September 30, 2004

シャルロット・ゲンズブール

シャルロット・ゲンズブール 続くときは続くものです。今日はフランス女優シャルロット・ゲンズブールからの返信が届きました。こちらもファンレターを出したのは1年前。『小さな泥棒』を数年ぶりに見直して書いたファンレターだったと思います。シャルロットって、透明感があって儚げでとても憧れる女性です。でもどう頑張ってもシャルロットみたいにはなれない(笑)5x6インチくらいの大きさの写真に直筆でサインがされていました(*^^*)
 シャルロットは最近では『21g』にショーン・ペンの妻役で出演していましたね。英語を喋るシャルロットを観るのは初めてでした。彼女の映画で一番見たいのは『ブッシュ・ド・ノエル』。エマニュエル・ベアールも共演しています。ベアールといえば・・・フランス映画祭でクロージング作品となった『ナタリー...』が『恍惚』というタイトルで公開されるようです。恍惚って・・・どうよ?!

Sent 2003/10/15、Rcvd 2004/09/30

Charlotte Gainsbourg
 c/o V.M.A.
 20 Avenue Rapp
 75007 Paris
 France  

Posted by moviegoer1 at 00:00Comments(0)TrackBack(0)FAN MAIL

September 29, 2004

『 X-MEN3』にシガニー・ウィーバー?!

 シガニーといえば『エイリアン』シリーズのリプリーですよね。私はシガニーのことがかっこよくて好きなのですが、『エイリアン3』でマイケル・ビーンが中心にまわるはずだった脚本をシガニーが却下した、という話を聞いたときはシガニーのことを<カナリ>恨みました。度量が狭い私でゴメンm(__)m 『ギャラクシー・クエスト』では50歳をとっくに過ぎてるはずなのにセクシーで可愛くてビックリしました。そんなシガニーが『X-MEN3』にミュータント役でオファーされているようです。プラチナブロンド&真っ白な衣装のホワイト・クイーン・・・きっとセクシーなんだろうなぁ。『X-MEN』は大好きなシリーズなんだけど、3から監督が代わっちゃうんですよ(T_T) 前回までの監督ブライアン・シンガーが『スーパーマン5』を監督するため降板してしまったんです。スーパーマンなんていいから、X-MENを頼むよ・・・(T_T) ブライアン・シンガーって私の大好きな『ユージュアル・サスペクツ』も監督しているんですよね。『ユージュアル〜』も『X-MEN』も、物語展開や伏線の絡ませ方が大好きなんです。監督が代わるのって不安だな〜。

ソースはこちら  
Posted by moviegoer1 at 00:00Comments(0)TrackBack(0)MOVIE

September 28, 2004

ジョン・キューザック

ジョン・キューザック まさか返信はないだろうと思っていたジョン・キューザックから返信がありました。しかもこんなに早くにです。ビックリ!!SAにも返信報告はあまりないので、全く期待していなかったんですけどね (^O^) 直筆なのかプレプリントなのかビミョウな感じではありますが「直筆」と信じることにしました。
 ジョン・キューザックといえば『セイ・エニシング』などの青春ドラマのイメージが私には強く残ってます。『スタンド・バイ・ミー』では出演シーンが少ないのにとっても素敵な優しいお兄さんを好印象に演じていましたよね。ツルンとした卵みたいな顔も印象的(^^) 最近ではメジャー映画よりもヒトクセある映画に多く出演していて、昨年の『“アイデンティティー゛』は大好きなサスペンス映画の1つになりました。『ニューオリンズ・トライアル』も面白かった!芸能一家だけれど、とくに姉のジョーン・キューザックとは顔も名前もソックリで、『セイ・エニシング』など共演している映画も多い。どちらも大好きな俳優さんです。そうそう『ハイ・フィデリティ』はジョンが主役だけれどスージーやディックとキューザック一家総出演のようですね。一度観てみたい映画です。

Sent 2004/09/17、Rcvd 2004/09/28

John Cusack
 New Crime Productions
 555 Rose Avenue
 Venice, CA 90291
 USA  
Posted by moviegoer1 at 00:00Comments(0)TrackBack(1)FAN MAIL

