映画紹介倉庫

2012年8月11日より評価方法を変更しました。
1~10までの小数点を含む数字で総合評価します。すべてDVD鑑賞で、ジャンルにこだわりません。
設定しておきながら1と10が付くことはまずありませんm( __ __ )m

採点不能

触手

触手
原題 La Region Salvaje


触手 [DVD]
ルース・ラモス
トランスフォーマー
2018-09-07


「採点不能」
一見趣味の悪い映画に見えるが、社会的メッセージを伴った、なにやら心を揺り動かされる奇妙な力を持った映画である。

エロティックというよりは、生々しいといったほうが良いかもしれない。

快楽への欲求と依存。

どういう受け止め方をしたら良いのか少々悩まされる。

気味が悪いの一言ではすまない何かがある。

人には薦められないが、不思議な映画の一つとして、アンタッチャブルなインパクトはある。

15時17分、パリ行き

15時17分、パリ行き
原題 The 15:17 to Paris


15時17分、パリ行き ブルーレイ&DVDセット(2枚組) [Blu-ray]
アンソニー・サドラー
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2018-07-04


「採点不能」
この映画を見て、どうしても日本で起きた事件を思い出さずにはいられない。

この映画の青年たちと思いを同期して考えると、やるせない思いが湧き上がってくる。

また、その勇気はもっと広く称えられるべきものだとも思う。

映画自体は大半が旅行記という感じで、その方向性の意義はあろうが、映画としては退屈であった。

デトロイト

デトロイト
原題 Detroit


デトロイト (初回限定版) [Blu-ray]
ジョン・ボイエガ
バップ
2018-07-04


「採点不能」
デトロイトで起きた黒人による暴動の最中、警官によって3人の黒人が殺された事件を描いている。

秩序が崩壊している中で、倫理観も崩壊している。

暴動が肯定されるわけは無いが、鬱屈した怒りが溜め込まれていたのは理解できる。

最もやるせないのは、公正であるはずの司法が必ずしも公正でないというところである。

秩序が崩壊して暴動が起きる時、思い起こさせるのは、秩序が崩壊してもその倫理観を失わなかった民族がいたことだ。

きっとそこから何か学び取ることができれば、道徳的なアプローチで解決しうるのではないか。

リュミエール!

リュミエール!
原題 Lumiere!


リュミエール! [DVD]
ティエリー・フレモー
ギャガ
2018-04-27


「採点不能」
世界で最初に撮られた映画といわれる、シネマトグラフを使ったリュミエールの、約1分ほどの作品を次々と見せてくれる。

そこには日常の光景、美しい街並み、名も無い人々の何気ない光景が映し出されている。

なんとそこには日本の映像も1本だけ含まれている。

彼らは世界中を旅して周り、そこでの光景を映して回ったのであるが、日本にも行っていたのである。

歴史的に見ても貴重な映像であると思う。

風景の美しさ、動きのダイナミックさ、人々の愛らしさ、観る人を喜ばせる映画の根源的な役割がすでにそこに現れている。

立ち去った女

立ち去った女
原題 The Woman Who Left


立ち去った女 [Blu-ray]
チャロ・サントス・コンシオ
タキ・コーポレーション
2018-05-02


「採点不能」
無実であった罪によって30年余り刑に伏し釈放された女が、自分に罪を着せた黒幕に復讐するため、一人旅立つ。

30年という時の経過がもたらす悲劇が彼女の復讐心に火をつける。

228分という近年まれに見る長尺の物語は、虚飾を排し、ワンカットを長回しで丁寧に撮られた結果である。

社会的弱者へのまなざしを強く感じる。

228分は確かに長いが、割りと気にならない。
採点を参考にする指標として

10・・・絶頂
9・・・AllTimeBest
8・・・傑作
7・・・おすすめ
6・・・まあまあ
5・・・普通
4・・・いまひとつ
3・・・つまらない
2・・・観る価値なし
1・・・映画でない
採点不能(すべきでない)

2012年度オススメ映画 (9)
2013年度オススメ映画 (14)
2014年度オススメ映画 (15)
2015年度オススメ映画(16)
2016年度オススメ映画(25)
2017年度オススメ映画(28)
2018年度オススメ映画(23)
採点不能映画(24)

2014年映画 MY BEST10
2015年映画 MY BEST10
記事検索