スパイラル―危険な関係―
原題  The Details

トビー・マグワイア スパイラル ~危険な関係~ [DVD]
トビー・マグワイア
ビデオメーカー
2014-08-02


「7.5」
しあわせな家族を築く真面目な夫が、ほんの些細なことをきっかけにして事態が拡大してゆき、ついには泥沼にはまってゆく。 

観ている側としてはそれに期待し、映画はそれに期待通りに答えてくれる。

それは観ていて満足感を得られると同時に、作中のキャラクターと同じ衝動を抱えていることを突きつけられ、そこに決してフィクションとは言い切れない怖さもある。 

誰にでもあるであろう一つや二つの秘密。

それが可笑しくも負の展開へと拡大してゆく。

としてついにすべてを明らかにするとき、そこがこの作品の中で最も意味を持つシーンであり、内に抱えた重りを一気に解き放つ開放感を与えてくれる。 

作中のキャラクターと自分を重ね合わせたとき、何かを突きつけられているようで、言い逃れできない敗北感がとても痛ましい。

しかし、告白を通して解決とはいかないまでも、乗り越えてゆくことはできる、そしてそれでも人生は続くということを描いている。