September 27, 2004

いまさらハリポタ

 読書の秋!ということで今更ながらハリー・ポッターを読み進めています。第1作目の「賢者の石」は発売当初に読み、「秘密の部屋」は途中で読むのをやめていたんです。せっかくなので、1作目から通して読もうと思い立ち、一気に読み始めて今は「アズカバンの囚人」に入りました。映像の力ってすごいと思うのが、ハリー、ロン、ハーマイオニーの3人が頭の中で完全にダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソンになっちゃってることA(^^; 一番助かるのは「クィディッチ」という魔法界のゲームがイメージできるようになったことです。映画をみたおかげでイキイキとしたスリル万点な試合運びがまざまざと頭の中に浮かんできます。『ハリーポッターとアズカバンの囚人』映画版は、原作のファンからはどうも評判がよくなかったみたい。・・・物語を端折りすぎてるってね。私は映画版の『アズカバンの囚人』はいままでの3作の中で一番好きです。ゲイリー・オールドマンもデヴィッド・シューリスも良かったし。映画を十分に楽しんだ後、原作を読んでいるので、映画で足りなかったところを原作で後から補っている感じ。も〜、ルーピン先生ったらかっこいいよ(ただいま脳内上映中)4作目にはハリーの宿敵ヴォルテモート役にレイフ・ファインズだそうです。毎回毎回イギリスの豪華な役者が名を連ねるので本当に楽しみです(*^^*)  
Posted by moviegoer1 at 00:00Comments(0)TrackBack(0)MOVIE

September 26, 2004

マット・デイモン

マット・デイモン 一昨日、マット・デイモンからの返信が届きました。久しぶりの返信で嬉しかった〜(^^) しかもスッカリあきらめていたものでした。ファンレターを送ったのは1年前。『The Brothers Grimm』の撮影をしていたチェコのスタジオにに雑誌の切り抜きと『ボーン・アイデンティティ』のチラシを同封していたんです。1年もたってから直筆のサインが返信されるなんて(^o^) 私は Via Venue (エージェントではなく撮影スタジオや劇場に直接送ること)はどうもタイミングが悪いらしく、空振りすることが多いんです。でもVia Venueが成功すると、直筆のサインが送られてくることが多いし、何より読んでもらえたかも?と思えるんですよね。
 マット・デイモンといえば、ハーバード大出身の秀才で、精子バンクでは「マット・デイモン似」を注文する女性が多いとかA(^^; 最近ではプライベートでジョギング中に、脱水症状で倒れている女性を助けたうえに、いやな顔ひとつせずにサインや写真撮影にまでつきあってくれたそう。なんて紳士なんだ!初めて観たマットの作品が『リプリー』だったので内面的な演技を得意とする役者さんだと思っていたのですが、『ボーン・アイデンティティ』での見事な肉体改造とアクションには感激しました。その続編『ボーン・スプレマシー』もアメリカではヒットを記録しているよう。日本公開が楽しみです。

Sent 2003/09/30、Rcvd 2004/09/24

Matt Damon
 'The Brothers Grimm'
 c/o Barrandov Studios
 Koizeneckeho Namisti 322
 15202 Praha
 Czech Republic

※既に撮影は終了しています  
Posted by moviegoer1 at 00:00Comments(0)TrackBack(0)FAN MAIL

September 25, 2004

2連敗

 東京国際映画祭の上映スケジュールが出ました。・・・今年2連敗ですわ。ジョシュの新作『ホワイト・ライズ』の上映が10/29、私が唯一絶対に行けない日に決まりました。オイオイ・・・。せめて午前中なら行けたかもしれないのに。土日出勤することにしても無理そうなんですよね。あ〜、DWに続き2連敗ですよ。ま、まだジョシュの来日が確定したわけではないんですけどね。でも映画だけでも観たかったので・・・凹。ジョシュは『BHD』の来日のときにスッゴク近くで見ているし、と自分をムリヤリ納得させてみる。『O』での来日がテロでキャンセルされたこともあり、免疫もあるのかDWのときよりはショックは少なくてすみそうですが・・・。  
Posted by moviegoer1 at 00:00Comments(0)TrackBack(0)JH

September 24, 2004

仕事が・・・(>_<)

 今日は東京国際映画祭の上映スケジュールが発表されるはずなんだけど・・・いまだ気配無し。月末も迫ってきて仕事は「間に合わない」気がしてならないのだけど、仕事なんかしてられなーい(>_<) ジョシュが来日するかもしれない東京国際映画祭。もし来日しないにしても『ホワイト・ライズ』は是非観たい映画。でも映画祭が開催されるのは仕事も忙しい時期なので、上映スケジュールによっては行けないんですよ。DWに引き続き、ジョシュまでもと思うと(涙)そして昨日発覚したDWの舞台。メルボルンに是が非でも行きたい。だって素のDWも素敵だけれど芝居をしているときのDWって最高に魅力的。その舞台を生で観ることができるなんて、こんんばすばらしい機会は滅多にないでしょ?最悪1人でも行ってやろうと、メルボルン行きのチケットやなんかをネットで検索。・・・そんなこんなで、全く仕事に手がつきませんでした。来週が怖いわ・・・。  
Posted by moviegoer1 at 00:00Comments(0)TrackBack(0)MOVIE

September 23, 2004

舞台がもう現実に!

