ホラー&不快指数100%映画マニアック

ホラー&恐怖&不快な映画のレヴュー、解説、感想、予告、情報を提供しています^^

質問・感想・要望など、ドシドシお寄せ下さい。また、同じ趣味の人と語り合える場にもしたいです^^遠慮なく声掛けて下さい。また、自運営他ブログに「YouTube動画ホラーチャンネル」http://movincinema.blog69.fc2.com/もありますので併せてご覧下さい。

ミスキャストで勘違いな原作穢しはもういいんでは?【寄生獣】予告

kiseijyu

















2014年 日本

監督:山崎貴
脚本:古沢良太
出演:染谷将太(泉新一) 深津絵里(田宮良子) 浅野忠信(後藤) 橋本愛(村野里美) 余貴美子(新一ママ) 北村一輝(広川) 大森南朋(倉森) 東出昌大(島田秀雄) 国村隼(平間警部) ピエール瀧(三木) 新井浩文(浦上) ミギー(??平野綾??)


言わずと知れた名漫画「寄生獣」の映画実写化である。
これまでも邦画は、様々な原作を穢しては、ボロ雑巾の様に無下に消費してきたが、今回はどうだろうか?

いつもはキャストをこれほど記載しないのだが、既にネット上ではミスキャストを指摘する声が大きい。故に皆さんにも判断して頂こうと出来る限り載せてみた。

個人的には新一、里美、新一ママ、広川、平間警部(本当は警部補)辺りはまあまあ可もなく、不可もなくと言ったところに感じるが、肝心のキャラの濃い面々が非常に残念な様に思う。先述したが、既に散々言われている事なので、最小限にするが田宮良子、後藤、浦上はこのキャストは有り得ない。似せてもいない時点でオファーを受けるなと言いたい。浦上役の新井何某は坊主にしやがれ。

原作は筆者も好きで、何度も読んだ。
今更、何故実写化したのか?オフィシャルサイトでは全世界が待ち望んでいたなどと謳っているが、原作ファンの多くは多分誰も望んでなどいなかったと思う。デビルマン然りね。

今のところ、漫画の実写化で邦画が成功しているのは「テルマエ・ロマエ」だけではなかろうか?まあこれも上戸彩がいなければの注釈が付くが・・・・。

これも散々言われているが、CG技術も心配である。予告にあるバッツン系の造型はそもそも原作がデフォルメ感満載なので誤魔化しが効くと思うが、後藤が化け物化していく状態をキチンと描けるとは思えない。
不安だけが残る作品となりそうだ。



もっと見る 続きを見る その他の情報

押しまくって頂けると励みになります!^^他のサイトも判りますよ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
ブログランキング

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

amurdadbunner1.jpg 出張フォトスタジオ アムルダードです。ブライダルアイテム&フォトアイテムも充実




シリアスに観るかシリアスに観ないか尻なだけにw【Extraterrestria】予告

extraterrestrial





















2014年 アメリカ

監督:コリン・ミニハン
脚本:コリン・ミニハン スチュワート・オーティズ(The Vicious Brothers)
製作:スワン・アンゲルスキー マーティン・フィッシャー
出演:ブリタニー・アレン フレディ・ストロマ メラニー・パパリア ジェシ・モス シーン・ロジャーソン


う~ん、笑うべきなのか、真剣に観るべきなのか、非常に悩む作品である。何故悩むかは予告編の最後にクローズアップされた場面を観て頂ければ解ると思う。

本作は「グレイヴ・エンカウンターズ」のヴィシャス・ブラザーズが手掛けた、いわゆるアブダクション映画である。これまでとは一風変ったアプローチだが、結局は「未知との遭遇」、「フォース・カインド」、「スカイライン」、「ホステル」そして自身の「グレイヴ・エンカウンターズ」の美味しいとこ取りで合体した様な作品の様に感じる。

