2011年05月20日

らん


 『 らん 』 秦建日子

秦建日子・著『 らん 』を読んだ。
昨年、℃-ute・矢島舞美さんを主演とした舞台の小説版。

年貢と飢饉に苦しんでいる村へ
救世主として連れてこられた被差別部落の人間が
初恋の人のために一揆を起こしたり裏切られたりという話。

来週、この舞台のリニューアル版が再び上演されるのですが
ぶっちゃけ自分も観たくて仕方なくなってしまいました。
これはもう上京してしまうしかない!と思いました。


らん(矢島舞美さん)のポスター発売して欲しいなぁ

というか
舞台版と細かな部分は違うようですが
昨年、ボウケンシルバーの人が演じたという
イタチという役が何故人気だったのかこれを読み理解できました。
小説版しか読んでいない自分もうっかりイタチヲタになりそうでしたし
その一途な片想いっぷりには共感しか覚えません。

正直、矢島舞美さんが書いている
当小説の帯だけが欲しくて購入したのですが
ガッチリ面白い本だったのは嬉しい誤算です。

舞台も観に行きたいですが
いつも本筋以外の出費がとんでもないことになるので
今回は後に発売されるであろうDVDの購入で我慢しようと思います。

つか前作の評判が良すぎるので今回は大丈夫なのかな?と少し心配。

moya_sic at 00:50│アイドル