映画レビューDAM

2012年8月11日より評価方法を変更しました。
1~10までの小数点を含む数字で総合評価します。すべてDVD鑑賞で、ジャンルにこだわりません。
設定しておきながら1と10が付くことはまずありませんm( __ __ )m

2018年08月

短め映画レビュー、簡単解説。さくっと簡潔に。

アウトサイダーズ

アウトサイダーズ
原題 Trespass Against Us


アウトサイダーズ [DVD]
マイケル・ファスベンダー
トランスフォーマー
2018-08-03


「6.6」
3世代でトレーラーハウスで暮らす一家、それすなわち犯罪集団の家族が、互いが守ろうとする「家族」の違いによって確執を生み対立する。

父と子、子と孫、2つの物語。

犯罪集団の家の子として育てられた息子が、自分の息子に同じ道を歩ませぬために模索するがしかし・・・。

家族ドラマとして描いているが、もっとコメディとして振り切っても面白いかもしれない。

シークレット・ルーム

シークレット・ルーム
原題 Wakefield


シークレット・ルーム [DVD]
ブライアン・クランストン
アメイジングD.C.
2018-08-03


「7.3」
喧嘩中の妻の下へ帰りが遅くなったことをきっかけに自宅の納屋の2階に潜み、仕事も家族も放棄して生き始める男の物語。

ほんの小さな出来事が大きな事態へと発展していく面白さ、主人公の行動心理の面白さ、家族の生活を覗き見るという面白さ、実に奇妙で変わっているが魅力にあふれている作品。

理解の出来る様で出来ない不思議な人物像、彼の人間としての魅力に惹きつけられてゆく。

ダウン症の子供との交流はなんとも愛おしい。

語り口のいろいろある作品。

バース・オブ・ネイション

バース・オブ・ネイション
原題 The Birth of a Nation


バース・オブ・ネイション 2枚組ブルーレイ&DVD [Blu-ray]
ネイト・パーカー
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2018-08-03




「7.1」
奴隷として生まれながらも牧師としての教養を持った黒人が、白人からの非道な仕打ちに耐えかね、反乱を起こすまでを描いた真実の物語。

思うに聖書の言葉にもさまざまあり、その引用の仕方によって良くも悪くも利用できる、そこは現在にも通ずる所だろう。

大きなうねりを生み出す最初の発端がここにあり、起きた事実を今の我々に訴えかける。

キャラクターに寄りそって丁寧に描いている。

女の一生

女の一生
原題 Une Lie


女の一生 [DVD]
ジュディット・シュムラ
アルバトロス
2018-08-03


「6.7」
モーパッサンの小説を映画化したものであるが、私がこの小説を読んだのはあまりに昔過ぎて、物語はほとんど覚えていなかった。

よってほとんど知らない人と同じ感覚であったと言ってよい。

実に、実に苦しい、耐える女性の物語。

窓辺でたたずむ彼女の物憂い顔が印象的である。

信仰と理性との間の揺れ動く感情が一つのテーマ。

15時17分、パリ行き

15時17分、パリ行き
原題 The 15:17 to Paris


15時17分、パリ行き ブルーレイ&DVDセット(2枚組) [Blu-ray]
アンソニー・サドラー
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2018-07-04


「採点不能」
この映画を見て、どうしても日本で起きた事件を思い出さずにはいられない。

この映画の青年たちと思いを同期して考えると、やるせない思いが湧き上がってくる。

また、その勇気はもっと広く称えられるべきものだとも思う。

映画自体は大半が旅行記という感じで、その方向性の意義はあろうが、映画としては退屈であった。
採点を参考にする指標として

10・・・絶頂
9・・・AllTimeBest
8・・・傑作
7・・・おすすめ
6・・・まあまあ
5・・・普通
4・・・いまひとつ
3・・・つまらない
2・・・観る価値なし
1・・・映画でない
採点不能(すべきでない)

2012年度オススメ映画 (9)
2013年度オススメ映画 (14)
2014年度オススメ映画 (15)
2015年度オススメ映画(16)
2016年度オススメ映画(25)
2017年度オススメ映画(28)
2018年度オススメ映画(33)
2019年度オススメ映画(2)
採点不能映画(24)

2014年映画 MY BEST10
2015年映画 MY BEST10
2016年映画 MY BEST10
記事検索