鼻は自前で。 こんなに早く願いが叶ってしまうと困るんですが・・・(涙) DWの来日中に一目たりとも会えなかった私は、彼が母国で舞台に立つことがあったら絶対に見に行こう、と決意してました。すると、もう舞台が決まってたなんて!来年2月から1ヵ月半、『シラノ・ド・ベルジュラック』の舞台に立つそうです。行きたい、行きたい、どうしよう!彼の演技を見ることができるなんて、これ以上ない幸せだと思う。どうしよう。チケットはネットでとれそうだけど・・・。どうしよう(泣)この写真も素敵すぎるよ。  
Posted by moviegoer1 at 00:00Comments(2)TrackBack(0)DW

September 22, 2004

悩む

 ヤフオクで「デヴィッド・ウェンハムの写真を1600枚収めたCD」などというのが良く出ているのをご存知ですか?もちろん、ネットの写真の寄せ集めだろうとわかっていながらも、ちょっと興味があったので買ってみた・・・、思った通り既出の写真ばかりでした。何点か見たことがないのもあったのでいいんですけどね。ひどくガッカリしたのは私の作った壁紙のほとんどがCDに収められていたこと。無断転載・配布も禁止、って書いてるのになぁ。もちろん私に著作権があるわけではないので、どうこう言える立場にはないけれど、ファン同士で楽しむ為に作ったもので、金儲けのためにUPしたんじゃないんだよね。そのCDに入っている写真のほとんどが海外のファンサイトにあがっているものだと思うので、みんな同じ気持ちなんでしょう。今後どうしようか、ちょっと考えちゃうな。  
Posted by moviegoer1 at 00:00Comments(0)TrackBack(0)DW

September 21, 2004

DWリニュ&雑誌記事

 今日はDWの39回目のお誕生日です。おめでとー!遠く日本からたくさんのお祝いの気持ちが届きますように。記念にDWページをリニュする予定だったのですが、3連休が思いのほか忙しかった為、できたのはTOPページとBiographyの一部分だけ。これからジックリなんとかします。そろそろ来日記事が掲載された映画雑誌が発売され始めました。・・・やっぱりヒューもケイトも来日していないからか、扱いは小さい。でも嬉しかったのはFLiX!DWの独占インタビューが掲載されてました。写真もすっごくクールで素敵。「カメラ目線でニッコリ」写真ではなくて、鋭く見上げる目線が最高にかっこよかった(涙)着てる服は花柄なのにねぇ。ありがとうFLiX!あとはMOVIESTARに期待です。  
Posted by moviegoer1 at 00:00Comments(0)TrackBack(0)DW

September 20, 2004

披露困憊

 昨日はあまりに疲れた為、いつ寝たのかさえ覚えてません。昼近くになってようやく起き出すと身体中が痛くて大変!これは寝すぎかも・・・。さっそく2人で昨日釣った魚の処理。私は下働きのみですが(^^) 冬が近くなってきたからか、今回のカワハギは少〜し脂がのってるみたいで、プクプクしてるし、とっても美味い!昨日は辛い、疲れた、と思ったけれど、やっぱりまた釣りに行きたくなっちゃう。
 そして夜は2回目のスポーツクラブへ。今日はプールにも挑戦。泳ぐ為にプールに入るのって何年ぶりだろう?泳げるのか心配だったけれど・・・たった25m泳ぐのがキツイ!全然進まない、なんてこった!  
Posted by moviegoer1 at 00:00Comments(0)TrackBack(0)OTHER

