森町赤井川 大沼の森の中にあるジンギスカン店「一芳園(いっぽうえん)」「カフェレスト 家電住まいる館YAMADA函館本店」のチーズフォカッチャ

2018年08月01日

今月の新作は世の中にたった数個しか存在しない博士帽!

18072801

作りましたよ作りましたよ、
新作のキャップを。

先月はラッシャー帽でしたが
今月の新作は「博士帽」です!

今回は1桁しか作っていません。
今までのものは少なくとも
10個から作ったので
多少の余裕もありましたが
今回は本当に身内にしか配らないのと
ぶっちゃけ高額なため人数分のみの限定配布。

この博士帽1個で
ラッシャー帽を2個半買えます。
極少数しか作っていないのもありますが
それくらい高額です。

18072802

“川”と“橋”のモチーフに“博士”の文字。

自画自賛するわけじゃないけど
スゲー格好良いでしょ?
これが売り物じゃないなんて
信じられないよなぁ。

売ってても全然おかしくないからね。
自画自賛するわけじゃないけど。

デザインはお馴染み
“狂乱の貴公子”こと埼玉の奇跡・中川画伯で、
プロデュースは私“人間発電所”ブルーノ・サンマルチノです。

自分と中川画伯のユニット
『ジュードー・チョップ』が満を持して送る
℃-uteパーカー馬場帽ラッシングキャップに続く
第4弾作品となります。

18072803

何度でも書くし
自画自賛するわけじゃないけど
ネクストステージですよ。

諦めたらThe end
攻めの一手で向かう次の次元(ZEEBRAism)。

この帽子なら
きっと色褪せないから
この先、何十年でも被れますよ。

18072804

っていうか
今回のレトロ帽子は
ご覧のように農協の帽子を
ヒントに作ったわけですが
農協帽は田舎の爺さんが被りがちで
さらには大体ヨレヨレなんですよね。

つまり、
被れば被るほど味が出てくるんです。
汚れれば汚れるほど格好良くなるんです。

ウェザリングがさらなる魅力になるなんて
こんなに素晴らしい帽子があったでしょうか!

18072805

サイドにも文字を
入れようかと思ったのだけど
入れるとクドくなりますかね?
そこは今でも迷っている点で。

帽子への文字入れは以前やって
800円&1週間とお手軽なので
今すぐにでも出来るんだけど
クドくなりそうなのが
怖いのですよねぇ。

買ってすぐに紛失した
紫歯茎協同組合キャップの例もあるし
文字入りもどちゃくそ格好良いとは思うのだけど
ちょっと一歩を踏み出せないのよなぁ。

こんなに悩むなら文字入りも試しに
1〜2個作ったらよかった。

18072850

それはともかく
中川画伯がデザインしてくれた
“モヤシ帽”という幻のデザインもありまして。

デザインしてくれたのは
本当に嬉しかったのだけど
これを自分で作って自分で配るのは
キツイんじゃないか?ということで
現在のところ作るに至っておりません。

最低ロット数もありますし
1個が高額ということもあって
なかなか一歩を踏み出せないというか。

博士帽よりも
農協感は強いですし
スゲー格好良いんだけど
モヤシがモヤシ帽を被ってるのもなぁ。
ユーチューバーっぽくないですか?
よく知らないけど。

っていうか
1〜2個から作れるなら作るんだけど
作れるところなんてあるのかな?
探してみようかしら。

いつか必ず作るつもりではいますが
それがいつになるかもわからないので
とりあえずデザイン案だけでも
公開してみた次第です。

moya_sic at 12:08│ソウルメイツ 
森町赤井川 大沼の森の中にあるジンギスカン店「一芳園(いっぽうえん)」「カフェレスト 家電住まいる館YAMADA函館本店」のチーズフォカッチャ