映画レビューDAM

2012年8月11日より評価方法を変更しました。
1~10までの小数点を含む数字で総合評価します。すべてDVD鑑賞で、ジャンルにこだわりません。
設定しておきながら1と10が付くことはまずありませんm( __ __ )m

2019年02月

短め映画レビュー、簡単解説。さくっと簡潔に。

アニー・イン・ザ・ターミナル

アニー・イン・ザ・ターミナル
原題 Terminal


アニー・イン・ザ・ターミナル[Blu-ray]
マーゴット・ロビー
ポニーキャニオン
2019-01-09

「7.5」
ビジュアルイメージが鮮烈で、且つミステリーとしても秀逸。

キャラクターも魅力的で、会話劇の中のクセもいい個性になっている。

隙が無く、完成度も高い。

リミット・オブ・アサシン

リミット・オブ・アサシン
原題 24 Hours To Live


リミット・オブ・アサシン [Blu-ray]
イーサン・ホーク
Happinet
2019-01-09


「4.4」
アクションは・・・まあまあ、イーサン・ホークは・・・まあまあ、ストーリーがふにゃふにゃ。

そりゃイーサン・ホークは魅せるだけの魅力は持ってる。

それでだいぶ見栄えはよくなっているが、完全に宝の持ち腐れ。

お金をかけて、いい役者使っても、いい映画には必ずしもならないんだな、ということを改めて教えてくれる。

逆にお金を掛けず、無名の俳優でもいい映画は結構ある。

不思議とそっちのほうが感心してしまう。

CRESCENT 冷たい海の底

CRESCENT 冷たい海の底
原題 The Crescent




「7.1」
静けさと胸騒ぎがする、印象的な世界。

母一人、子一人の不安になるくらい何も起きない序盤にも、実はしっかり布石は打ってある。

スロースタートの割には案外上手くまとまっている。

不穏な世界に幼い子供がたった一人、親ならばこれは間違いなく恐怖だろう。

恐さの多面性を改めて感じさせてくれる作品。

告白小説、その結末

告白小説、その結末
原題 D’apres Une Histoire Vraie


告白小説、その結末 [DVD]
エマニュエル・セニエ
TCエンタテインメント
2019-01-09


「6.9」
一つ一つが丁寧に作りこまれた作品で、それ故に場面に説得力がある。

音楽もあいまって、主人公の不安感が伝わってくる。

余白の多い作品で、それだけに想像が膨らむ。

一体彼女は何者だったのか、彼女の話の何処までが本当だったのか。

トゥルース・オア・デア ~殺人ゲーム~

トゥルース・オア・デア ~殺人ゲーム~
原題 Truth or Dare


トゥルース・オア・デア ~殺人ゲーム~ ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
ルーシー・ヘイル
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
2018-12-05


「6.1」
「ファイナル・デスティネーション」を髣髴とさせる死から逃れるためのゲーム。

あらを探すといろいろあるので、あまり深く考えずに見る方がよい。

テンポはいいが、最後にごちゃついた印象は否めない。

「ファイナイル・デスティネーション」で言うところのすでに続編のような、下降気味の印象を受ける。
採点を参考にする指標として

10・・・絶頂
9・・・AllTimeBest
8・・・傑作
7・・・おすすめ
6・・・まあまあ
5・・・普通
4・・・いまひとつ
3・・・つまらない
2・・・観る価値なし
1・・・映画でない
採点不能(すべきでない)

2012年度オススメ映画 (9)
2013年度オススメ映画 (14)
2014年度オススメ映画 (15)
2015年度オススメ映画(16)
2016年度オススメ映画(25)
2017年度オススメ映画(28)
2018年度オススメ映画(33)
2019年度オススメ映画(2)
採点不能映画(24)

2014年映画 MY BEST10
2015年映画 MY BEST10
2016年映画 MY BEST10
記事検索