こちらは2015日本インターネット映画大賞投票概要となります。

投票受付は2015年12月22日~2016年1月21日23:59までとなります。
本賞への投票方法

第20回(2015年)日本インターネット映画大賞投票要領は下記の通りです。

投票資格

特にありません。インターネットにアクセスできる映画ファンの方ならば、どなたでも投票できます。

投票期間

2015年12月22日~2016年1月21日23:59までとします。

投票部門

次の2部門とし、それぞれに作品等を選出していただきます。
ただしいずれか片方のみへの投票も可とします。

◾日本映画部門
◾外国映画部門


各賞について日本映画部門、外国映画部門それぞれにつき、作品賞、部門賞、私が選ぶ○×賞への投票をお願いします。

投票場所
2015年度日本インターネット映画大賞日本映画部門投票受付
2015年度日本インターネット映画大賞外国映画部門投票受付

最低投票基準

日本映画部門、外国映画部門それぞれ作品賞3作品

以上の基準を満たせば部門賞、私が選ぶ○×賞へ投票されない場合でも有効と致します。

【作品賞】

◾今年最も気に入った映画を、外国映画・日本映画それぞれについて3本以上10本まで自由に選ぶ。
◾2013年1月~2015年12月までの劇場公開作品を投票対象とし、最も気に入った映画を、外国映画・日本映画それぞれについて3本以上10本まで自由に選んでください。
選ぶ基準は1回の鑑賞料金(通常、3D作品、字幕、日本語版、オムニバス)で1本と致します。
シリーズ作品、続編など内容が異なる場合は以下のように投票をお願い致します。

公開が2013年1月~2015年12月までの劇場公開作品で前後編及び3部作の場合は正式タイトル(サブタイトルがある作品)がない場合は前後編、3部作作品の場合前編、1部でカウント致します。4作品以上の場合は該当作品の判別が難しいため無効と致します。

事例

寄生獣の場合 
寄生獣(公開日2014年11月29日)
寄生獣 完結編(公開日2015年4月25日)


理由 

鑑賞料金が別でありストーリーが異なるため「寄生獣」のみの記載の場合は2014年公開作品としてカウント致します。

ソロモンの偽証の場合
ソロモンの偽証 前篇・事件(公開日2015年3月7日)
ソロモンの偽証 後篇・裁判(公開日2015年4月11日)


理由

鑑賞料金が別でありストーリーが異なるため「ソロモンの偽証」のみの記載の場合はソロモンの偽証 前篇・事件としてカウント致します。

図書館戦争の場合
図書館戦争(公開日2013年4月27日)
図書館戦争-THE LAST MISSION-(公開日2015年10月10日)


鑑賞料金が別でありストーリーが異なるため「図書館戦争」のみの記載の場合は2013年公開作品としてカウント致します。

リトル・フォレストの場合
リトル・フォレスト夏・秋(公開日2014年8月30日)
リトル・フォレスト冬・春(公開日2015年2月14日)


理由
この作品は春、夏、秋、冬の4部作となりますが、公開の関係上2014年度に夏、秋編、2015年度に冬、春編を公開されます。1回の鑑賞料金で2部同時上映するため「リトル・フォレスト」のみの記載の場合リトル・フォレスト夏・秋としてカウント致します。

進撃の巨人の場合
(アニメ)劇場版「進撃の巨人」前編〜紅蓮の弓矢〜(公開日2014年11月22日)
(アニメ)劇場版「進撃の巨人」後編~自由の翼~(公開日2015年6月27日) 
(実写)進撃の巨人ATTACK ON TITAN(公開日2015年8月1日 )
(実写)進撃の巨人ATTACK ON TITANエンド オブ ザ ワールド(公開日2015年9月19日)


理由 

鑑賞料金が別でありアニメと実写で4作品が上映されているため正式タイトルで投票してください。「進撃の巨人」だけの場合は4作品の見分けがつかない為無効と致します。

THE NEXT GENERATION -パトレイバー-の場合
THE NEXT GENERATION -パトレイバー-第1章(公開日2014年4月5日)
THE NEXT GENERATION -パトレイバー-第2章(公開日2014年5月31日)
THE NEXT GENERATION -パトレイバー-第3章(公開日2014年7月12日)
THE NEXT GENERATION -パトレイバー-第4章(公開日2014年8月30日)
THE NEXT GENERATION -パトレイバー-第5章(公開日2014年10月18日)
THE NEXT GENERATION -パトレイバー-第6章(公開日2014年11月29日)
THE NEXT GENERATION -パトレイバー-第7章(公開日2015年1月10日)
THE NEXT GENERATION -パトレイバー-首都決戦(公開日2015年5月1日)
THE NEXT GENERATION -パトレイバー-首都決戦ディレクターズカット(公開日2015年10月10日)


