ホラー&不快指数100%映画マニアック

ホラー&恐怖&不快な映画のレヴュー、解説、感想、予告、情報を提供しています^^

質問・感想・要望など、ドシドシお寄せ下さい。また、同じ趣味の人と語り合える場にもしたいです^^遠慮なく声掛けて下さい。また、自運営他ブログに「YouTube動画ホラーチャンネル」http://movincinema.blog69.fc2.com/もありますので併せてご覧下さい。

新しいヴァンパイア像のはしり【30デイズ 30Days of night】レヴュー

MV5BMjE2MDE5ODIxMF5BMl5BanBnXkFtZTcwMjMyMTU1MQ@@__V1_SX214_


















2007年アメリカ

監督:デヴィッド・スレイド
脚本:スティーブ・ナイルズ スチュアート・ビーティー ブライアン・ネルソン 
製作総指揮:ジョー・ドレイク オーブリ-・ヘンダーソン ネイサン・カへイン マイク・リチャードソン
製作:サム・ライミ ロブ・タバート
出演:ジョシュ・ハートネット メリッサ・ジョージ ダニー・ヒューストン ベン・フォスター マーク・ブーンJr,


サム・ライミ製作、脚本も手掛けたスティーブ・ナイルズの同名コミ
ックの映画化。

新しいヴァンパイアの造形が秀逸な作品。
原作は漫画と言えど、しっかりした作りで、作者自身が脚本に関わ
っていることからコミックファンにとっても納得のいく出来になったと
言えるだろう。

ヴァンパイアと対する時の絶望感が紛れもない異形の者と対峙す
る感覚を如実に表している。ヴァンパイアものでのここまでの絶望
感はこれまでの同種作品では無かったと思う。

また、ライミが製作に加わっている為か否かは判らないが、本作は
CG多様の作品ではなく、特殊メイクによる造形と残酷描写がふん
だんである。2000年からこちらの作品では無機質で現実味の無い
CG多様化の作品が多く、割と辟易していたので、こう言う作品は
大歓迎である。

欲を言うなら、18日目の絶望的な状況から、いきなり後3日程で日
の出を迎える時期までの描写が無い事である。18日目のクレジッ
トが出た際に、ここまででも後1時間、2時間逃走するのは厳しい
なと感じさせる内容で、残り12日間もどうやって過ごすのだろうと
考えていた矢先の展開だったので少々驚いた。しかも、当初ここ
なら安全だと言われる邸宅へ危険を冒して移動した元の場所で
ある保安官事務所に普通に立て籠もれたと言う部分が説得力に
著しく欠けるところではあったと思う。

この12日間の立て籠もりに、突拍子も無いアイディアを提示出来
ればより面白い作品になったのではないだろうか。

しかし、最後主人公であるジョシュ・ハートネットがヴァンパイアと
戦う為に、自らもヴァンパイアになり、正気を保ったまま仲間を傷
付けずに敵を討つと言う設定がデビルマン的けれん味があって非
常に良かった。

ヴァンパイア同士の戦いも、「ブレイド」の様にやたらと超人的では
ないところに好感が持てた。
コミック原作と馬鹿にすることなかれ。死んでいく人にもそれぞれ
個人的なドラマを持たせ、無為に死んでいく記号の様な人物が極め
て少なく、それなりに見応えのある作品になっていると思う。

本作監督が、筆者が最も否定的なヴァンパイアものである「トワイ
ライト」の3作目を監督しているのはご愛嬌と言ったところか。



もっと見る 続きを見る その他の情報

押しまくって頂けると励みになります!^^他のサイトも判りますよ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
ブログランキング