September 19, 2004

ボート釣り

 2時間しか寝てないんですが・・・ボート釣りに行ってきました。が、最悪のコンディション(ToT) 睡眠不足な上に風があったので、ボードが揺れる揺れる・・・。初心者な私達はちょっと大きな波が来るたびに「きゃ〜!転覆する〜!」と大騒ぎでした。慌てて一旦戻ってくるも、そんなボートは一艘もなく、みんな平気で沖のほうで釣りを楽しんでいるらしい。「本当に大丈夫なのか?」と思いつつも、意を決してもう一度海へ!私は酔い止めを飲んでいたのでなんてことなかったのですが、昨夜一睡もできなかったうえに、もともと乗り物に弱い旦那サマは、すっかり船酔いしてしまい、全く釣りにならなかったようです。午後は全く釣れず・・・疲れただけで辛かった〜(T-T) 結局釣れたのは、カワハギ6匹、シロギス1匹、そしてベラがたくさん・・・。  
Posted by moviegoer1 at 00:00Comments(0)TrackBack(0)OTHER

September 18, 2004

アイ,ロボット

アイ,ロボット ウィル・スミスの最新作。高性能なロボットが当り前となっている近未来、人には絶対に危害を加えないはずのロボットが人を殺した。しかもそのロボットの開発者を。開発者と個人的なかかわりがあり、ロボット嫌いなウィル・スミス演じる刑事が、その死の謎を探る、というお話。「ロボット(コンピューター)の反乱」というと、やっぱり思い浮かべるのは『ターミネーター』。ロボットが人間の心を持ってしまった話というと『アンドリューNDR114』あたりかな。何度も語り尽くされたテーマな気がして、物語自体には大して期待してませんでした。そりゃ、映像は格段にすごくなってるでしょうけど・・・。が、思っていた以上にヒューマンな話でちょっと感動 (T-T) 途中は「やっぱターミネーターじゃん」と思ったけれど(^^)

公式サイト  
Posted by moviegoer1 at 01:00Comments(0)TrackBack(0)MOVIE

今日はとても忙しい

 明日「ボート釣りに行こう」と急遽決めてしまった為、今日はメチャメチャ忙しい。午前中に釣り道具の買い物に行き、午後はスポーツクラブのオリエンテーション。そう、スポーツクラブに通う事にしたんです!社会人になってから、全然スポーツしてないしね。もう初めてなので緊張しっぱなし。おかげで血圧も最高記録を達成しました(嬉しくない)。腱鞘炎が治らない為、筋トレのマシンも使えないものが多いし、ランニングマシンにのったら走るどころか手を離せないし、これからどうなることやら、という幕開けでしたが通うのが楽しみです。そして、夜はレイトショーで『アイ,ロボット』を鑑賞。家に帰ったら24時近く。・・・明日は午前3時に出発予定なんですがA(^^;  
Posted by moviegoer1 at 00:00Comments(0)TrackBack(0)OTHER

September 17, 2004

サイトリニュしたい・・・

 もうすぐDWの誕生日です。そして誕生日に向けてリニュしようと思ってます・・・が、間に合わなそうす(汗) 今日も本当は『ウェルカム!ヘブン』あたりを見ようと思っていたのだけど、DWサイトのリニュを始めたら収集がつかなくなってしまいましたA(^^; 全体的にHPの構成を見直したいんですよね〜。その前に掲示板にレス入れろ、って話もありますが。スミマセンm(__)m  
Posted by moviegoer1 at 00:00Comments(0)TrackBack(0)WEB

September 16, 2004

恋は邪魔者

恋は邪魔者 「本気の恋なんて女には必要ないわ」という内容の本「恋は邪魔者」を書き上げたバーバラ(レニー・ゼルヴィガー)。本の宣伝の為の打ち合わせを売れっ子記者キャッチャー(ユアン・マクレガー)に何度もドタキャンされたバーバラは、TVでキャッチャーを公然と批判。それを受けたキャッチャーは、バーバラに自分を惚れさせることで「本の内容はでたらめ」とスクープしてやろうと、罠を仕掛け始める・・・というお話。お互いに反発しあう2人が実は、というラブコメの王道的なストーリー。だけどラストに2転3転にはビックリした(レニーの長ゼリフにもビックリ)。くどいと思う人もいそうだが A(^^; レニーが「やりすぎっ!」ってくらいコケティッシュで、仕草も話し方もかわいらしい。1960年代のレトロな衣装やインテリアがかわいいし、ユアンのプレイボーイぶりは、嫌味がなくて笑えちゃうのが魅力的。古きよき時代の二枚目俳優を見てるようでした。エンディングでは2人の歌とダンスが見られます。おまけみたいなもんだけど、この2人は本当に歌がうまい!ここだけでも観る価値あると『ムーラン・ルージュ』と『シカゴ』が好きな私は思う(^^)

