映画紹介倉庫

2012年8月11日より評価方法を変更しました。
1~10までの小数点を含む数字で総合評価します。すべてDVD鑑賞で、ジャンルにこだわりません。
設定しておきながら1と10が付くことはまずありませんm( __ __ )m

2012年オススメ映画

別離

別離
別離 [DVD]

どの国の映画か定かではありませんが、アラブかそのあたりのイスラム教国が舞台となっています。
ありえないくらいたくさんの賞を取った映画でもあります。
なんというか胸にズゥーンとくる重い映画です。
離婚を前提に別居することになった一人娘を持つ夫婦が、アルツハイマー病である夫の父親の面倒を見るためにヘルパーを雇い入れるところからこの物語は始まります。
家庭内に問題を抱える主人公である夫と、同じく問題を抱えるヘルパーの女性との間で起きた衝突を原因に、周りの人間を巻き込みながら収まりのつかない大きな問題へと発展していく、人間の本質そのものを明らかにしたような映画。
誰もが持つ自己愛が些細な嘘をつかせ、それが重なることで自分も回りも不幸にしていってしまう様子がリアルに描かれています。
誰にとっても身に覚えのあることであるだけに、とても生々しく懐をえぐられるようなズゥーンとした感じを覚えてしまいます
それはこの映画が力のある映画である証拠だと思います。
最終的に問題に対し、この映画自体が答えを見出していないところがまた奥深さを感じさせられます。

とても重くなる映画ですが、力を持った完成度の高い、いやあえて完成させていないこの映画を、どんな映画でも質が高いなら観るという映画好きの方にはオススメします。

「7.8」

ドライヴ

ドライヴ
原題 Drive

久しぶりに未体験の映画に接触した感じがしました。
車の修理工をする傍ら、強盗の逃走車両専用のドライバーを仕事にする男が、自分の部屋の隣に住む女性と親しくなったことから思わぬ事件に発展してゆくという映画。
この映画には独特の魅力があって、最初の数分で危うく惚れそうになるところでした。
車に関する仕事を持つ男だけあって、熱のこもった車のシーンが多く出てきますが、魅力はそれだけではなくて、コアなファンが喜びそうな過激な暴力シーンもあり、また反対に情感漂うシーンもあります。
そして作中の音楽が非常によく映画にはまっていて、とてもうまく機能しています。
ようは全体を通して非常にセンスの良いつくりになっていて、相性が合えばこの映画に惚れる人もいるのではないかと思います。
なのにこのくらいの評価なのは、過激すぎて対象となる年齢の幅が自然と狭くなってくるからです。

カーアクション、バイオレンスの好きな方、映画好きの方は一度見ておいてもいいと思います。

「7.2」
ドライヴ [DVD]

クライムダウン

クライムダウン
原題 A Lonely Place to Die

ある登山グループが山で生きながらにして土の中に埋められていた少女を見つけ救い出したことをきっかけに、何者かに狙われ始め、少女をめぐってそれぞれ立場の違う者たちの思惑が錯綜し、対立しあうことになっていく一級のサスペンス映画。
前半のスリルある岩場での追跡シーンから後半の関係者入り乱れての少女をめぐる闘争シーンまで、息をもつかせぬ展開で観ている側をあきさせない。
この映画が成功している理由の一つに、本を書いている人物と映画を製作している人物が同じだということが挙げられます。
自分のイメージをそのまま映画に反映させられるということは、映画の出来にとっても大きくかかわってくると思います。
それから、原題のタイトルが序盤の内容をうまく表現していて小気味いい。
無理のある箇所が無いわけじゃないが、全体の出来に比べれば大して気にならない。

スリリングな映画を求める方、展開重視の方にはオススメ。

「7.4」
クライムダウン [DVD]

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い
原題 Extremely Loud Incredibly Close

9.11のテロ事件に巻き込まれ命を落とした父親、その父親が残した鍵を偶然見つけたアスペルガー症候群の息子、見つけた鍵に合う鍵穴を見つけるため息子は手がかりになりそうな人の家々を訪ね始める。
不思議なタイトルですが映画を観ればその言葉の必要性を理解できます。
実に良く出来た原作の本に、よく出来たキャスティング、天才的な子役に完璧な俳優陣の演技、どこをとっても文句のつけようが無い映画。
母親の子供への思い、子供の父親への思い、家族それぞれの思いが作品には込められています。
しかし、ここまで聡明な子供がいるんでしょうか?

家族を描いた映画が好きな方、上質な映像作品が見たい方にはオススメ。

「7.8」
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)
クチコミを見る

トランジット

トランジット
原題 Transit

現金輸送車を襲った4人の犯行グループが、捜査網を振り切るため現金の入った袋を家族連れの車の荷物とすり替えたことで起きる、ある家族と犯行グループとの間の攻防戦を描いた映画。
まるでストーリーの途中から映画が始まったかのような始まり方で、その緊張感とスピード感は映画の最後まで続くので、内容は90分前後であるものの非常に見甲斐のある濃密な映画だった。
意外な展開も何ヶ所かあって、そのあたりも含めて楽しめた。

激しいアクションやカーチェイスが好きな方、スピード感のある映画が好きな方にはオススメ。

「7.6」
トランジット [DVD]
トランジット [DVD]
クチコミを見る
採点を参考にする指標として

10・・・絶頂
9・・・AllTimeBest
8・・・傑作
7・・・おすすめ
6・・・まあまあ
5・・・普通
4・・・いまひとつ
3・・・つまらない
2・・・観る価値なし
1・・・映画でない
採点不能(すべきでない)

2012年度オススメ映画 (9)
2013年度オススメ映画 (14)
2014年度オススメ映画 (15)
2015年度オススメ映画(16)
2016年度オススメ映画(25)
2017年度オススメ映画(28)
2018年度オススメ映画(7)
採点不能映画(15)

2014年映画 MY BEST10
2015年映画 MY BEST10
記事検索