映画紹介倉庫

2012年8月11日より評価方法を変更しました。
1~10までの小数点を含む数字で総合評価します。すべてDVD鑑賞で、ジャンルにこだわりません。
設定しておきながら1と10が付くことはまずありませんm( __ __ )m

さ行

スウィート17モンスター

スウィート17モンスター
原題 The Edge of Seventeen


スウィート17モンスター [Blu-ray]
ヘイリー・スタインフェルド
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2017-09-06


「7.1」
学校、家庭、友人さまざまな問題を抱えながら、屈折した自分を表現することしかできない17歳の少女の物語。

誰しも感じたことのあるような思春期のリアルな感情があらわになっている。

外に押し出すことしかできない、制御不能の感情がまさに刃のようにあふれ出ている。

人物の描かれ方がそれぞれに丁寧で、感情移入できる。

特に教師の役どころが印象深い。

セル

セル
原題 Cell


セル [Blu-ray]
ジョン・キューザック
松竹
2017-07-05



「6.1」
携帯電話から流れた怪電波によって狂人と化した人々が、街中にあふれる中で、家族の無事を確かめようとする男の物語。

もはや日常生活において手放すことができなくなった携帯電話が、凶器に変わるというのはなかなかの恐怖。

それが精神に異常をきたすまではよかったものの、それを伝播させる方法には少し行き過ぎた感があった。

答えが明瞭でない、すっきりしない映画。

ホラーとしても弱い。

灼熱

灼熱
原題 ZVIZDAN


灼 熱 [DVD]
ゴーラン・マルコヴィッチ
オデッサ・エンタテインメント
2017-08-02


「6.5」
2つの国にまたがって繰り広げられる恋愛模様を、3つの時代に分けて同じキャストで描いた。

戦争の対立によって引き裂かれる恋人たち、2つの国の対立が人々に重い傷を作り、それが払拭しがたい壁を作り出している。

愛は憎しみを超えるのか、という問いに答えている。

何度も対立を繰り返してきた過去を持ち、陸地でつながる国同士の複雑な人間関係を身にしみて知る物だからこそ描ける作品。

ザ・ボーダーライン 合衆国国境警備隊

ザ・ボーダーライン 合衆国国境警備隊
原題 Transpecos


ザ・ボーダーライン 合衆国国境警備隊 [DVD]
ジョニー・シモンズ
トランスフォーマー
2017-07-07


「7.2」
アメリカの国境警備隊の3人が検問所で取調べ中、薬物を乗せた車を発見するが、仲間の裏切りによって麻薬カルテルとの取引に巻き込まれてゆく。

のんびりした雰囲気から突如の展開で一気に引き込まれる。

大地やそこに根ざした信仰、先住民族への崇敬の念、というのがこの映画にはある。

麻薬カルテルに絡む凄惨さや闇の深さを示す映画は数あれど、これはその中でも上位に入る秀作といえる。

ザ・コンサルタント

ザ・コンサルタント
原題 The Accountant


ザ・コンサルタント ブルーレイ&DVDセット(初回仕様/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]
ベン・アフレック
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2017-05-17


「6.7」
マフィアの資金洗浄に手を貸していると思われる会計士と、それを追う捜査官、会計士が監査に当たった会社の不正を明らかにしたことで、命を狙われるようになるが、彼は普通の男ではなかった。

主人公が何者なのかということは終盤になってはじめて分かる。

ベースとなるもの以外にいくつかサブストーリーが盛り込まれており、少々入り組んでいる。

分かりやすくはしているが、飲み込みやすい映画ではない。

つまらなくは無いが感情移入するには純粋さがいる。
採点を参考にする指標として

10・・・絶頂
9・・・AllTimeBest
8・・・傑作
7・・・おすすめ
6・・・まあまあ
5・・・普通
4・・・いまひとつ
3・・・つまらない
2・・・観る価値なし
1・・・映画でない
採点不能(すべきでない)

2012年度オススメ映画 (9)
2013年度オススメ映画 (14)
2014年度オススメ映画 (15)
2015年度オススメ映画(16)
2016年度オススメ映画(25)
2017年度オススメ映画(10)
採点不能映画(15)

2014年映画 MY BEST10
記事検索