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

amurdadbunner1.jpg 出張フォトスタジオ アムルダードです。ブライダルアイテム&フォトアイテムも充実



天使の反乱、天上戦争ものはここから始まった【ゴッドアーミー悪の天使 The Prophecy】レヴュー

MV5BMTI1NDczMzk4OF5BMl5BanBnXkFtZTYwMzE1MTM5__V1_SX214_






















1995年アメリカ

監督:グレゴリー・ワイデン
脚本:グレゴリー・ワイデン
製作総指揮:W・K・ボーダー ドン・フィリップス
製作:ジョエル・ソワソン
出演:クリストファー・ウォーケン イライアス・コティーズ バージニア・マドセン ヴィゴ・モーテンセン エリック・ストルツ

正直な話、キリスト教圏以外では理解され難い話だと思う。
いや、天使の反乱など、むしろキリスト教の人達も受け入れ難いかも
知れない。しかし、本作は上映反対運動等も起こらなかったので、
単純にエンターテイメント作品として判断されたのだろう。

B級映画に分類される本作だが、意外と金も掛かっており、話の筋も
それなりにしっかりはしている。更に出演者もクリストファー・ウォーケ
ンをはじめ、ヴァージニア・マドセン、ヴィゴ・モーテンセン等一流どこ
ろが演じており、B級映画に分類されるべき映画とは言えない。

では、何が本作をB級たらしめているのか?
それは、天上戦争の代理戦争的、地上での天使達の戦いがショボ過
ぎると言う事に尽きるだろう。

予め言っておくが、筆者自身はとても本作が好きである。
好きではあるが、やはり天使や悪魔の戦いや能力に疑問を感じる。

とは言え、本作はこの手の物語の映像作品におけるエポックメイキン
グ的作品で、本作が無ければスーパーナチュラルも無かったと言って
過言ではないwまた、本作後様々な亜流も生んだ。

秀逸で興味をそそる部分は、天使の設定をキチンと文献にある通り
両性具有とし、更に新しい天使の設定として骨の組成や血液成分が
胎児のそれと同じであり、眼球と視神経がないとしたところである。

また、天使の座り方が重力を無視した独特の座り方をしており、その
様はまるで鳥のそれである。元々天使であったルシファーにもちゃん
と同じ座り方をさせたところにはニヤリとさせられる。

更に更に、存在する筈の無い聖書を天使が持っていた事にも興味は
そそられる。ここら辺をもっと掘り下げてくれれば、より深みのある話
になったかも知れない。

設定が良いからこそ、もっとこうしていたらとか、ここをこうしたらと言
う思いを多くさせられるところが、逆に映画ファンの心をくすぐるかも
知れない。そう言うところが本作を一部の熱狂的ファンを生むカルト
たらしめている要因なのだろう。

とは言え、現在の様なCG全盛の時代ならともかく、当時ではあれが
最良の方策だったとも言えるのかも知れない。そう言う事も思い出し
ながら鑑賞して頂きたい。



もっと見る 続きを見る その他の情報

押しまくって頂けると励みになります!^^他のサイトも判りますよ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
ブログランキング

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

amurdadbunner1.jpg 出張フォトスタジオ アムルダードです。ブライダルアイテム&フォトアイテムも充実


ゴッドアーミー/復讐の天使 [DVD]
クリストファー・ウォーケン
IVC,Ltd.(VC)(D)
2014-01-24

悪くはないけどテンポの悪い【死霊のはらわた2013 Evil Dead2013】レヴュー

MV5BNTQ3OTkwNTgyN15BMl5BanBnXkFtZTcwNTAzOTAzOQ@@__V1_SX214_
















2013年アメリカ

監督:フェデ・アルバレス
脚本:サム・ライミ ロド・サヤゲス ディアブロ・コーディー
製作総指揮:ジョセフ・ドレイク マヤ・フクザワ ネイサン・カへイン ピーター・シュレッセフ
製作:サム・ライミ ブルース・キャンベル ロバート・G・タバート
出演:ジェーン・レヴィ シャイロ・フェルナンデス ジェシカ・ルーカス ルー・テイラー・ブッチ エリザベス・ブラックモア