理由

「THE NEXT GENERATION -パトレイバー-」の場合は2014年4月から2015年10月まで計長編含めて9作品上映されているため正式タイトルで投票してください。「THE NEXT GENERATION -パトレイバー-」だけの場合は9作品の見分けがつかない為無効と致します。

他にも事例が発生した場合は随時掲載致します。

•外国映画・日本映画の切り分については、特にガイドラインは設けません。
皆さんの御判断を尊重いたします。

◾それらに各自の持ち点、外国映画・日本映画各「30点」までを自由に分配する。
•合計で30点に満たなくとも可とします。
◾ただし1作品につけられる最高点は「10点」とする。
作品賞に投票の場合は投票者に30点の持ち点が与えられます。
合計で30点に満たなくとも可とし、
1作品につけられる最高点は「10点」とし9点、8点、7点、6点、5点、4点、3点、2点、1点をつける事ができます。たとえば、5本だけ選んで6点ずつにするとか、10本選んで3点ずつにする、6本選んで各映画に10点、8点、5点、4点、2点、1点とするなどです。30点以内であれば30点に満たない場合でも有効となります。

以上の条件を満たさない場合は無効となります。

1回の鑑賞料金でない場合(合計2回以上の鑑賞料金等)の作品投票は無効
1作品に11点以上つけた場合はその作品無効
1作品に小数点で投票した場合はその作品無効
1作品に「この映画のこの場面だけ10点」等の1シーン投票した場合はその作品無効
公開時期が対象に満たさない場合はその作品のみ無効
11作品以上投票された場合は1番点数の低い作品(同点の場合は同じ得点全て)を無効と致します。
合計得点が30点以上の場合は投票した最低得点を無効と致します。投票した作品が全て同じ点数(全て3点、5点、6点など)の場合は1番下に表記し投票した作品を無効と致します。

【部門賞】

◾監督、および女優・男優の皆さんに投票していただきます。
◾部門の内訳は次の通りです。
•監督賞
•主演男優賞
•主演女優賞
•助演男優賞
•助演女優賞
•ニューフェイスブレイク賞
•音楽賞

◾それぞれ、今年最も気になった監督・キャスト(音楽賞は作品名)を各1人(1作品)ずつ選んで下さい。
◾監督賞については、共同監督の作品を対象とした場合のみ、その作品の監督複数名を選出してかまいません。
◾主演か助演か、男優か女優か、新人か否かの切り分けなどについても、特にガイドラインは設けません。
◾ニューフェイスブレイク賞は、今年度デビューした新人もしくは今まで無名や目立たなかったが今年飛躍的に活躍した人を対象とします。
なおニューフェイスブレイク賞の投票はキャスト(俳優、女優)のみとします。
◾監督賞、主演男優賞、主演女優賞、助演男優賞、助演女優賞、ニューフェイスブレイク賞に投票される場合は監督、俳優、女優の出演作品を明記してください。
理由
明らかに2013年1月~2015年12月までに映画出演が無い場合は無効となる場合ありますので選出基準として必要となります。
◾部門賞については、各賞ごと、あるいはすべて棄権された場合は該当なしとして扱います。
◾監督賞を除く部門賞については、個人ではなくコンビ、グループ及び複数人数で投票された場合は無効として扱います。
◾ニューフェイスブレイク賞の投票でキャスト(俳優、女優)以外で投票(監督、コンビ、グループ及び複数人数)された場合は無効として扱います。今回より過去第1回~19回までに旧新人賞及びニューフェイスブレイク賞を受賞された方は投票対象外と致します。ただし日本映画部門で受賞した場合でも外国映画部門で受賞していない場合は投票対象となりますし、外国映画部門で受賞した場合でも日本映画部門で受賞していない場合は投票対象となります。
◾音楽賞で作品名を記載せずアーティスト及び歌手名(複数作品を手掛けている場合があるため)だけで投票した場合は無効として扱います。

第1回から第19回までの受賞者一覧はこちらとなります。

日本インターネット映画大賞日本映画部門ニューフェイスブレイク賞受賞者一覧

日本インターネット映画大賞外国映画部門ニューフェイスブレイク賞受賞者一覧

【私が選ぶ○×賞】

◾上記各賞に加え、特に印象に残った映画に対し自由に表彰してください。
脚本がうまかった作品に「私が選ぶ脚本賞」、映像の見事さに驚嘆した作品に「私が選ぶ映像賞」、はたまた、精緻な小道具に唸った作品に「私が選ぶ小道具賞」、さらには、徹底したアイディアをひねり出した作品に「私が選ぶとことんおバカ賞」などなど。
授賞対象は作品だけでなく人物、音楽など問いません。また賞の数も任意ですし、部門賞と同様棄権されてかまいません。
そしてこの賞は、集計の対象外であることをご了解下さい。

