映画紹介倉庫

2012年8月11日より評価方法を変更しました。
1~10までの小数点を含む数字で総合評価します。すべてDVD鑑賞で、ジャンルにこだわりません。
設定しておきながら1と10が付くことはまずありませんm( __ __ )m

は行

ビューティフル・デイ

ビューティフル・デイ
原題 You Were Never Really Here


ビューティフル・デイ [Blu-ray]
ホアキン・フェニックス
Happinet
2018-12-04


「7.4」
不安を煽り立てる音楽がたまらない。

不吉なムードが常に漂っている。

非常に殺伐とした暗い世界の中で、一つ彼女の魅力が光っている。

現実と幻と空想が入り混じる中で、男は苦悶し続ける。

ブルー・マインド

ブルー・マインド
原題 Blue My Mind


ブルー・マインド [DVD]
ルナ・ヴェドラー
TCエンタテインメント
2018-12-05


「7.4」
私の知っているタイトルでいうと「RAW 少女のめざめ」、「ワイルド わたしの中の獣」に「スウィート17モンスター」と「シェイプ・オブ・ウォーター」を掛け合わせたような不思議な映画。

それでいて美しい。

子供から大人への変化してゆく少女を文字通り変化して見せた。

危機的状況に陥っているのは彼女の方なのに、なぜかあの彼らを心配してしまったのは、男ゆえか。

おそらく怖さが倍増した。

ホース・ソルジャー

ホース・ソルジャー
原題 12 Strong


ホース・ソルジャー[Blu-ray]
クリス・ヘムズワース
ポニーキャニオン
2018-10-03

「7.6」
これは元から美談として描こうとしているものなので、斜に構えて見れば、事実を基にしているとはいえ偏った視点ではあるし、映画なりに脚色された部分もある。

そういう少しひねくれた考えを除けば、これは非常に良くできた完成度の高い映画といえる。

特に戦場の場面は、本当に緊張感を強いられます。

最近ではこの感じは「ローン・サバイバー」以来です。

パシフィック・リム:アップライジング

パシフィック・リム:アップライジング
原題 Pacificrim Uprising


パシフィック・リム:アップライジング ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
ジョン・ボイエガ
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
2018-10-11


「5.0」
何も考えずに見るには丁度いいのかもしれない。

ただその代わり何も残るものは無い。

キャラクターが人物的魅力に欠けるというのも印象を悪くしている。

怪獣が合体するのなら、ロボットも合体すればもう少し胸は熱くなったかもしれない。

The Beguiledビガイルド 欲望のめざめ

The Beguiledビガイルド 欲望のめざめ
原題 The Beguiled


The Beguiled ビガイルド 欲望のめざめ [Blu-ray]
コリン・ファレル
TCエンタテインメント
2018-11-09


「7.0」
女性の年代別の男性へのアプローチの仕方が分かって面白い。

一人勝ちという夢の空間からの急転直下。

男と女の情熱の変化の違いが、特殊な空間によって鮮明になっている。

人間観察するつもりで見ると面白い。
採点を参考にする指標として

10・・・絶頂
9・・・AllTimeBest
8・・・傑作
7・・・おすすめ
6・・・まあまあ
5・・・普通
4・・・いまひとつ
3・・・つまらない
2・・・観る価値なし
1・・・映画でない
採点不能(すべきでない)

2012年度オススメ映画 (9)
2013年度オススメ映画 (14)
2014年度オススメ映画 (15)
2015年度オススメ映画(16)
2016年度オススメ映画(25)
2017年度オススメ映画(28)
2018年度オススメ映画(23)
採点不能映画(24)

2014年映画 MY BEST10
2015年映画 MY BEST10
2016年映画 MY BEST10
記事検索