女の一生
原題 Une Lie


女の一生 [DVD]
ジュディット・シュムラ
アルバトロス
2018-08-03


「6.7」
モーパッサンの小説を映画化したものであるが、私がこの小説を読んだのはあまりに昔過ぎて、物語はほとんど覚えていなかった。

よってほとんど知らない人と同じ感覚であったと言ってよい。

実に、実に苦しい、耐える女性の物語。

窓辺でたたずむ彼女の物憂い顔が印象的である。

信仰と理性との間の揺れ動く感情が一つのテーマ。