スプラッターと言うジャンルをこの世にもたらしたエポックメイキング的映画「死霊のはら
わた」のリメイク版である。
多くのリメイク版で、本家の監督や製作者が関わっていない中、本作は「死霊のはらわ
た」をこの世へ送り出した本人であるサム・ライミと「死霊のはらわた」のキャストと言え
ばこの人!であるブルース・キャンベルが製作に名を連ねている。サム・ライミに至って
は脚本者としても共同執筆を行ったようだ。

この作品から以降、安心したい人達から笑ってしまうホラー等と言う下らない惹句が流
行りだしたのだが、本作には笑いの要素は皆無である。いや、本来であれば元作も別
段笑う要素等無かった。ホラーに救いの要素を求める人達に拠って作られた妄想と言
っていい。確かにディズ二ーを模したメルヘンチックな場面はあったものの、だからと言
って笑ってしまえる様な作品ではなかった筈である。

「死霊のはらわた」パート2、パート3(キャプテンスーパーマーケット)は、ライミが「笑って
しまえるホラー」と言う大衆に迎合した作りになったが、パート1で成功したが故に次作か
らはメジャー資本が入った事が、その大きな要因だろう。

ライミ自身は、恐らく悪趣味な程のダーク感覚を持った人物である事は、むしろメジャー
作品で
ある「スパイダーマン」から漏れ伝わってきた。どうしようもない程の邪悪を隠し切れない
人なのだろう。

本作はリメイクと言うより、設定を作り直したリブート作品と言える。
ライミが1作目を製作した時は、完全なるマイナー系作品だった。資金もほぼ無いに等
しい。そして、権力も財力も無い中、2作目、3作目とメジャー資本によって発表してきた。
紆余曲折ある中、様々な作品に挑戦し、評価を受け、ここへきてようやく真に撮りたい
ものを、撮りたい様に撮れる時期にきての本作なのだと理解したい。

つまり、ライミが実現したかった真の「死霊のはらわた」が本作なのだと言う事なのだろ
う。

監督のフェデ・アルバレスは、メジャー長編作品は本作がほぼデビューと言っていいが、
ライミの選択眼は、アルバレスがCGを嫌い、ほぼ全てが80年代の様に特殊メイクにて
表現したと言うところを見ても正しかったと言えるだろう。
お陰で期待に違わぬ素晴らしい残酷描写が展開される。CG一辺倒の時代にあって、
やはり特殊メイクの生生しさは素晴らしいと再確認させられた。

殆ど文句の付けようがないのだが、惜しむらくは元祖に比べてテンポが悪いところだろ
うか。
また、悪霊に取り憑かれた人物の特殊メイクが近年良く見るバイオ系ゾンビの造形に
極めて似ている事も多少残念ではある。
とは言え、概ね素晴らしい出来であると言いたい。

最後に元祖の主人公であるアッシュが思わせぶりに登場するが、続編があり且つアッ
シュが登場するのでなければ、今回の登場は蛇足だったとしか言いようがない。
出ないなら出ない、出るなら出るで明確な立ち位置にして欲しいものである。

このブログを見て下さる皆様は当然ホラー好きと推測しますので、ホラー好き必見の
一本であると言わせて頂きたい。是非、楽しんで頂きたいと思う。




>
もっと見る 続きを見る その他の情報

押しまくって頂けると励みになります!^^他のサイトも判りますよ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
ブログランキング

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

amurdadbunner1.jpg 出張フォトスタジオ アムルダードです。ブライダルアイテム&フォトアイテムも充実


死霊のはらわた オリジナル&リメイク "死霊" パック(初回生産限定) [Blu-ray]
ブルース・キャンベル
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2013-10-09

大仰なタイトルの割に普通なサイコキラーもの【悪の教典】レヴュー

b4f207bc-s











2012年日本

監督:三池崇史
脚本:三池崇史
原作:貴志祐介
製作総指揮:山内章弘
製作:市川南 臼井央 東幸司 坂美佐子 森徹
出演:伊藤英明 二階堂ふみ 染谷将太 浅香航大 山田孝之

