2007年03月05日

今パフュームって映画があってるね

香水の話

街でふっと香った匂いに反応する事がよくあるけれど

人間の脳は香りをも記憶するんだって

だから通りすがった人がつけてる香水にふっと記憶を呼び起こされたり

人間ってすごいね

元を辿れば一つの細胞だったのに

感覚で覚えてるって事かな

最近よく思うのだけど

なくして気付くのではなくて

なくなって困るんではないのかな

なにもかもそう

携帯電話だって

飼ってるペットだって

友達だって

家族だって

恋人だって


あるのが当然だったから

持ちはじめる事は簡単で当たり前になるけれど

なくした時ぽっかりあいた穴を埋めるのが大変

だから人間は淋しさを感じたり

焦燥感にかられたり

忙しいね

なら始めからもたなければいいんだけど

そんな淋しい人間にはなりたくないわ

人間単体では生きられないからね

ああ忙しい忙しい

やりたい事をやろうとするとやりたくない事もやらなくちゃいけなくて
やりたくない事をやらないでいるとやりたい事が出来なくなる


うまく作られたもんだわ

この国に踊らされているのなら

誰よりもうまく踊ってやろうじゃないの

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星