映画紹介倉庫

2012年8月11日より評価方法を変更しました。
1~10までの小数点を含む数字で総合評価します。すべてDVD鑑賞で、ジャンルにこだわりません。
設定しておきながら1と10が付くことはまずありませんm( __ __ )m

2017年11月

LION/ライオン ~25年目のただいま~

LION/ライオン ~25年目のただいま~
原題 Lion




「7.2」
インドで兄とはぐれ、列車で見知らぬ土地へ運ばれた弟が、養子としてオーストラリアで暮らすも、今の家族を思いながら、グーグルアースでかつての家族を探し出そうとする実話を基にした物語。

今の時代だからこそ成立した奇跡。

今の家族を受け入れながら、かつて暮らしたふるさとの家族への募る思いやいかに。

その葛藤や苦しみ、自分のアイデンティティーの置き場はどこにあるのか、想像だに出来ない。

兄の気持ちを思うと切ないものがある。

ハード・コア

ハード・コア
原題 Hardcore Henry

ハードコア [Blu-ray]
ジミー:シャールト・コプリー
バップ
2017-10-04


「7.3」
まるでゲームプレイをしているかのように進んでゆく一人称画面、もはや強制的に世界に入り込まざるを得ない。

気になる所がちらほらあると、そこが気になってくるが、ありすぎると最早そんなことはどうでも良くなる。

この映画に関していうなら、ただ受け入れるのみ。

余計なことは考えずに見るのが正しい見方である。

脚本が非常に安っぽいというか、子供っぽいが、こんな映画は観たことが無いから、刺激は大いに受けた。

いい意味で馬鹿映画っぷりが際立っている、はい?何なんだよ!の連続。

シークレット・オブ・ハロウィン

シークレット・オブ・ハロウィン
原題 Boys In the Trees




「6.6」
ハロウィンの夜、不良のグループとつるんでいる最中、かつての友達と偶然出会い、帰りの道中を一緒に過ごすうちに、不可思議な世界へさまよい込んでゆく。

物悲しく寂しい、しかし情愛に満ちた物語。

かつての友達もいろんな理由で、時がたつにつれて疎遠になってゆく、そんな誰しも持っている後ろ髪を引かれるような思い出。

そんな子供のころの思い出とリンクしやすい作品。

ノー・エスケープ 自由への国境

ノー・エスケープ 自由への国境
原題 Desierto


ノー・エスケープ 自由への国境 [Blu-ray]
ガエル・ガルシア・ベルナル
ポニーキャニオン
2017-10-18


「6.8」
不法にアメリカへ入国しようとする一団が、それを獲物にしているハンターに追われ、生き残った最後の2人の男女が、ハンターと繰り広げる追跡劇。

不法移民に対する憤りを抱いているハンターの行動は、異常ではあるが、サイコとは違う。

単純な善悪だけでは描かれていない。

目的への執念という点では、両者は似通っている。

犬の役割なくしてはこの映画は成立しなかった。

最大の功労者といってよいと思う。

静かなる復讐

静かなる復讐
原題 Tarde Para La Ira


静かなる復讐 [DVD]
アントニオ・デ・ラ・ト
松竹
2017-11-29


「7.2」
もうじき出所となる義理の兄が恋人の女性と、一夜を共にした主人公が、本当の目的の為に動き出だす復讐劇。

非常に構成が上手くできている、2度見ると別の視点で楽しめるようになっている。

物静かで物腰柔らかな主人公の冷静さが、ある意思によって貫かれていたからであると知ってからは、そのまなざしはまったく違ったものに見えてくる。

部分的にあえて見せないことによって、見るものの想像で補完させていたりする。
採点を参考にする指標として

10・・・絶頂
9・・・AllTimeBest
8・・・傑作
7・・・おすすめ
6・・・まあまあ
5・・・普通
4・・・いまひとつ
3・・・つまらない
2・・・観る価値なし
1・・・映画でない
採点不能(すべきでない)

2012年度オススメ映画 (9)
2013年度オススメ映画 (14)
2014年度オススメ映画 (15)
2015年度オススメ映画(16)
2016年度オススメ映画(25)
2017年度オススメ映画(28)
2018年度オススメ映画(2)
採点不能映画(15)

2014年映画 MY BEST10
2015年映画 MY BEST10
記事検索