これがホラーと言えるかどうか自体怪しいが、まあとにかく血飛沫が多いと言う事でジャン
ルに加えた。タイトルが「悪の教典」、監督脚本が三池崇史と言う事で、ある程度の期待は
して鑑賞に臨んだが、正直期待外れもいいところの映画だった。
やはり邦画はこんな程度だろう。

しかし何故、このタイミングでサイコキラーものを映画化したのか疑問である。
サイコキラーものとしては左程目新しさもなく、犯人である”ハスミン”の人物像もそれ程掘
り下げられておらず、殺人の方法も猟銃でガンガン撃つだけで、これを大々的に今映画化
した理由がさっぱり判らない。

所謂”ハスミン”は「秩序型」のシリアルキラーで、あれ程無秩序な大量殺人を犯す事自体
にサイコキラーを描くに当たっての矛盾も感じる。シリアルキラーは、善悪の判断基準がマ
イノリティなので、時に大胆である事はあろうが、基本的には自滅的思想を持たぬ間は逮
捕されない事を基準に密やかに犯罪を犯すもの。にも関わらず、”ハスミン”は結構簡単に
シリアルキラーの道を踏み外す。用意周到ですらなく、結構行き当たりばったりの完全な
「無秩序型」シリアルキラーにしか見えなくなっている。

この矛盾が益々物語をつまらなくさせている。

端的に言えば、シリアルキラーが混ざった「BR(バトルロワイアル)」って感じだ。
要は、演技も大仰で、中身がぺっらぺっらの薄っぺら。何一つ見るべきところがない。
血はガンガン飛びまくるが、殺し方はいたって単純、残酷さも無ければ、趣向を凝らした
殺人方法もない。かと言って、人物像や、人物の背景が描かれているかと言えばそうで
もない。ドラマもない。
原作はそれなりに人物背景が描かれていた様だが、2時間の枠に収めるにあたって、
余りにもあれもこれもと欲張りすぎたのではないだろうか。

正直、全くお薦めしないが、興味のある方はどうぞ。



もっと見る 続きを見る その他の情報

押しまくって頂けると励みになります!^^他のサイトも判りますよ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
ブログランキング

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

amurdadbunner1.jpg 出張フォトスタジオ アムルダードです。ブライダルアイテム&フォトアイテムも充実


悪の教典
貴志 祐介
文藝春秋
2011-11



もうバイオって言うジャンルでしかない【Bio Hazard 5 Retribution】予告

residentevil5
まあ、最早これはホラーとは言えないw
言ってみれば、バイオハザードと言うジャンル。
回を追うごとにグレードダウン。予算がどんどん減ってるのかな。
CGもえっ!と驚くレベル。ジョヴォヴィッチの出演料で予算が無くなって
いるんだろうかw

今回で最後と銘打っているが、続編シリーズもんは最後が当てにならな
いのは過去のシリーズもんでも明らか。
まあ、続けてもどうしようもない映画だけど、望む人もいるから続いてる
んだろうし・・・。

今回も監督はポール・W・S・アンダーソン。
主演は勿論ミラ・ジョヴォヴィッチ。
ジョヴォヴィッチはこれがライフワークになっちまったなw



もっと見る 続きを見る その他の情報

押しまくって頂けると励みになります!^^他のサイトも判りますよ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
ブログランキング

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

amurdadbunner1.jpg 出張フォトスタジオ アムルダードです。ブライダルアイテム&フォトアイテムも充実


バイオハザード Blu-ray スペシャル・クアドリロジー BOX(4枚組)バイオハザード Blu-ray スペシャル・クアドリロジー BOX(4枚組)
出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ
販売元:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
(2010-12-22)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


記事検索
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
楽天市場
プロフィール

ホラーモンスター

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