映画紹介倉庫

2012年8月11日より評価方法を変更しました。
1~10までの小数点を含む数字で総合評価します。すべてDVD鑑賞で、ジャンルにこだわりません。
設定しておきながら1と10が付くことはまずありませんm( __ __ )m

さ行

死の谷間

死の谷間
原題 Z For Zachariah


死の谷間 ブルーレイ & DVDセット [Blu-ray]
マーゴット・ロビー
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2018-10-03


「7.2」
特殊な条件を設定し、その中での人物のやり取りを描く。

その際設定はそこまで重要ではない。

結局は人間を描くことに焦点を当てている。

特にこの映画では、信仰を含めた人間を描いている。

ヒリヒリとした三角関係。

見ごたえがある。

ザ・シークレットマン

ザ・シークレットマン
原題 Mark Felt  The Man Who Brought Down The White House


ザ・シークレットマン [Blu-ray]
リーアム・ニーソン
松竹
2018-09-05


「6.7」
全体を覆っているムードは好きだ。

こういった政治に関わるスキャンダルでいくつも映画が作れるのは、良くも悪くもアメリカらしいのか。

重厚ではあるが地味な印象も受ける。

しあわせの絵の具 愛を描く人モード・ルイス

しあわせの絵の具 愛を描く人モード・ルイス
原題 Maudie




「7.4」
どのくらいその人物に魅力があるか。

魅力があればあるほど、それが分かってくるごとに作品も自然と魅力的になってゆく。

この作品は時間をかけてその魅力を作り上げている。

その分はしょる部分ははしょり、その人物の魅力を捉えた部分だけを濃密に描いている。

自分に対する充足感の満たし方、偏見、他者からの視線へのコンプレックス。

人生を有意義に生きるためのヒントが隠されている。

俳優の役作りはさすが、イーサン・ホークのまたすばらしい作品。

スリープレス・ナイト

スリープレス・ナイト
原題 Sleepless

スリープレス・ナイト Blu-ray
ジェイミー・フォックス
ポニーキャニオン
2018-08-02


「6.8」
見ながら途中で気付いたが、確かこれは基のタイトルがあって、つまりこれはそのリメイクにあたる。

同じように、三者三様入り乱れて、一つのクラブ内での騒乱の一夜をメインにしているが、基の方がよりタイトに凝縮されていたように思う。

とはいえ今作もそれなりに見ごたえはある。

基のタイトルを細かく思い出せないので、どこが改変されているのか分からないが、奥さんが自ら巻き込まれに行くくだりはあっただろうか。

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア
原題 The Killing of a Sacred Deer




「6.7」
音楽が与えている映画全体への情感が、特に印象的。

その先の未来を予感させる、今起きている事態を象徴している。

映像に音楽がメッセージを与えている。

どうなるか分からない不安感が終始映画を惹きつけている。

がしかし、決着の仕方には不足感が残る。

演出に関していえば見ごたえがある。

円熟味を増したニコール・キッドマンもいい。
採点を参考にする指標として

10・・・絶頂
9・・・AllTimeBest
8・・・傑作
7・・・おすすめ
6・・・まあまあ
5・・・普通
4・・・いまひとつ
3・・・つまらない
2・・・観る価値なし
1・・・映画でない
採点不能(すべきでない)

2012年度オススメ映画 (9)
2013年度オススメ映画 (14)
2014年度オススメ映画 (15)
2015年度オススメ映画(16)
2016年度オススメ映画(25)
2017年度オススメ映画(28)
2018年度オススメ映画(23)
採点不能映画(24)

2014年映画 MY BEST10
2015年映画 MY BEST10
記事検索