血糊は一杯で残酷さは充分な様だが、お笑いなのか、そうでないのかは観てのお楽しみだ。



もっと見る 続きを見る その他の情報

押しまくって頂けると励みになります!^^他のサイトも判りますよ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
ブログランキング

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

amurdadbunner1.jpg 出張フォトスタジオ アムルダードです。ブライダルアイテム&フォトアイテムも充実


グレイヴ・エンカウンターズ2【DVD】
リチャード・ハーモン
アルバトロス
2013-04-03


インチキかインチキじゃないのか?【The Rite ザ・ライト】レヴュー

therite
















2011年 アメリカ

監督:ミカエル・ハフストローム
製作:ボー・フリン トリップ・ビンソン
製作総指揮:リチャード・ブレナー メリデス・フィン
原作:マット・バグリオ
出演:アンソニー・ホプキンス コリン・オドナヒュー アリシー・ブラガ トビー・ジョーンズ キアラン・ハインズ

これまたみんな大好き悪魔祓いものである。
不思議なもので、サー・アンソニー・ホプキンス卿がご出演と言うだけで、多くの人が”本格派”の映画だと思い込んでしまうw不思議なものだ。

本作も昨今ありがちな実話ベースによるものだそうだが、知らないと思って何でもかんでも実話がベースですと言ってれば良いってものでもない。これだけホラー系の映画で実話ベースが多く、それが全て真実となると、既に超常現象は科学的に認められても良い筈である。また、メジャー系のマスメディアでも多く取り上げられて然るべき事件の数々であるが、そんな話は全く聞かない。

昔のホラー系映画は、何かと言うと誰か関係者が死んだだの、原因不明の現象が起きただのと煽ったもんだが、昨今の実話が元であると言う謳い文句も、この手のきな臭さを感じるのは筆者だけだろうか?

さて、本作であるが、ストーリーは信仰心の薄いなんちゃって神父の若造が、インチキくさい老神父の下で悪魔祓いの経験を積み、そのインチキくささに辟易しながら、最後はインチキ神父自身が取り憑かれ、それを祓うことで信仰心に目覚めて、めでたし、めでたしと言うもの。
何の捻りもないストーリーである。

この二人の神父の背景が全く描かれていない為に、漫画の様に薄っぺらい成長物語にしかなっていない。そんなのは少年ジャンプで連載していれば充分なプロットだ。どちらも採るのではなく、どちらか一人にスポットを当てて描くべきではなかったのだろうか。約90分と言う尺で欲張るとこういう羽目になる。しかし、これは本作に限ったことではなく、最近の映画はこんなのばかりなのである。

「事が起こる前の説明的お話」、「何か事が起こる」、「解決する」、「終了」、こればっかりである。正直辟易すると言うのが正直な感想だ。
これを、本格的悪魔祓い映画だなどとのたまっている御仁が多い様だが、ストーリー展開の稚拙さもさることながら、悪魔祓いの専門的箇所での間違いも多い。

まず、本物のエクソシストは求める者に、ダミーの蛙で誤魔化したりはしない。また、神職に就いているだけなら別だが、当の悪魔祓い師が悪魔に取り憑かれる事は絶対にない。また、信仰心の薄い神父が事前に懺悔も告解もせずに悪魔祓いに臨める筈もないし、それで上手くいく筈もない。また、ルーカス神父に憑いた悪魔はバールと言い、悪魔の中でも強力な悪魔であり、経験のあるエクソシストでも数ヶ月、数年もの間、数多くの儀式をしても、憑依を取り除けるかどうかと言うレベルであり、造型が変るほどの深い侵食をしている状況下で、たった数時間で未熟で信仰心の薄い神父がどうこう出来る話ではない。

この様に肝心の悪魔祓いの知識、認識すらないと言うのが本作なのである。

故にこの映画は実話ベースなどとは程遠い話と言える。要は現実に則した部分は、そういう二人の悪魔祓いをする神父が実在していますよ、二人は師弟の関係性ですよってところだけなのではないだろうか。