以下3賞は、作品賞、部門賞の集計による授賞ですので、投票はできません。

【ベストインパクト賞】

◾各部門賞を通して、もっともたくさんの投票者数を獲得した方に対し、ベストインパクト賞を授賞します。
◾対象は、監督賞・主演男優賞・主演女優賞・助演男優賞・助演女優賞・ニューフェイスブレイク賞です。
◾投票者数での集計としますので、1投票者が同一人物を複数賞(例.主演女優賞、ニューフェイスブレイク賞)に投票された場合は1票扱いとします。

【アニメ賞】

◾日本映画部門・外国映画部門を合わせた作品賞の中から、もっとも高得点を獲得したアニメ作品に対し、アニメ賞を授賞します。
◾日本映画部門・外国映画部門通して1作品授賞とします。
◾アニメ作品の範疇については当賞事務局にご一任ください。対象作品は長編アニメ作品(45分以上)と致します。

【思い入れ作品賞】

◾作品賞の総得点を投票者数(5名以上の投票があった作品を対象)で割った一人あたりの平均得点(思い入れ度)がもっとも高い作品に授賞します。
◾平均得点が同じ場合は投票者数が多い作品が上位となります。
◾投票数が同じ場合は同順位と致します。

作品の選出対象

対象作品必ずしも2015年公開作品には限定しません。正式な国内公開日とは関係なく、あくまでも「今年あなたが初めて観た映画」とさせていただきます。これは全ての賞で共通です。 ◾概ね2014年末に公開の今年の正月映画から、現在公開されている2015年の正月映画までが対象になると思いますが、地域によっては公開時期の違いから首都圏等で2013年に公開された映画が今年の公開となったものもあるかと思いますし、また去年観逃していた映画がビデオリリースされたために今年になって観たということもよくあることだと思います。
そうした作品達も、あなたが今年初めて観たものであれば、基本的に対象作品として扱いたいと思います。
◾ただしおおよその目安を、国内初公開後3年とします。
今年でいえば2013年以降に公開された映画がこれにあたります。このあたりを判断基準において下さい。
投票していただく方の作品に対する愛情や思い入れは、なるべく大事にしたいと思っています。
日本未公開作について投票の対象とします。ニューバージョンについて「特別篇」「再編集版」や「デジタル・ニューマスター版」などは公開時期としてはその形での初公開を目安とし、原作品が3年以上前の作品であっても新作として扱います。
ただし集計は原作品と同一作品として扱います。

投票方法

次の4通りのいずれかとします。

twitterからの投票

今回より2通りの投票を受け付けます。

1.ご自身のブログ記事・SNS等からのtwitterツイートによる投票

日本インターネット映画大賞の投票専用ブログに投票用フォーマットを掲載しますのでフォーマットをコピーした上で作品及び各部門賞を記載してください。

対象URL
◾ブログ記事
◾mixi日記
◾mixiページ
◾Facebook
◾Google+


以上いずれかのブログ・SNSを利用して投票記事のURLを掲載して以下のようにツイートしてください。

@movieawards_jp 日本インターネット映画大賞日本映画部門に投票します。 <投票記事のURL> #maj2015n
@movieawards_jp 日本インターネット映画大賞外国映画部門に投票します。 <投票記事のURL> #maj2015y

ツイートボタンから上記のツイートができます。

日本映画部門→
外国映画部門→

投票受理はTwitterのいいね及びリツイートで受理の報告とし投票者一覧に掲載致します。

2.TwitterからDMによる投票

今年よりDMが10000文字まで入力可能となった事によりTwitterしかアカウントのない方でも参加できるようにしました。

手順

日本インターネット映画大賞の投票専用ブログに投票用フォーマットを掲載しますのでフォーマットをコピーした上で作品及び各部門賞を記載し「この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。」にした上でDMに送信してください。

送信後スタッフが投票内容を確認し別のブログに投票内容のスクリーンショットを掲載した上で別ブログに掲載した事を投票者本人にDMで通知して受理と致します。

当映画大賞では全ての投票者の投票内容を公表しておりますのでご理解の程宜しくお願い致します。

日本インターネット映画大賞TwitterDM投票者ブログ

2015年度日本インターネット映画大賞日本映画部門投票者一覧
2015年度日本インターネット映画大賞外国映画部門投票者一覧

ブログからのトラックバック

ブログからの投票でtwitterをご利用されていない場合は、トラックバックにて受け付けます。
日本インターネット映画大賞の投票専用ブログに投票用フォーマットを掲載しますのでフォーマットをコピーした上で作品及び各部門賞を記載してください。

