まともな男
原題 Nichts Passiert


まともな男 [DVD]
デーヴィト・シュトリーゾフ
オデッサ・エンタテインメント
2018-09-04


「6.6」
行動には責任が伴う。

難しい選択を迫られる時は確かにある。

その点、作中の主人公の立たされた立場は、難しいとは言える。

しかし、一つの嘘を吐き通すためにいくつもの嘘をつき、自分の都合の良いようにしか行動しなくなった主人公に対しては、同情の余地は無い。

彼の行動に対して社会的制裁が加えられないことに対してはモヤモヤが残る。

誰もが同じ状況に立つことはあっても、誰もが同じ選択をするとは思えない。

物語で主人公が選択した結果の苦悩は、あまりに自分本位にしか見えない。

その点反面教師としてなら、この映画は役立つかもしれない。