まあ、漫画を見るつもりで観るなら鑑賞に耐えるが、A級映画、本格的ホラー映画として観るならタダじゃないと詐欺に遭った様な気分になる。




もっと見る 続きを見る その他の情報

押しまくって頂けると励みになります!^^他のサイトも判りますよ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
ブログランキング

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

amurdadbunner1.jpg 出張フォトスタジオ アムルダードです。ブライダルアイテム&フォトアイテムも充実



実話ってどこまでが実話?【Deliver Us from Evil NY心霊捜査官】予告

deliverusfromevil
















2014年 アメリカ

監督:スコット・デリクソン
脚本:スコット・デリクソン ポール・ハリス・ボードマン
製作:ジェリー・ブラッカイマー
原作:ラルフ・サーキ
出演:エリック・バナ エドガー・ラミレス オリヴィア・ムーン クリス・コイ シーン・ハリス


元NY市警巡査部長であるラルフ・サーキの原作映画化。
彼が体験した実話と言う触込みだが、予告映像を観る限り、あんなのが実話だったら大変な騒ぎになるんじゃないのかなー?って言うのが正直なところ。

まあ、とにかく大した信仰心も持ち併せていない捜査官と、神父がタッグを組んで、X-File的事件に挑むと言うお話。

「エミリー・ローズ」の一節にもあったように、「邪悪に触れれば自分も無関係ではいられなくなる」の言葉通り、「超人ハルク」ことエリック・バナ扮する捜査官の家族も巻き込まれていく模様。神父は最近の”エクソシスト”もの同様ヘナチョコな様子なので、家族が巻き込まれた捜査官が信仰心に目覚めて悪を叩くって話なのかね。

早速、原作を読んでみなければw

製作はどこにでも顔を出すジェリー・ブラッカイマー。奇遇にも監督は先にも出た「エミリー・ローズ」のスコット・デリクソン。彼もまた邪悪な闇に触れて抜け出せない一人の様だw



もっと見る 続きを見る その他の情報

押しまくって頂けると励みになります!^^他のサイトも判りますよ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
ブログランキング

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

amurdadbunner1.jpg 出張フォトスタジオ アムルダードです。ブライダルアイテム&フォトアイテムも充実



ジェラシック・パークがPOVになると・・【ザ・エクスペディション Extiction 】予告

extiction]
















2015年 イギリス

監督:アダム・スピンクス
脚本:ベン・ロイド・ホルメス アダム・スピンクス
製作:ベン・ロイド・ホルメス
出演:サラ・マック ベン・ロイド・ホルメス ネイル・ニューボン ダニエル・カレン エマ・リリー・リース


絶滅に瀕した動物を保護するためジャングルに分け入ったホーソン教授率いる探検隊。ついでにドキュメンタリー撮影か、はたまた研究用のビデオ撮影か良く判りゃしないが、モキュメンタリー設定の為のビデオ撮影が行われる中、とんでもない生物が彼等の目前に現れる・・・・・。

短編でキャリアを積み、長編は「サバイバー」に続き二本目の新鋭監督アダム・スピンクスと、役者、プロデューサー&脚本家と八面六臂の活躍をしている「007スカイフォール」、「ブレイキング・ダウン」のベン・ロイド・ホルメスがタッグでお送りするPOV風味付けの恐竜パニック。夏休みにはピッタリ!でも、現在上映の予定なしw

こんなアプローチもありっちゃありかもね。そんな恐竜映画の予告編。



もっと見る 続きを見る その他の情報

押しまくって頂けると励みになります!^^他のサイトも判りますよ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
ブログランキング

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

amurdadbunner1.jpg 出張フォトスタジオ アムルダードです。ブライダルアイテム&フォトアイテムも充実



記事検索
Amazonライブリンク
楽天市場
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