映画紹介倉庫

2012年8月11日より評価方法を変更しました。
1~10までの小数点を含む数字で総合評価します。すべてDVD鑑賞で、ジャンルにこだわりません。
設定しておきながら1と10が付くことはまずありませんm( __ __ )m

ら行

リュミエール!

リュミエール!
原題 Lumiere!


リュミエール! [DVD]
ティエリー・フレモー
ギャガ
2018-04-27


「採点不能」
世界で最初に撮られた映画といわれる、シネマトグラフを使ったリュミエールの、約1分ほどの作品を次々と見せてくれる。

そこには日常の光景、美しい街並み、名も無い人々の何気ない光景が映し出されている。

なんとそこには日本の映像も1本だけ含まれている。

彼らは世界中を旅して周り、そこでの光景を映して回ったのであるが、日本にも行っていたのである。

歴史的に見ても貴重な映像であると思う。

風景の美しさ、動きのダイナミックさ、人々の愛らしさ、観る人を喜ばせる映画の根源的な役割がすでにそこに現れている。

ローサは密告された

ローサは密告された
原題 Ma’ Rosa


ローサは密告された [DVD]
ジャクリン・ホセ
ポニーキャニオン
2018-03-02


「6.8」
フィリピンで、闇で薬物の売買をしながら店を切り盛りしていた夫婦が、警察に逮捕され、保釈金を得るためにあらゆることをする家族を描く。

社会に蔓延するとはよく言うが、一部とはいえここまで浸りきるとは、もはや排除不能に見えてくる。

恐るべきは日常にあふれ売買されている薬物よりも、それを取り締まる警察の腐敗。

薬物がらみでの警察の腐敗は、程度は違えど何処でもあるが、こちらは何か突き抜けたものがある。

フィリピンの現実の社会と風景が反映されている、リアリティがある。

ライフ

ライフ
原題 Life


ライフ [Blu-ray]
ジェイク・ギレンホール
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2017-12-06


「7.3」
火星から持ち帰った砂の中から見つかった初めての地球外生命体を飼育する宇宙ステーションの中で、実験中に変容した生命体が自己の生存本能を活発化させてゆく。

ジェイク・ギレンホールにライアン・レイノルズ、日本から真田広之と、キャストが実にうれしい。

SFでありスリラーである。

そのジャンルはたまらなく好きだ。

密閉空間の中で未知の生命体に追い回されるという、ドキドキとハラハラが止まらない。

細かいところが気にならないではない。

終わり方はもっとスマートでも良かった。

傑作とまではいかないまでも、かなりの秀作の部類には入ると思う。

考えると実に恐ろしい。

ローガン

ローガン
原題 Logan


LOGAN/ローガン 2枚組ブルーレイ&DVD [Blu-ray]
ヒュー・ジャックマン
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2017-10-18


「7.1」
ウルヴァリンの一つの物語がこれで完結する。

未来への希望を託すふさわしい終わり方だった。

その爪でバッサバッサと切り刻むのは、痛々しくもあれば気持ちよくもある。

遠慮なく表現してくれたおかげでそれに拍車がかかって良かった。

時間的に少し長かったかもしれない。

ミュータントというよりはもはやただのバケモノ化してしまった感はある。

LION/ライオン ~25年目のただいま~

LION/ライオン ~25年目のただいま~
原題 Lion




「7.2」
インドで兄とはぐれ、列車で見知らぬ土地へ運ばれた弟が、養子としてオーストラリアで暮らすも、今の家族を思いながら、グーグルアースでかつての家族を探し出そうとする実話を基にした物語。

今の時代だからこそ成立した奇跡。

今の家族を受け入れながら、かつて暮らしたふるさとの家族への募る思いやいかに。

その葛藤や苦しみ、自分のアイデンティティーの置き場はどこにあるのか、想像だに出来ない。

兄の気持ちを思うと切ないものがある。
採点を参考にする指標として

10・・・絶頂
9・・・AllTimeBest
8・・・傑作
7・・・おすすめ
6・・・まあまあ
5・・・普通
4・・・いまひとつ
3・・・つまらない
2・・・観る価値なし
1・・・映画でない
採点不能(すべきでない)

2012年度オススメ映画 (9)
2013年度オススメ映画 (14)
2014年度オススメ映画 (15)
2015年度オススメ映画(16)
2016年度オススメ映画(25)
2017年度オススメ映画(28)
2018年度オススメ映画(7)
採点不能映画(15)

2014年映画 MY BEST10
2015年映画 MY BEST10
記事検索