2005年 133分 監督 山崎貴
出演者 吉岡秀隆、堤真一、小雪、薬師丸ひろ子、堀北真希、もたいまさこ、三浦友和

東京タワーが着工された昭和33年、東京の下町の夕日町三丁目。
短気だが家族思いの父が営む自動車修理工場・鈴木オートに集団就職で青森から六子がやってくる。
一方、三流少年誌に小説を執筆している駄菓子屋・茶川商店の茶川竜之介はひょんな事から身寄りのない少年・淳之介を引き取ることになるが・・・。

1973年からビッグコミックに連載されている西岸良平の人気コミックを元にした作品です。
コミックは確かアッサリほのぼの系のものだったけれど、この映画化ではかなり感動作に仕上げています。
期待いやそれ以上の出来上がりでした。
鈴木家と茶川家の話が同時進行していて、笑いと涙が程よく描かれていて、単にノスタルジックの思いだけでなく、人と人とのふれあい、優しさ、最近のせちがない世の中で忘れられている大切な何かを思い出させてくれます。

オープニングでのほぼワンカットでのシーンから引き込まれ、カメラワークもいろいろ凝っていて、映像の色合いも30年代の雰囲気を良く出していて素敵だったし、背景などはほとんどCGを使っていてそれがまた細かいところまでまで念入りに描いていて素晴らしかったです。
SF作品だけでなくこういうドラマにもCGを上手く取り入れるのも良いものです。

30年代を過ごした方、30年代のものが好きな方にはたまらない作品です。
出てくる物すべてが懐かしかったです。
「おーい、中村君」「長嶋VS金田」のラジオ放送、昔の東宝スコープのロゴで始まり、TV、冷蔵庫、洗濯機が三種の神器、オート3輪のミゼット、アドバルーン、TVの力道山に熱狂、駄菓子屋、蒸気機関車C62、万年筆、フラフープ、看板などなども当時のそのまま・・・。
ゴムの動力で動く組み立ての飛行機もよく作っていたものです。

配役も吉岡秀隆、堤真一、薬師丸ひろ子、堀北真希が適役でそれ以上に子供たちの自然さがとても良かったです。
素敵なシーン、素敵なセリフもたくさんあって、特に茶川がヒロミに結婚を申し出るシーンは最高でした。
ラストもかなりウルウルになりました。

映画のキャッチコピーの「携帯もパソコンもテレビもなかったのにどうしてあんなに楽しかったんだろう」・・・そう良い時代だったです。

エンドロールに岡山県産業労働課と倉敷観光コンベンションビューローと書いてあって調べたら・・・倉敷市内の昔の面影が残されている商店街とか空地とか、真庭市に保存されている尋常小学校跡などでロケをしたそうです。
前作の「リターナー」を見て山崎貴監督の次回作を楽しみにしていたけれど、これからもとても楽しみです。

第29回日本アカデミー賞で、作品賞をはじめ14部門授賞しました。
第79回キネマ旬報ベストテンの邦画部門で第2位に、そして読者選出で第1位ランクされました。


「ALWAYS 三丁目の夕日」懐かしのパッチン
  









写真をクリック!すると裏面が見れます。