たに客がやってくる中、雨の影響によって人々に異変がおき始めていることに気付いてゆく。

まず全体を通してモノトーンに近い、色彩の極端に少ない映像世界になっている。 

複数の出来事が常に同時に進んでいるため、休む暇は無い。

中盤からはじまる異様な展開でこの映画が普通の映画ではないことが分かってくる。

パッケージから印象するようなホラーでもないし、案外コメディ要素も含まれている。

ミクロからマクロへの視点の変化が新鮮。 

バレー・オブ・バイオレンス

バレー・オブ・バイオレンス
原題  In a Valley of Violence

バレー・オブ・バイオレンス [DVD]
イーサン・ホーク
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
2017-04-21


「5.6」
メキシコへたどり着こうと旅する犬と一人の男が、寂れた町で騒動に巻き込まれ、戦うことを余儀なくされる。

私の好きなイーサン・ホーク、そしてジョン・トラボルタの2大俳優が出演している。

オープニングから舞台、キャラクターと、西部劇を完全再現したような作品。

しかし、ほとんどコメディのようにも見える。

シリアスな部分もあるにはあるが、人間味あふれるキャラクターのおかげで、真剣みはまったく無い。

復讐劇であるはずの物語にカタルシスがほとんど感じかれない。

センスが悪い方へと働いたか。

犬の芸を見る映画としては機能する。 

ザ・ギフト

ザ・ギフト
原題  The Gift

ザ・ギフト[Blu-ray]
ジェイソン・ベイトマン
バップ
2017-03-08


「7.8」
仕事で夫の地元の地に新たに越してきた夫婦が、かつての同級生と再会し親交を深め合うが、その同級生の行動に翻弄され始める。

昔の友達に会うという点を含めて「ヒメアノール」との共通点が見える。

各所に重要なセリフが散りばめられていて、周到に作りこまれている。

主人公への見方も刻々と変化してゆく。

ただのスリラーではない、後半からは製作者の本当の狙いが見えてくる。

それがこの物語の主題であり、本当に描きたい部分に他なら無い。 

ドント・ブリーズ

ドント・ブリーズ
原題  Don’t Breathe

ドント・ブリーズ [Blu-ray]
ジェーン・レヴィ
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2017-03-22


「7.8」
生活費を稼ぐために窃盗を繰り返す、貧しい街の少年グループが、とある退役軍人の家に侵入したことで始まる、恐怖の体験。

スリラー要素が強く、緊迫感とスピード感が特徴。

冒頭のシーンが生かされていて、展開を読む事を楽しませるよう作られている。

登場人物たちの行動はどれも行き過ぎているが、共感できる部分もあり、人間の領域を超えているわけではない。

観ていて気持ちのよいものではないが、「スリリング」に着眼すれば、非常に楽しめる。 
採点を参考にする指標として

10・・・絶頂
9・・・AllTimeBest
8・・・傑作
7・・・おすすめ
6・・・まあまあ
5・・・普通
4・・・いまひとつ
3・・・つまらない
2・・・観る価値なし
1・・・映画でない
採点不能(すべきでない)

2012年度オススメ映画 (9)
2013年度オススメ映画 (14)
2014年度オススメ映画 (15)
2015年度オススメ映画(16)
2016年度オススメ映画(25)
2017年度オススメ映画(28)
2018年度オススメ映画(23)
採点不能映画(24)

2014年映画 MY BEST10
2015年映画 MY BEST10
記事検索