恋は邪魔者 特別編  
Posted by moviegoer1 at 00:00Comments(0)TrackBack(0)MOVIE

September 15, 2004

フレディ vs ジェイソン

フレディvsジェイソン  『13日の金曜日』のジェイソンと『エルム街の悪夢』のフレディ。この2大ホラーの主人公たちが共演したらどうなるの?って話です。この映画、たしか天現寺でプレミア上映したような・・・。天現寺、それでよかったのか?
 『エルム街〜』は子供の頃1作目を見たことがあるだけ、『13日〜』も2〜3本見たことがある程度なので、細かい設定はよく知らないんですよね。この2作のホラーファンなら楽しめる設定のようではありました。ノーテンキな若い男女が、次々に惨殺されるという、お約束のパターンに、現実の世界ではジェイソンが、夢を見るとフレディが現れるという、とんでもないストーリーで、ホラーファンなら楽しいんだろうなぁ。『ジェイソンX』の方が、完全にコメディな分、笑えてよかった・・・。

フレディ VS ジェイソン  
Posted by moviegoer1 at 00:00Comments(0)TrackBack(0)MOVIE

September 14, 2004

Stiff & The Brush Off

stiffthe brush off 私、英語はサッパリできませんが、またもや英語のペーパーブック買っちゃいました。もちろん目当てはこの表紙です(^^) DWがオーストラリアのTVシリーズで主演を演じたマレー・ホイーラン・シリーズの原作です。表紙がDWだったので、ついつい欲しくなっちゃいまして。地方政治家の側近、マレーの奮闘を描いているのだけど、これが微妙にヘタレでワタワタしていたりして、DWにハマりそうなんですよね〜(^^) 早くDVD化されないかなと心待ちにしています。  
Posted by moviegoer1 at 23:41Comments(0)TrackBack(0)DW

September 13, 2004

東京国際映画祭

 やっと上映作品が発表されました。コンペティション、今年は知らない映画ばかりだなぁ。特別招待作品は思いのほか豪華でした。クロージングに『ターミナル』が上映され、監督のスピルバーグと主演のトム・ハンクスが来日するとのこと。それは行きたい!チケット取れる気はしないけどA(^^; 『カンフーハッスル』のチャウ・シンチーや韓国スターの来日も予定されているらしいのだけど、私としては『ホワイト・ライズ(『Wicker Park)』のジョシュ・ハートネットが来日するらしい・・・というのが一番気になるところです。東京国際映画祭は、毎年ドタキャンがとっても多いのだけどね。

東京国際映画祭 公式サイト
関連ニュース  
Posted by moviegoer1 at 00:00Comments(0)TrackBack(0)MOVIE

September 12, 2004

ヴィレッジ

ヴィレッジ M・ナイト・シャマラン監督って、私には非常にビミョウ。『シックス・センス』にはとても驚かされ感動したが、『アンブレイカブル』で全く意味がわからず、『サイン』はかなり笑えたがそれでよかったのか?というわけで、『ヴィレッジ』には「むしろ面白くなくていい」みたいな、ある意味ヘンな期待をしていた。
 見た直後の感想は、「やっぱりこんなもんか」程度のもの。日曜のレイトショーだというのに満席に近かったが、みんな「これだけ?」みたいな雰囲気で、隣のオジサンのアクビとため息がうるさくて仕方がなかった。みんな「スリラー」を期待していたのだと思うのだけど、愛情物語なんだよね、どちらかというと。期待していたものが違うから「え〜?!」となるわけだ。しかし、観終わって時間が経ち考えるごとに、もしかしたら面白かったのか?と思うようになったきた。それぞれの愛の形、純粋であることの残酷さ、心に傷を負ったものが求めるユートピア。それは本当に正しかったのか?エモーショナルな部分に訴えかけてくる映画だったことは確か。・・・ツッコミどころは多いけどね。
 シャマラン監督は、やっぱり出演していました。地味なようで実はかなり目立ってます。セリフも多いし(橋田寿賀子なみの説明ゼリフ)。 しかしシャマラン監督の描く「怖いもの」・・・『サイン』の宇宙人しかり『ヴィレッジ』の森に住まう者しかり、姿かたちがちっとも怖くないのは何故だろう?  
Posted by moviegoer1 at 00:00Comments(0)TrackBack(0)MOVIE