映画紹介倉庫

2012年8月11日より評価方法を変更しました。
1~10までの小数点を含む数字で総合評価します。すべてDVD鑑賞で、ジャンルにこだわりません。
設定しておきながら1と10が付くことはまずありませんm( __ __ )m

2017年08月

ネオン・デーモン

ネオン・デーモン
原題 The Neon Demon

ネオン・デーモン [Blu-ray]
エル・ファニング
ギャガ
2017-07-04


「6.9」
ニコラス・ウィンディング・レフンはお気に入りの監督で、今作も導入からして好きになる、そういう引き込み方が非常にうまい。

共通して色彩が豊かで見ていて引き込まれる。

ゆっくりとしたテンポで進んでいくが、特に間延びした感じもせず苦にならない。

むしろ何が起きているのか、何が始まろうとしているかと注視してしまう。

後半、特に終盤はショツキングムービーとしての性質をおびてくるので、結論的にはかなり毒っけのある終わり方をしている。

大衆向けではないが、興味深い作品である。

ボヤージュ・オブ・タイム

ボヤージュ・オブ・タイム
原題 Voyage of Time


ボヤージュ・オブ・タイム [Blu-ray]
(語り)ケイト・ブランシェット
ギャガ
2017-08-02


「6.0」
ケイト・ブランシェットの語りでお送りする宇宙の始まりから現代までの命の営みを見せるドキュメンタリー。

物語性やエンタテイメント性を排除した純粋に、見て楽しむ映画、といえる。

そのためまどろみながら見ると寝てしまう可能盛大である。

個人的には海の中を流れる溶岩というのははじめてみた。

たまにはこういう映画を見るのもよいと思う。

アサシン クリード

アサシン クリード
原題 Assassins Creed


アサシン クリード 2枚組ブルーレイ&DVD(初回生産限定) [Blu-ray]
マイケル・ファスベンダー
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2017-07-05


「6.5」
人気ゲームタイトルの映画化作品、ゲームは操作した記憶はあるもののストーリーに関しての知識は皆無に近い。

内容はというと理解はできても世界観にはついていけない部分があった。

楽しめる部分もあったわけだが、全体としてもう少し時間を削るべきだった。

あの果実に関してのエピソードがそもそも根本的な設定として受け入れにくかったかもしれない。

ゴッド・オブ・ウォー 導かれし勇者たち

ゴッド・オブ・ウォー 導かれし勇者たち
原題 Black Death


ゴッド・オブ・ウォー 導かれし勇者たち [DVD]
ショーン・ビーン
アメイジングD.C.
2017-07-05


「5.4」
旅の仲間であるショーン・ビーン出演の、疫病の蔓延した世界で神の救いを求めて旅をする者たちの物語。

ショーン・ビーンが甲冑を着けて姿を現すと、どうしてもファンタジーを想起させてしまうが、この物語はけしてファンタジーではない。

そういう要素や雰囲気は確かにあるし、プロモーションも明らかにそっちよりではあるが、これは現実に即した、信仰とは何かを問う、人々の心の中を描こうとした作品である。

内容は腑に落ちにくい、あいまいな、答えは自らが見つけよというようなスタンスの作品である。

ワイルド わたしの中の獣

ワイルド わたしの中の獣
原題 Wild


ワイルド わたしの中の獣 [DVD]
リリト・シュタンゲンベルク
Happinet
2017-07-04


「6.1」
横暴な上司の下で働くことに嫌気が差している主人公の女性が、偶然森でオオカミと出会ったことで、その野生に引かれてゆき、どうにか自宅に連れてこようと試みる。

人と獣の何がしかの恋を描いたものに、日本のアニメが1つ思い当たるが、他にはおよそ思い当たらない。

しかも向こうは確か半人半獣であったはずだが、こっちは本物のオオカミであるからますます問題である。

身の回りに対する鬱屈した思いからというよりは、彼女の中にもともとあった野生に対する欲求が開花したという風にも思える。

脱糞も含めてとにかく異色の作品である。
採点を参考にする指標として

10・・・絶頂
9・・・AllTimeBest
8・・・傑作
7・・・おすすめ
6・・・まあまあ
5・・・普通
4・・・いまひとつ
3・・・つまらない
2・・・観る価値なし
1・・・映画でない
採点不能(すべきでない)

2012年度オススメ映画 (9)
2013年度オススメ映画 (14)
2014年度オススメ映画 (15)
2015年度オススメ映画(16)
2016年度オススメ映画(25)
2017年度オススメ映画(10)
採点不能映画(15)

2014年映画 MY BEST10
記事検索