投票場所
2015年度日本インターネット映画大賞日本映画部門投票受付
2015年度日本インターネット映画大賞外国映画部門投票受付

受理はトラックバック後ブログで投票者一覧記事に掲載して受理と致します。

2015年度日本インターネット映画大賞日本映画部門投票者一覧
2015年度日本インターネット映画大賞外国映画部門投票者一覧

livedoorBlogへのトラックバックが送信エラーの場合は以下の代用受付gooブログ投票専用ブログへトラックバックして頂きたいと思います。

日本映画部門gooブログ投票専用
外国映画部門gooブログ投票専用

投票ブログにトラックバックの送信ができない、Twitterを持っていないがmixi、Facebook、Google+をお持ちの場合

ブログ記事のURLもしくはSNSのURLを各部門のコメント欄に掲載してください。

日本映画部門の場合 

名前に投稿者名(メールアドレスは任意)投票記事のURLを記入の上

日本インターネット映画大賞日本映画部門に投票致します。<投票記事のURL>

外国映画部門の場合 

前に投稿者名(メールアドレスは任意)投票記事のURLを記入の上

日本インターネット映画大賞外国映画部門に投票致します。<投票記事のURL>

※投稿者名が無い場合は無効となります

その場合も受理はブログで投票者一覧に掲載して受理致します。

但しFacebook、mixi等のSNSアカウントが無いと見れない場合は「この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。」とした方に限り当ブログで投票内容確認のため転載致します。

※Androidスマートフォンをお持ちの方の場合はGoogle+を使用できますのでGoogle+を利用して投票する事ができます。

投票場所
2015年度日本インターネット映画大賞日本映画部門投票受付
2015年度日本インターネット映画大賞外国映画部門投票受付

Twitterもなくブログ、mixi日記、mixiページ、Facebook、Google+もない場合

日本映画街フォーラムから投票してください。

日本映画街フォーラムからの投票

2013年末にて廃止されたコミュニティサイトfolomyは移転した日本映画街フォーラムの「【日本映画応援団!】フリートーク」(日本映画部門用)および「【ワールドシアター】洋画感想/情報,etc」(外国映画部門用)会議室から投票をしていただきます。
ここに掲載される投票フォーマットに投票内容を記載して、当該発言へのコメントの形でアップしてください。

日本映画部門
【特設】2015年度日本インターネット映画大賞日本映画部門投票です。
外国映画部門
【特設】2015年度日本インターネット映画大賞外国映画部門投票です。

受理は投票確認後ブログで投票者一覧に掲載して受理致します。

2015年度日本インターネット映画大賞日本映画部門投票者一覧
2015年度日本インターネット映画大賞外国映画部門投票者一覧

投票上のご留意点

1人につき1投票とします。
◾複数のSNS等からの投票や、日本映画街フォーラム・SNS等・Twitterそれぞれからの投票はご遠慮ください。
◾1ブログで複数ライターがいらっしゃる場合は、いずれかお一方からのみとします。
◾投票後は投票内容を変更しないようにお願いします。
集計作業は、投票直後から発表日までの間任意のタイミングで行いますので、万一変更されても集計に反映されないこともあります。
◾また、投票後正式発表までは、投票したSNS等や投票用の記事を閉鎖したり、Twitterアカウントを削除しないようにお願いします。
万一削除された場合は投票を無効とすることもあります。

発表

2016年2月6日(土)。ただし集計が完了次第発表いたします。
なお各賞の上位授賞者が決まり次第、ブログ、Twitterでも順次発表していく予定です。

お願い

上記のように、投票についてはできるだけ皆さまの意思を尊重するよう配慮しております。
ただし集計ミスを少しでもなくしたいため、投票にあたっては次の点をご配慮いただくようお願いします。

作品名・人名の表記

公開済みの作品のみならず、公開予定の作品についても、日本タイトルが決まっている場合は、極力その表記でお願いします。
特に日本未公開作品については、その旨注釈していただければ助かります(例.××映画祭のオープニング作品、等)。
また外国人(アジアを含む)の表記は、アルファベット・漢字等は避け、カタカナ表記でお願いします。

同名の作品について

同名の作品がある場合は、製作国や監督名などにより特定をしてください。

投票後の連絡について

ご投票にミスがある場合(作品賞の合計点数30点オーバーなど)、連絡し変更をお願いする場合があります。
最低でも投票締切後2週間程度は連絡ができる態勢にしていただくようお願いいたします。
ブログに設置されている管理者メール、twitterのダイレクトメッセージ等で連絡しますが、これらの連絡方法が不能の場合は、twitterにて連絡いたしますので、随時チェックをしていただくようお願いいたします。

投票内容の転載について

投票いただいた内容(コメントを含む)をWebサイトに転載させていただくことがあります。
投票フォームの下段に「この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。」旨の記載がありますので、転載にご同意いただけぬ場合は、「同意する」を「同意しない」に書き改めていただくようお願いいたします。
できる限り転載させていただきたく、ご協力お願い申しあげます。

日本インターネットLINE公式アカウント

友だち追加数

日本インターネットLINE公式アカウントQRコード